よりよいお部屋探しや賃貸物件の検索に役立つ記事が満載のCHINTAI情報局

全国トップ > CHINTAI情報局 > お部屋探訪 > 【ミニマリスト5人の実例】二人暮らし&ファミリーでもシンプルライフを手に入れるコツ

【ミニマリスト5人の実例】二人暮らし&ファミリーでもシンプルライフを手に入れるコツ

二人暮らし&ファミリーでシンプルライフを手に入れるコツは?実例をもとに紹介!

二人暮らしやファミリーはどうしても物が増えがち。引越したばかりの頃は気にならなくても、生活が落ち着いてくると不要な物が目につきはじめ、シンプルな暮らしに憧れを持つ人も多いのでは?

シンプルな部屋

人数が増えても、物が少ないシンプルな暮らしは手に入る!?

ミニマリストに一歩近づくためにはまず物を手放さなければならないわけだが、物を捨てるにも、二人暮らしやファミリーとなれば一人暮らし以上に取捨選択に気を配らなけれならない。

また、自分がミニマリストになりたくても、パートナーや家族がそうでない場合は、進め方を間違えるとケンカになる可能性も……。自分が我慢する?周囲に我慢してもらう?それともお互いに何らかのルールを決める……?

そんなお悩みを解消すべく、この記事では、これまでCHINTAI編集部が取材した二人暮らしやファミリーのミニマリストが実践していた、「シンプルライフを手に入れる&維持するコツ」を公開。


・二人暮らしで物を捨てたり、新たに購入する時に揉めないようにする秘訣は?
・小さな子供がいる場合、子供のおもちゃや服を増やしすぎないコツは?

などを中心にご紹介していく。いくつかのケースを元に紹介するので、自分たちに取り入れやすいものを見つけてほしい。

【カップル・夫婦ミニマリストの実例】シンプルライフを手に入れるコツ

二人の間で「物の手放しルール」を作ろう

二人暮らしでシンプルライフを目指す場合、二人ともミニマリストであればスムーズに協力しあうことができるが、どちらか一方だけがミニマリストの場合、やみくもに物を捨てると「これ以上ついていけない……」と二人の関係性が悪くなってしまう場合も。揉めないようにするためには、最初にルールを作るとスムーズだ。

ルール作りのお手本にしたいのが、引越しを機に「持たない暮らし」をスタートさせた三吉まゆみさん夫妻の事例。当初は妻のまゆみさんがミニマリストに強く憧れていたが、徐々にご主人も感化され、今ではご主人のほうから「それ、いらないんじゃない?」と言うまでになったそう。一体どのようなルールを作ったのだろうか?

ルール作りのコツ1:超基本だけど超大事!「相手の物を勝手に捨てない」

三吉さん夫妻が当初もっとも大切にしていたルールは、「相手の物を勝手に捨てない」ということ。

「『この服何年も着てなさそうだから、勝手に捨ててもバレないでしょ!』という考え方は禁物です。万が一必要になった場面で勝手に捨てられていたことが分かると、相手に不信感を抱いてしまいます。信頼関係のためにも、必ず相手に許可を取ってからにしましょう。それに、自分の物は自分で判断して手放せるようになったほうがそれぞれにきちんと片付けの癖がついて良いのでは、とも考えています」(三吉さん)

とても基本的なルールではあるが、長年の付き合いだとないがしろにしてしまっていることも。相手がシンプルライフにあまり賛成していない場合、強制的に相手の物も捨てたくなってしまう気持ちは分かるが、一呼吸置いて必ず相談する姿勢を持つことが大切なのだろう。

ルール作りのコツ2:二人で一斉に物を捨てる「手放しデー」を作る

三吉さん夫妻イチオシの、手っ取り早く物を手放す方法は、二人で一斉に物を手放す「手放しデー」を1日決めて、相談しながら捨てる物・残すものを決めていくというものだ。

「一人で黙々と片付けていると、『まだ使えそうだから……』と迷いが生じることもあります。でもパートナーと一緒に片付けることで、『それ、本当に使うの?』と客観的な意見をもらえるので、スムーズに進められる気がします」(三吉さん)

ミニマリスト・三吉さん夫妻

二人で相談しながら「捨てるもの・残すもの」を決めたほうが捗る!

