よりよいお部屋探しや賃貸物件の検索に役立つ記事が満載のCHINTAI情報局

全国トップ > CHINTAI情報局 > お金・節約 > 同棲の引越し費用ってどれくらい?安くするコツも紹介!

同棲の引越し費用ってどれくらい?安くするコツも紹介!

同棲の引越し

・同棲をはじめるにあたっていくらお金がかかるのかなあ……
・引越し費用を少しでも浮かせたいなあ……
・初めて引越しするから注意点を知りたい

初めて同棲をする場合、このような悩みを持つ方もいらっしゃるのではないでしょうか?
そこで今回は、初めて同棲をする人向けに、引越しの基本的な流れ、引越し費用を安くするコツ、引越しの注意点を先輩カップルたちにインタビューしてみました!

【同棲バージョン】引越しのおおまかな流れ

まずはじめに引越しを始めるまでの流れを理解しましょう。直前に準備を始めると料金が高くなったりするので、早めに動くことを心掛けるようにしましょう。

同棲の引越しが決まったらすぐにやること

・引越し日時を決める
・引越しのおおよその予定を組む
・不動産管理会社へ住んでいる物件の退去の申請

まずは、引越し日時を確定させることで、逆算して予定を立てるようにしましょう。間際になって日時を決めると、引越し料金が高くなる可能性がでてきます。また、今住んでいる住居が賃貸であれば1ヵ月前~2ヵ月前を目安に申し出をおこなうようにしましょう。

同棲の引越し1ヵ月前~2週間前までにやること

同棲の引越し

・引越しの見積もり
・不用品の整理
・ガス、水道、電気などの使用停止・開始手続き

引越しの見積もりは、インターネットを使って同時に依頼すると良いでしょう。業者によってサービスや料金が異なるため、自分にあった業者を選ぶことが大事です。不用品の整理は、引越しの荷物の量にもつながってくるので、早めに対応するようにしましょう。また、ガス、水道、電気などの使用停止は、立ち合いが必要となるケースもあるので、こちらも早めに動くようにしましょう。

同棲の引越し2週間前~引越し当日までにやること

・転出、転居の手続き
・郵送物の転送手続き
・引越しの荷造り

引越し2週間前からはやることが一気に増えてきます。住民票などの異動は、引越し後でも問題ありませんが、期限などもあるので気を付けるようにしましょう。また、転入先では国民年金保険の手続きも必要となってきます。郵送物の転送手続きは、窓口だけでなくインターネットでも可能なので、日中窓口に行けない人は利用してみると良いかもしれません。

大変だと思われがちな荷造りですが、大型家具や家電製品などは、基本的には業者が梱包してくれます。念のためそれも確認するようにしておきましょう。

同棲の引越し当日にやること

同棲の引越し

・引越し先ですぐに使うものの確認
・引越し作業員との打ち合わせ(荷物の搬出・搬入、作業確認)

引越し当日まで使用していたもの(寝具など)は、引越し先ですぐに使うはずなので、段ボールに何が入っているかわかるようにしておくとよいでしょう。また、引越し作業員には、壊れやすいものなどをあらかじめ伝えておくと安心です。

カップル向けのお部屋盛りだくさん!お部屋探しアプリ「ぺやさがし」
カップル向けのお部屋盛りだくさん!お部屋探しアプリ「ぺやさがし」

同棲の引越しにかかる費用

引越しの流れを理解したところで、実際に引越し費用がどれくらいかかるのか、アンケートを使いながら見ていきましょう。

【アンケート実施内容】
調査名:同棲に関するアンケート
調査方法:インターネット調査
調査時期:2019年8月
調査対象:同棲を経験したことのある男女(20~30代)
調査人数:446人(男223人/女223人)

同棲に関するアンケート結果

最も多いのは、10万円台以下(32.9%)

最も多いのは、10万円台以下(32.9%)でした。遠距離から引越しする人、部分的に自分で運ぶ人などがいるため、引越し代金にはバラつきがあると思います。引越し業者を比較する際には、一般的な目安として10万円台以下であることを認識しておくとよいかもしれません。

物件に対する初期費用

引越し費用以外にも物件に対する初期費用も発生します。一般的には初期費用は家賃の6~7ヵ月分といわれています。家賃が7万円であれば、42万~49万円が相場といえるでしょう。この中には、敷金・礼金、仲介手数料、火災保険などが含まれています。敷金・礼金がない物件や、仲介手数料も不動産会社に交渉すれば安くなるケースもあります。

家電・家具の初期費用

最後に家電・家具の初期費用があります。すでに保有していた場合や、中古品を買うなどする場合は、価格にバラつきができますが、ベッド・冷蔵庫・洗濯機・電子レンジ・テーブルなど必要最低限のものを新品でそろえるとしたら、10万円~12万円かかると考えておけばよいでしょう。

同棲の引越し費用を浮かせるコツ

同棲の引越し費用計算

引越し費用の全体像を理解したところで、少しでも安くするためのコツを紹介します。同棲してから結婚をする方もいるので、結婚資金を貯めるうえで多少でも節約しておきたいですよね……!

