新婚ミニマリストtanaka mayuさんの、持たない暮らしで叶えた「帰ってきたくなる家」のつくり方

公開日:
最終更新日:

持つものは必要最低限。持たないことで充実した暮らしができる

「持たない暮らし」を実践している人を求め、今回は旦那さんを溺愛する新婚ミニマリストのたなかまゆさんのお部屋を訪問。

インスタグラムで持たない暮らしの丁寧なHOW TOや旦那さんとの二人暮らしの様子を発信し、発信から2ヶ月間でフォロワーは1万人を超える。「持たない生活」が意識せずとも自然と続けられるというたなかさんに、持たない暮らしを始めるきっかけと続けるポイントについて伺った。

プロフィール

ミニマリストのたなかまゆさん

名前:たなかまゆさん
instagram:@x829xx
居住形態:2人

ルームデータ

所在地:神奈川県 小田原市
間取り:2LDK
家賃:8.5万
築年数:新築

今の持たない暮らしは実家の暮らしを反面教師に

どうぞ、と通された部屋はシンプルな8畳ほどのリビングだった。そこにはノートパソコンが2台置けるかくらいのこじんまりとしたテーブルとソファーがわりのベッドとテレビ。ブラウンのトーンで揃えられたその部屋には、無駄なものが一切見受けられず、生活感がないようにさえ感じられた。

ミニマリストtanaka mayuさん宅のリビング
シンプルながら温かみのあるリビングだ

「実家がとても片付けられない家で、それが本当に嫌だったんです。」(たなかさん)

たなかさんの育ったご実家は郊外の一軒家で、モノを買い込んではそれらを整頓できず、いつもモノが秩序なく空間に置かれているような状態だったという。

「当時は帰ってきて散らかって家をみることがストレスでした。家に帰ってきて机の上に商品のパーケージなどの文字情報が目に入ってきて休んだ気がしなかったんです。だから一人暮らしをするときには絶対にものが少なく整頓された家にするって決めていたんです」(たなかさん)

たなかさんが持たない暮らしを始められたのは、就職のために一人暮らしを始めてからだった。誰かを参考にしたわけではなく、自分が必要最低限のものだけを持って暮らしたらとてもモノの数が減ったという。

「収納術を学ぶのではなく、持つものの数を少なくすることで自然と収納もしやすくなりました」(たなかさん)

ミニマリストtanaka mayuさん宅のリビング
リビングには余計なものがなく、最低限のものが丁寧に配置されている

社会人になり、今の旦那さんとの同棲を始めたのが1年前。そのときに現在の家に引越してきたそうだ。

「互いの独立したプライベートな部屋があり、キッチンが広い家というところが今回選ぶポイントの一つになりました。」(たなかさん)

持たない暮らしを続けるための2人のルール

一般的に2人で暮らしているとそれぞれの生活リズムや仕事の忙しさなどもあり、どうしても部屋が乱れがちだ。しかし、たなかさんのお部屋にはそのような乱れは一切見られなかった。整頓された状態を続けるための秘訣を伺ってみると・・・

「共用スペースとお互いの部屋を分けています。キッチンやリビングなどの共用スペースには自分の私物を持ち込まないことや使ったら現状復帰をするということを心掛けています。しかし、お互いの部屋については何も口出しをしません。仮に、旦那の部屋がものすごく散らかってても私は何も言わないです(笑)」(たなかさん)

ミニマリストtanaka mayuさん宅のキッチン
キッチン。使ったら戻す、使ったら拭く、という現状復帰を徹底しているという

1つの家の中で共同スペースと自分の部屋という2つの空間を取ることで、オンとオフのメリハリをはっきりしているそう。

「共用スペースでは、2人の中で『〇〇はどこにしまう』という共有をして、使ったらその場所に戻すようにしています。収納は見栄えよりもしまいやすさを重視することで楽に続けられます」(たなかさん)

ミニマリストtanaka mayuさん宅のキッチン収納
簡単にしまうためにきっちりしまいすぎないこともポイント

モノを使うときは多少探しても、しまう際に楽な方が続けられる。カトラリーはここ、調理用具はここらへん。とカテゴリ分けをしておくと、出す時もなんとなく場所がわかるためストレスなく使えるそうだ。

たなかさんのお部屋は、それらが自然とできる仕組みだからこそ、いつも乱れない部屋作りができているのだろう。

次のページでは、たなかさんが捨てて良かったもの・取っておいて良かったものを紹介!

12
>
リンクをコピー
関連記事関連記事