同時に相談しながら片付けを進めることで、「どうしてあれ捨てちゃったの!?」といったケンカも起こりにくくなる。また、相手が大切にしているもの・捨てたくないものを把握することが出来るので、お互いの理解が深まるというメリットもあるそう。

三吉夫妻のシンプルな暮らしぶりを取材した記事はこちら↓

大人気ミニマリスト兼整理収納アドバイザーに聞く〝持たない暮らし〟の始め方

相手にシンプルライフの良さをプレゼン!

もともと部屋にものが溢れ、一時期は物の多さに心が荒んでご主人とのケンカも多かったというしおりさん。ある時1冊の本にめぐりあい、ミニマリストを志すようになる。

『お金に頼らずかしこく生きる 買わない習慣 (アスペクト文庫)』お金に頼らずかしこく生きる 買わない習慣 (アスペクト文庫)

「物を手放して心に余裕が生まれれば、二人の仲も良好になるのではないか」と考えたしおりさんは、ご主人にも本を薦めてシンプルライフの良さをプレゼン。無事に魅力が伝わり、お互いの持ち物を見直すことになった。

ミニマリスト・しおりさん宅のシンプルなリビング

しおりさん宅のリビング。シンプルながら木の温もりが感じられる空間

「自分たちの生活を見返して、大切なものだけ残していると、自分たちの時間に余裕を持つことができました」(しおりさん)

物が減ったことで片付けや探し物の時間が短くなり、二人でゆったりと過ごす時間が増えたという。それによって二人の関係性も自然と良好に。「とにかく物を減らして!捨てて!」と要望だけを一方的に伝えるのではなく、しおりさんのようにシンプルライフの良さを相手に分かってもらう工夫をすることで、二人で協力して持たない暮らしを手に入れることができる。

さらに、「二人の時間を持つ」ために必要なものであれば、新たな買い物もいとわないという。

ミニマリスト・しおりさんが購入した食洗機

共働きのしおりさん夫妻は、家事の時間を短縮して二人で過ごす時間を増やすために食洗機を購入。見た目がシンプルなので、ゴチャついた印象を与えない

ストイックになりすぎず、物を持たないこと=あくまで二人の暮らしを豊かにするための手段ととらえてポジティブに実践することが、快適なシンプルライフの秘訣なのかもしれない。

ミニマリスト・しおりさんのシンプルライフや継続のコツはこちらをチェック↓

ストレスフリーは「持たないこと」から。ミニマリストしおりさんのシンプルかつ丁寧な暮らし

共用スペースだけシンプルに!他は自由でストレスフリー

「相手にはシンプルライフを強要しない」という潔いケースもあった。

新婚ミニマリストのたなかまゆさん夫妻は、2LDKの部屋に互いの自室を持つ。共用スペースであるリビングダイニングだけはシンプルに保てるように協力し、その他はお互いに干渉しないというスタイルだという。

新婚ミニマリストのたなかまゆさん夫妻宅のシンプルなリビング

たなかさん宅のリビング。家具は白で統一しているが、グリーンを取り入れ殺風景にならないよう工夫している

「共用スペースとお互いの部屋を分けています。キッチンやリビングなどの共用スペースには自分の私物を持ち込まないこと、使ったら現状復帰をするということを心掛けています。しかし、お互いの部屋については何も口出しをしません。仮に、旦那の部屋がものすごく散らかってても私は何も言わないです(笑)」(たなかさん)

「自分の物は自分の部屋へ。それ以外の場所には持ち込まない」というのは実にわかりやすいルール。二人暮らしだからこそ、自分と相手の線引きをしっかりすることで互いに余計なストレスを抱えずに済むのだろう。

「持たない暮らし」をきっかけに夫婦円満を手に入れた、ミニマリスト・たなかまゆさんのお部屋探訪記事はこちら↓

新婚ミニマリストtanaka mayuさんの、持たない暮らしで叶えた「帰ってきたくなる家」のつくり方

次のページではファミリー編をご紹介。結婚や出産を見越している二人暮らしカップルもぜひチェックを!

12
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
みんなの流行ランキング
CHINTAIピックアップ!
カテゴリー
アーカイブ
チンタイガー公式twitterアカウント@CHINTiger