少しでも物件の初期費用を減らす

前の項目では、敷金・礼金がない物件や、仲介手数料が安くなるケースもあることを説明しましたが、それ以外では、閑散期(5月~12月末)は賃貸物件が安くなる時期なので、交渉次第で金額を安くできる可能性があります。また、入居日を月初めにすることで、家賃の初期費用1ヵ月分を抑える交渉ができる場合もあります。

自分に合った安い引越し業者を選ぶ

大手から中小までさまざまな引越し業者が存在します。一括見積もりサイトを使えば、自分にあった料金やオプションで引越しがおこないやすくなります。時期がギリギリになると料金も高くなる傾向になるので、早めに動くようにしましょう。

家具家電は買わずに使い回す

家具家電を持っていない場合は、親せきや友人に譲ってもらうのも一つの手でしょう。ダブルベットが高くて買えない場合は、一時的にお互いのシングルベットを持ち合わせて使うのも良いかもしれません。

カップル向けのお部屋盛りだくさん!お部屋探しアプリ「ぺやさがし」
カップル向けのお部屋盛りだくさん!お部屋探しアプリ「ぺやさがし」

引越し後の同棲で生活費がどれくらいかかるのかアンケート!

引越しが終わったあとは実際に生活が始まります。生活費について同棲経験者にアンケートをとってみたので、結果を見ながら引越し前と後、どちらも安くすることで節約に活かしましょう。

同棲に関するアンケート

第1位が3万円台から5万円台(36.9%)

続いて、毎月の二人の食費についても見てみましょう。食費のアンケート結果ですが、3万円台、4万円台、5万円台がそれぞれ約15%~20%を占めていて、バラつきがある印象に。

食費に関しては、カップルによって外食をするかしないかによって異なってくるので、バラつきがでて当然かもしれません。食費にお金をかけ過ぎのようであれば、上記の結果をもとに考え直してみるのも良いかもしれません。

同棲経験ありの先輩カップルが語る「引越しの注意点」

続いて、引越しの注意点について同棲経験ありの先輩カップルにインタビューを行いました。

東京都にお住いのカップル

東京都にお住いのカップル

「お互い一人暮らし同士からの同棲だったので、家具家電がすべて重複しており、どちらも持っている状態でした。時間もなかったのでどっちのものを使うのか決めるのが大変でした。」(男性)

「ソファもお互い1つずつあった状態でした。私はお気に入りのソファを手放したくなく、たまたま彼氏は家具に文句を言う人ではなかったため、良かったのですが、二人の意見が合わなかったら大変だと思います。」(女性)

こちらのカップルは、時間がない中二人が持っている家具家電をどうするかで悩んだようです。処分が必要な場合、別途代金がかかったりするので、よく話し合って決めることが大事ですね。

千葉県にお住まいの同棲カップル

千葉県にお住まいの同棲カップル

「独身時代の不用品は、洗濯機、冷蔵庫、イケアラックなどの家具はすべて処分し、売れるものはひたすらジモティーアプリで売りました。たまたまうまくいってほぼ全品渡せました。」(男性)

「あとは、お互いの荷物の量をチェックしてから間取りを選んだほうが良いです。自分たちは独身時代に使用していた物を捨てたくなかったので、総量がすべて入ることが絶対条件でした。」(女性)

家具家電などの処分は、フリマやオークションを使うのも一つの手かもしれないですね。また、間取り選びで迷ったら、荷物の総量から逆算して決めるのも良いかもしれません

まとめ

同棲をするにあたって、引越しの費用を安くして、少しでも貯金にお金をあてたいと考える方もいるのではないでしょうか?引越しの料金も抑えつつ、物件の値段を抑えることも大事です。中長期的に見ると、二人にあった安い物件を選ぶほうが、節約できるからです。

二人で賃貸物件を探すなら「ぺやさがし」を使ってみてはいかがでしょうか? 「条件に合う物件が見つからない……」という場合でも、希望条件に近い物件をすぐに検索できますよ。

ぺやさがし機能紹介

お気に入り度を登録できるので、優先順位を簡単に確認できちゃいます

かんたんペアリングで物件がシェアできる!カップルのための賃貸物件検索アプリ「ぺやさがし」
かんたんペアリングで物件がシェアできる!カップルのための賃貸物件検索アプリ「ぺやさがし」
CHINTAI情報局のInstagramでは、あなたの毎日にちょっと役立つ暮らしのヒントをお伝えします。
CHINTAI情報局のInstagramでは、あなたの毎日にちょっと役立つ暮らしのヒントをお伝えします。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
CHINTAIピックアップ!
カテゴリー
アーカイブ
チンタイガー公式twitterアカウント@CHINTiger