【猫との暮らし】窓辺で猫とひなたぼっこ!ペット可賃貸物件の1DKインテリア術

公開日:
最終更新日:

猫を連れて杉並区のペット可賃貸物件へ引越し。ストレスは大丈夫?

猫を室内で飼うならどんな部屋でも同じ、と思ったら大間違い!自然が近い環境のほうが猫にとっても心地よく、ストレスを低減できると言われている。

引越しは猫に負担がかかる可能性もあるが、新居の環境がよければむしろストレスフリーに近いかも?

愛猫の“金太郎”の飼い主のYさんは、防犯を意識して上層階を選んできた。昨年、東京都江戸川区から愛猫を連れて杉並区に引越し、初めて1階での暮らしをスタート。

「実は犬派」というYさんに猫との暮らしや賃貸物件の階層の違いなどを聞いてみた。

昨年杉並区のペット可賃貸物件に引越した一人暮らしのYさんと愛猫の様子
大きい窓のおかげで1階でも明るい。風通しも抜群の心地よい部屋だ

プロフィール

名前:Yさん
職業:会社員(デザイナー)
居住形態:一人暮らし+1匹
猫にかかる月々の費用:約5,000円

ルームデータ

所在地:東京都杉並区
家賃:80,000円
間取り:1DK(37㎡)
築年数:30年

猫プロフィール

金太郎(オス・11歳):内弁慶だけど社交的な一面もある

江戸川区の神社で保護した猫“チビ”が“金太郎”になった理由

ペットの飼い主は“犬派”と“猫派”に分かれることが多い。

実は猫と暮らすYさんはもともと犬派。シェットランド・シープドッグを飼っていたこともある。いつかまた犬を迎えたいと思っていたときに出会ったのが猫の金太郎だ。昨年まで住んでいた東京都江戸川区で保護したことだったそう。

「近くの神社に住み着いていた猫が子猫を生んでいたんです。気になって様子を見に行っていたらあるとき首に大けがをしていて、急いで保護して動物病院に連れて行きました。治療したら元気になってホッとしましたよ!里親を探そうかとも思ったんですけど、動物病院のすすめもあってそのまま飼うことにしました」(Yさん)

一人暮らし中のYさんの愛猫・日本猫(ミックス)の金太郎
日本猫(ミックス)の金太郎。窓辺のキャットタワーがお気に入りの爪とぎ場所

金太郎という渋い名前は“茶金”の毛色から。「ちゃきんちゃきんちゃきん……と考えているうちに“きんちゃん”になり、金太郎になりました」とYさん。

保護した頃は500gしかなかったので“チビ”と呼んでいたが、正式に飼うことにしてから改名。「成猫になったら4.8kgまで増えました。全然チビじゃないので改名しておいてよかったです」と貫禄たっぷりの金太郎をなでながらYさんは笑う。

初めての1階のペット可のお部屋。決め手は広い庭と大きい窓

江戸川区では防犯も兼ねて3階の部屋に住んでいた。転職を機に杉並区へ引っ越す時も上層階のペット可物件を条件に部屋探しをしたが、なかなか見つからない。そんなときに不動産情報サイトで現在の1階の部屋を見つけたそう。

「金太郎が庭に面した窓辺でひなたぼっこできそうだなぁと。窓が真ん中から開くセンターサッシュなのも開放感があって気に入りました。実際に住んでみると、思った通り窓に近いソファが金太郎の定位置に(笑)。収納が多いのも便利ですね。環境がいいから1階でも安心ですが、猫は脱走しやすいので注意したほうがいいと思います」(Yさん)

一人暮らし中のYさんが暮らすペット可賃貸物件の1DKの部屋
壁一面がクローゼットと押入れ。シェルフなどが必要ないので部屋を広々と使える

杉並区は公園や緑道が多く、ペットを飼っている人が多いよう。「犬の散歩をしている姿をよく見かけますね。もともと犬派なので、顔見知りの犬もできてうれしいです」と、ご近所付き合いも楽しんでいる。

キャットタワーとトイレが設置しやすい間取り選びや配置のコツ

天井まであるキャットタワーは、金太郎がひなたぼっこをしやすいように窓辺に設置している。

「前の部屋では外を見るために高いところまで登っていましたが、今は庭が近いから2段目で満足しているようです」とYさん。

自然を身近に感じられる環境に変わってから、金太郎ものんびり過ごすようになった。

一人暮らし中のYさんが暮らすペット可賃貸物件の1DKの部屋
キャットタワーの上段には消臭剤を置き、壁紙へにおいがつくのを防ぐ

トイレは引越し前から1個でOK。洗濯機置き場やユニットバスへ続くスペースにトイレを置き、ストリングスカーテンでさりげなく目隠し。使いやすい間取りだそう。

猫のトイレ置き場
トイレの背面にペットシートをつけて猫の尿のはみ出しを防いでいる

抜け毛で作った“金太郎玉”がおもちゃにもインテリアにも!

リビングの一角に置いてあるかわいいフェルトボールは、金太郎の3年分の抜け毛で作った“金太郎玉”。濃い玉は背中、薄い玉はお腹の抜け毛だそう。ブラシについた抜け毛をくるくると丸めれば完成!

「自分のにおいが付いているからか、よく遊びます」とイチオシのおもちゃだ。

Yさんの愛猫・金太郎の抜け毛で作った毛玉。インテリアにもおもちゃにもなっている
抜け毛に少し水をつけながら丸めると硬くなってボールのように弾むそう

金太郎のために「猫草」と呼ばれるイネ科の草を栽培している。毛玉を吐いたり便秘を予防したりするのに役立つとか。

ブリキのトレイにのせた猫草栽培セット
ブリキのトレイにのせるだけで猫草栽培セットがおしゃれなインテリアの一部に変身!

保護猫がおすすめ!ひとりでもペット可賃貸で猫と暮らせる

「これから猫を飼おうと思っている方は、ぜひ保護猫を迎えてほしいと思います。私のように偶然の出会いもありますが、猫の譲渡会はあちこちで開かれていますから。犬派の私でも金太郎と暮らしているうちに愛着がわいて、“犬猫派”に変わりました」(Yさん)

最後に、Yさんが教えてくれた「猫と暮らすポイント」をまとめよう。

「猫と賃貸暮らし」を送るポイント

・庭がある1階は狙い目!猫と一緒にひなたぼっこを楽しめる
・猫の生活用品やおもちゃをインテリアの一部にする
・猫のおかげで交友関係が広がる。いざというときに助け合いも!

一人暮らしを楽しんでいるYさんは、「賃貸のいいところは、いろいろなペット可物件を選べること」と語る。

環境を変えたいときや転職したときにも、猫と一緒に気軽に引越せるのがメリットだそう。ペット可物件が増えている近年、一人でも猫と暮らすことは決して夢ではない。

ペット可賃貸物件で一人暮らし中のYさんと愛猫の金太郎
「猫は飼い主の気持ちを察して寄ってくるんです」とYさん。ふたりの絆がうかがえる

文=金子志緒
写真=佐藤正之

ペット可の物件はこちらから!

全国の人気駅から賃貸物件を探す
札幌駅 大阪駅 京都駅 渋谷駅 釧路駅 帯広駅 津田沼駅 神戸駅 姫路駅 静岡駅

全国の人気沿線から賃貸物件を探す
ゆりかもめ 京急大師線 仙石線 大阪環状線 東武野田線 阪急今津線 相模線 西武多摩川線 東海道本線 内房線

リンクをコピー
関連記事関連記事