よりよいお部屋探しや賃貸物件の検索に役立つ記事が満載のCHINTAI情報局

全国トップ > CHINTAI情報局 > 賃貸の基礎知識 > アパート、マンション、コーポ、ハイツ……建物の種類や呼び名の違いは?

アパート、マンション、コーポ、ハイツ……建物の種類や呼び名の違いは?

Woman.Storeオープン!

物件情報を見ていると、「アパート」や「マンション」、「コーポ」、「ハイツ」などさまざまな建物の名称がある。一体何が違うのだろうか?

「マンション」と「アパート」の違いはなんとなく分かるが、「コーポ」、「ハイツ」、「○○荘」は違いが分かりくい……

「マンション」と「アパート」の違いはなんとなく分かるが、「コーポ」、「ハイツ」、「○○荘」は違いが分かりくい……

アパートとは

アパートは一般に木造や軽量鉄骨造などで2階建て以下の共同住宅をいいますが、CHINTAIでは木造2階建てのものを指しています。古い建物がアパートで、新しい建物がマンションだというイメージがあるかもしれないが、それは必ずしも正しいとは言えない。構造や階数によって呼び方が違っているからだ。

マンションとは

マンションはRC(鉄筋コンクリート)造、SRC(鉄骨鉄筋コンクリート)造、重量鉄骨造などで建てられた3階建て以上の共同住宅を指している。アパートよりも規模が大きく丈夫な構造になっている。

アパートとマンションの違いについて比較

実は「アパート」、「マンション」といった名称には明確な定義はない。地域によって、あるいは慣習によって呼び方が違っている場合がある。では、構造、階数、機能、防音の面からの違いについても一般的な解説を加えておこう。

構造、階数、機能、防音

建物の種別 構造 階建て 防音
アパート
(木造)
木質造 ~2階建て 対策が必要な場合も
アパート
(軽量鉄骨)
軽量鉄骨造 ~2階建て 対策が必要な場合も
マンション
(RC造)
鉄筋コンクリート造 3階建て~ 防音性がある
マンション
(SRC造)
鉄骨鉄筋コンクリート造 3階建て~ 防音性が高い

アパートで多く見られる木造は壁・柱・床など主要な構造部を木材で造るため通気性に優れている。
また、軽量鉄骨造は柱などの骨組みに鉄骨を利用したもので、木造よりも強度が高いのが特徴だ。

一方マンションでは構造部に鉄筋やコンクリート、重量鉄骨を使用し強度や耐久性を高めている。
例えば、RC(鉄筋コンクリート)造では、鉄筋で組んだ型枠にコンクリートを流し込んで壁や床などを造っていく。
SRC(鉄骨鉄筋コンクリート)造では、鉄筋、コンクリート、鉄骨を使用するため、RC造よりさらに強度が増すために大型マンションに利用される。

こうした構造上の違いからも木造で造るアパートは一般的に2階建てまで、マンションは3階建て以上の建築が可能なのである。

また、オートロックや監視カメラなどのセキュリティシステム、太陽光発電など、マンションでは高機能な設備を共有部に設置することが可能だ。
特に大型マンションでは戸数が多いため、設置に対する一戸当たりのコストが少なく済むからだ。それに対しアパートでは戸数が少ないため、一戸当たりの負担が大きくなってしまう。

さらに、防音についても構造上で言うとマンションの方が優れている。
特に古いアパートだと上階の足音に悩まされたり、逆に自分が階下の住人に迷惑をかけてしまったりする可能性がある。どの程度の生活音が聞こえるかは物件を決める前に必ず確認したい項目だ。


次のページでは、マンション、アパートそれぞれのメリットや見分け方、呼び名の違いなどを紹介!

ホテル暮らし・ホテルステイで街をお試し!
12
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
CHINTAIピックアップ!
カテゴリー
アーカイブ
チンタイガー公式twitterアカウント@CHINTiger