軽量鉄骨造とは?地震のリスクや物件の防音性、耐震性などを解説

公開日:
最終更新日:

部屋探しをしていると出てくる建物構造のひとつ「軽量鉄骨造」

軽量鉄骨
部屋探しをしていると目にする「軽量鉄骨造」

賃貸物件を探していると、「軽量鉄骨造」という建物構造を見かけることがある。鉄骨造なので、木造よりも丈夫で耐震性が高そうというのはなんとなくイメージできるが、「軽量」となっているだけに重量鉄骨造と比べると耐震性や防音性が弱いのでは? と心配になる方もいるだろう。

今回は、軽量鉄骨造の基本的な知識について、重量鉄骨造との違いやメリット・デメリット、さらに軽量鉄骨造の物件を選ぶときのポイントなどを詳しく説明していく。また、軽量鉄骨造の物件の「防音対策」についても紹介するので、参考にしてほしい

https://www.chintai.net/news/2016/02/04/5744/?internal2107
https://www.chintai.net/news/2021/02/05/109383/?internal2107

軽量鉄骨造ってどんなもの?

軽量鉄骨造とは、建物の柱や梁などの骨組みに軽量の鉄骨を使う構造のことだ。

鉄骨を使う構造は鉄骨造といって、鋼材の厚みにより重量と軽量に分かれている。鋼材の厚さが6mm未満であれば軽量鉄骨造で、6mm以上になると重量鉄骨造となる。

軽量鉄骨造は主にアパートや戸建てで使用される。

また一般的に軽量鉄骨造は、工場で生産した部品を現場で組み立てるという「プレハブ工法」を採用しているのも特徴である。

軽量鉄骨造と重量鉄骨造の違い

ラーメンのイメージ
ラーメンとはドイツ語で「額縁」という意味です…

前述の通り、軽量鉄骨造と重量鉄骨造では鋼材の厚みが異なるが、それぞれの工法にも違いがある。

軽量鉄骨造に用いられるプレハブ工法では規格化されたものを組み立てるだけなので、職人のスキルに関係なく品質を安定させることができる。

さらにプレハブ工法の場合、大量生産や工期の短縮も可能なので、重量鉄骨造より建築コストが押さえられる。その分、家賃も安くなる傾向にあるのだ。

一方、重量鉄骨造では「ラーメン工法」が採用される。

このラーメン工法では柱間の長さを大きく取れるため、大空間を作ることが可能だ。また筋交いという建物の耐震性を高める斜め方向の部材が不要なので、大きめの窓を設置することができたり、リフォームの際の制限が少なくなったりというメリットがある。

軽量鉄骨造のプレハブ工法は、実際に一般住宅に多く採用されている。それに対して、重量鉄骨造ラーメン工法は大型の商業施設などの建設に採用されることが多い。

軽量鉄骨造のメリット

軽量鉄骨2
軽量鉄骨造のメリット、デメリットを事前に確認しよう

賃貸物件の構造に関しては、専門的な知識がないと軽量鉄骨造が良いのかどうか、判断するのは難しいかもしれない。

専門用語が多く使われていては分かりにくいので、ここでは簡単に軽量鉄骨造のメリットを紹介していく。

軽量鉄骨造のメリット①重量鉄骨造やRC造には劣るものの耐震性が高い

地震大国といわれる日本において、耐震性は部屋選びでとても重要なポイントだ。一時期よりは収まったといっても、いつどこで、どれぐらいの規模の地震が起こるかわからないので、しっかりと備えておく必要があるだろう。

軽量鉄骨造は、重量鉄骨造やRC構造には劣るものの、木造より高い耐震性がある。鉄骨なので重量があり、地震の際は揺れを強く感じるかもしれない。

しかし、鉄骨は折れにくいので、弱い地震ではびくともしないし、倒壊のリスクも少ない。そのため、安心して住めるというメリットがある。

軽量鉄骨造のメリット②木造よりも虫が出にくい

どんなにおしゃれな物件でも、虫が出てくるような部屋には住みたくないという方も多いのではないだろうか。虫は自然に湧いてくるものだが、構造によって湧き具合は変わっていく。

木造の場合、木に卵を産み付けやすく、鉄骨構造よりも快適な環境が整っているので、どうしても虫が発生しやすくなる。

しかし、軽量鉄骨造であれば重量鉄骨造よりは虫が出やすくなるものの、木造と比較すると虫の発生率は低くなっている。部屋の中を清潔に保っていれば、虫を見ることはほとんどないだろう。

ただし、軽量鉄骨造でも虫が湧く場合はある。築年数が古いと壁の隙間に虫が住み着いていたり、ダクトから侵入したりすることもあるため、メンテナンスがきちんと行われているか確認しておこう。

