公開日:
最終更新日:

本好きでもシンプルライフは実践できる!大好きな趣味とシンプルな暮らしを両立する方法

リンクをコピー

本好きでもシンプルライフは実践できる?

必要なモノだけで生活をする「シンプルライフ」。憧れつつも、「漫画や小説などの本が大量にあるため実践できない…」なんて人もいるのでは?

そこで今回は、本好きながらもシンプルライフを実践しているという、インスタグラマーのkukoさん宅を訪問。たくさんの本を所持しつつも、シンプルライフを送る方法を伺った。

プロフィール

・名前:kukoさん
・インスタグラム:kuko0924
・年齢:32 歳
・職業:会社員
・居住地:大阪市
・居住形態:二人暮らし

お住まいの物件について

・間取り:3LDK
・築年数:不明 
・家賃:83,000円

所有している本の数はなんと200冊以上!大量の本とシンプルライフを両立するコツとは?

通されたのは和室と洋室がある3LDKのお部屋。キッチン用品とソファ・テレビが並ぶリビングはとてもシンプルでモノが少なく、落ち着いた雰囲気だ。

本好きながらもシンプルライフを実践しているkukoさん宅のリビング

大きい窓から日光が入り、日中は明かりをつけなくても光が入るkukoさん宅のリビング。モノが少なく、とてもシンプルな空間だ

kukoさんと旦那さんの趣味は読書。kukoさんはデザインの画集を、旦那さんは漫画を読むことが好きだそう。なんでも所有している本の数は200冊以上にもなるという。

しかし、この簡潔なリビングの中には本がない。いったい本はどこに収納してあるのだろうか。

「実は和室の押し入れの中に、本棚を設置しているんです」(kukoさん)

そういって押し入れの扉を開けていただくと、中から本がきれいに並べられた本棚が現れた。押し入れの中にしまうものがないため、本棚を押し入れに置いているのだという。びっしり隙間なく詰められた本はまるで図書館の一角のよう。

本好きながらもシンプルライフを実践しているkukoさん宅の押入れに設置された本棚

押し入れの中にはきれいに整頓された本棚が

聞けば、月に1~2冊ほど本を購入し、本の高さや種類ごとに並べて収納しているのだそう。

本棚がわりに使っているのは、無印良品のカラーボックス。4段あるカラーボックスを横に並べ、3つ重ねて高さごとに並べて収納しているそうだ。

kukoさん流・本の手放し方のルール

ただ、放っておくとたまりすぎてしまう本たち。kukoさんたちはどのように本の数を保っているのだろうか。

「基本的に本棚に入りきらない本は手放すようにしています。じっくり読んだ本や流行の過ぎたデザインのハウツー本は、時々見回して捨てるようにしていますね」(kukoさん)

本好きながらもシンプルライフを実践しているkukoさん宅の本棚

“本棚に収まるだけの本を持つ”という制限を決めて保管している

漫画や本は好きなものこそ愛着がある分、手放しづらくたまってしまいがちなアイテムだ。しかし、たくさんあっても管理が難しい。収納する範囲を決め、その中に収まる量を持つ。

kukoさんのように、自分の管理できる量の中におさめることで自分の管理できる量を調節できるのだろう。

本棚はクイックルハンディでお手入れ

本棚とは外に出ている分、ほこりなどがたまりやすいものだ。読者の皆さんもお手入れに困ったことがあるだろう。しかし、kukoさんの本棚はほこりがほとんどない状態だった。どのようにきれいに保っているのだろうか。

本好きながらもシンプルライフを実践しているkukoさんが愛用している無印良品の棚。本だけでなく、グリーンやお花なども飾られとってもおしゃれ

本と小物類を収納しているこの棚も、クイックルハンディでお手入れ

「今まではリビングに置いていたので、週に1回程度、クイックルハンディでほこりをとっていました。今でもほこりに気付いたらクイックルハンディでとっています」(kukoさん)

現在は模様替えで押し入れに移したことで、ほこりがたまりづらくなったという。しかし、気付いたらクイックルハンディでほこりをとっているそう。本の高さに合わせて、簡単にほこりが取れるので、家のお掃除をするついでにお手入れすることが多いという。

次ページでは、kuko家御用達の、趣味とシンプルライフの両立を助ける便利な家具たちをご紹介!

12
リンクをコピー
関連記事関連記事