姉妹で二人暮らし。ストレスフリーで悠悠自適な暮らしぶりとは?

公開日:
最終更新日:

都内在住の姉妹二人暮らしの部屋を訪問。悠悠自適な二人暮らしに迫る!

帰ったときに話す相手がいることは、二人暮らしのいいところだ。カップルや夫婦だけでなく、友達や姉妹で暮らす人も多くなった。長年連れ添った人と暮らすというのは安心そのものだと思う。

しかし二人暮らしとはいえ、女性だけでの暮らしに不安はつきもの。そこで、実際にどんな暮らしをしているのか、都内で二人暮らしをしている姉妹にお話を伺った。

お話を伺った人

姉:Yさん(会社員)
妹:Sさん(大学生)
東京都在住。社会人二年目の姉と大学生の妹とで、二人暮らしをしている。

ルームデータ

所在地:東京都
居住形態:二人
間取り:3LDK
築年数:3年

姉妹ならではの二人暮らしのメリットは「ストレスフリー」であること

─── 姉妹で暮らすの、とても楽しそうなイメージです。

Sさん:姉妹じゃなくても二人暮らしだったらできることかもしれないんですけど、ちょっといい家具とか、道具とか買えました。

一番大きな物はソファかな。一人暮らしだとそもそも置けないサイズのソファを買いました。他にも美顔器とか、食材も一人暮らしのときよりかからなくなりました。使い切れなくて捨てることもほとんどないので。

姉妹で二人暮らし中のYさん・Sさん宅のソファ
一人暮らしではなかなか置けない大きなソファ

Yさん:仕事で疲れて帰った時も「聞いて〜」という感じでこのソファでだらだらと深夜まで話しています。姉妹なのでお互い気を遣うこともないし、話す気分じゃないときは「今日はむり(笑)」って言えるからストレスフリー。話したい気分のときに、ここでよなよな盛り上がっています。

姉妹で二人暮らし中のYさん・Sさん
深夜まで話し込むことも多いとか

次ページでは、Yさん・Sさんが実感する二人暮らしの具体的なメリットをご紹介!円満に二人暮らしを送る「ルール作りのコツ」についても伺った。

12
>
リンクをコピー
関連記事関連記事