軽量鉄骨造のメリット③建築費が比較的安いため家賃に反映される場合も

軽量鉄骨造と重量鉄骨造の違いでも触れたが、軽量鉄骨造は建築コストが安いので、安その分家賃も低くなるというのもメリットだ。

家賃設定は築年数や周辺環境などで相場に合わせて決まるが、軽量鉄骨造の場合は相場よりも安いことがある。とくに構造にこだわりがなければ、軽量鉄骨造物件で探すことで予算以下の物件が見つかるかもしれない。

軽量鉄骨造のデメリット

メリットを見れば、軽量鉄骨造の賃貸物件が良いと思ってしまいがちだが、デメリットもあるので安易に判断しないようにしよう。

ここからは軽量鉄骨造にはどういったデメリットがあるのか詳しく説明していくので、ぜひ賃貸物件選びの参考にしてほしい。

軽量鉄骨造のデメリット①耐火性が他の建築構造より劣る

軽量鉄骨造の一番のデメリットは、耐火性が他の建築構造より劣ることだ。軽量鉄骨造で使われている鋼材は熱の影響を受けやすいため、火事があった場合は倒壊するリスクも高くなっている。

また、火の回りが早いといわれる木造よりも倒壊しやすいため、火の扱いには十分注意しなくてはいけない。

ただし、近年は熱の影響を受けにくい耐火被覆材を使用している物件もあり、耐火性も高くなっている。軽量鉄骨造の物件が気に入った場合は、不動産会社に事前に確認しておくといいだろう。

軽量鉄骨造のデメリット②遮音性が低く騒音・音漏れ対策が必要

鉄骨造は遮音性が高いイメージがあるかもしれないが、軽量鉄骨造は木造よりも少し高い程度なので、騒音や音漏れ対策が必要になるのがデメリットだ。

周りの音は気にしない、自分でも迷惑になるような音を出さないというのであれば問題ないが、神経質な方や音を出す要因がある場合は角部屋や上の階を選ぶなど、部屋探しをする上での注意点を守ろう。

しかし、近年は騒音問題によるトラブルが多いため、物件によっては防音効果が高い素材を使っていることもある。気になる物件を見つけたら、防音性についても事前に確認しておこう。

https://www.chintai.net/news/2019/01/18/52157/?internal2107
https://www.chintai.net/news/2020/02/06/82086/?internal2107

軽量鉄骨造のデメリット③通気性・断熱性があまり良くない

軽量鉄骨造は通気性が悪いので、室内に溜まった熱が逃げにくく、一度冷えると温まりにくいという性質がある。つまり、夏は暑く冬は寒いので、暑さや寒さに弱い方にとってはデメリットになるだろう。

軽量鉄骨造でも通気性が良いという物件はあるが、その分音も抜けてしまうため、遮音性が低い可能性もあるので要注意だ。

軽量鉄骨造の賃貸物件を選ぶときはどこを確認すれば良いの?

虫眼鏡とミニチュアマンションのイメージ
選び方のポイントを紹介します!

メリットとデメリットの両方をチェックすると、逆に軽量鉄骨造の賃貸物件をどのように選べばいいか分からなくなってしまった、という方もいるだろう。

賃貸物件の構造は災害時や住環境に大きくかかわってくるので、物件選びの際には家賃と同じくらい慎重に選ぶ必要がある。

そこで、賃貸物件を選ぶ際にどこを確認すれば良いのか、チェックポイントを紹介していく。

軽量鉄骨造物件を選ぶ際のポイント①物件が建てられた構造を確認する

周りの生活音や自分が出す生活音が気になる方、安全性が気になる方は遮音性や耐火性が高い素材を使っている建築構造かどうかを確認しよう。物件概要で分からない場合は、不動産会社に問合せれば答えてくれるだろう。

軽量鉄骨造物件を選ぶ際のポイント②周辺環境が静かな物件を選ぶ

騒音被害というのは周りの環境がか変わってくるため、ファミリー層や教育施設が多い地域、幹線道路、商業施設やコンビニなどがある地域はどうしてもうるさくなってしまう。

騒音が気になる場合は、こういったエリアは避けるのがベストだ。

軽量鉄骨造物件を選ぶ際のポイント③過去に騒音トラブルがないか確認する

ピアノとヘッドホン
騒音トラブルについて確認しておきましょう…

いくら建築構造や周辺環境など騒音を回避する条件がそろっているとしても、実際に住んでみなければ分からないのが実情だ。

しかし、住んでから周囲がうるさいことに気がついても遅いだろう。そうならないように、気になる物件があったら過去に騒音トラブルがなかったか確認しておこう。

騒音トラブルが多い場合は構造に問題がある可能性もあり、こういった問題は素人では分からないことが多い。不動産会社には重要事項説明責任があるので、少しでも気になった際は必ず確認しておこう。

次のページでは、軽量鉄骨造の物件に住む場合の防音対策グッズをご紹介。

12
>
リンクをコピー
関連記事関連記事