フローリングのメリット・デメリット。賃貸物件で畳の部屋をフローリングに変えるには?

公開日:
最終更新日:

フローリングの賃貸物件に住みたい!どんなメリットがある?

フローリングの部屋にこだわる
フローリングの部屋にこだわる

賃貸物件においても、「新築物件の床=フローリング」が主流となった。暮らすなら絶対にフローリングがいい!フローリングじゃなきゃいやだ!という方も多いのではないだろうか。たしかにフローリングならではのメリットや魅力は多いが、いくつかのデメリットが潜んでいることも見逃せない。

今回はフローリングのメリットを一通り紹介しつつ、意外なデメリットにも触れていく。また、畳の部屋をDIYでフローリングに変えることも可能なので、その方法も一緒に確認しておこう。

そもそも「フローリング」とは?

フローリングには種類がある
フローリングには種類がある

フローリングとは、木材系の材質を床材の表面に使った床板のことを指す。大まかには、無垢材と合板製の2種類に分類される。

無垢材は自然素材の一枚板で、独特の風合いが美しく高級感がある。ただし、傷つきやすく、割れや収縮などがあるのでメンテナンスは必要だ。

合板製は薄い板を何枚も重ねて加工する合板を使ったもので、品質が均一で手入れがしやすいのが特徴だ。耐久性があるため、集合住宅などで使われるフローリング素材は合板製が多い。

フローリング以外の床材の特徴も押さえておこう

洋室(床が畳ではない)=すべてフローリング と思っている人がいるかもしれないが、フローリング以外にもさまざまな床材が用いられている。また、フローリングに見えていても、実際には木材系の素材ではないものが使われていることもある。

この項目では、賃貸住宅の洋室で特に用いられることが多い3つの床材をピックアップした。それぞれの特徴を把握しておこう。

タイル

丈夫で傷つきづらく、掃除もしやすいのがメリット。ただし触れると冷たいので、部屋のアクセントとして一部のみに使われていたり、デザイナーズ物件などで用いられたりすることが多い。

カーペット

あらかじめカーペット敷きになっているタイプの洋室もある。メリットはカラーバリエーションが豊富なこと、デメリットは飲み物をこぼしたときなど掃除がしづらいことといえる。

クッションフロア

塩化ビニールでできたシート状の床材。表面には木目や大理石、タイルなどの柄がリアルにプリントされており、一見するとほかの素材のようにも見える。

フローリングのある賃貸のメリット

フローリングのメリット
フローリングのメリット

フローリング材には、どんなメリットがあるのだろうか。フローリングのメリットを改めて確認してみよう。

フローリング賃貸のメリット①:掃除が楽

まず挙げられるメリットとしては、掃除が楽ということだろう。
掃除機やお掃除シートをかけるだけで、ホコリをすっきりと掃除することができる。
さらに、濡らした雑巾などで水拭きができ、仕上げにフローリング用のワックスをかければピカピカだ。

フローリング賃貸のメリット②:メンテナンスに時間がかからない

賃貸住宅に多く使用されているフローリング材は、合板製がメインだ。耐久性があり傷がつきにくいので、一般的な使用ではメンテナンスはあまり必要ない。
汚れたらさっと拭き取るだけで、キレイな状態を保つことができる。

フローリング賃貸のメリット:③ダニが発生しにくい

カーペットや畳などには、季節や湿度によってダニが発生しやすいものだ。
一方フローリングの部屋はダニが発生しにくいので、アレルギー体質の人には、フローリングの部屋の方が生活しやすい環境となるだろう。

フローリング賃貸のメリット:④さまざまなインテリアとマッチする

フローリングは木材を利用しているので、色々なテイストのインテリアと馴染みやすい。部屋のインテリアの自由度が広がり、好みのテイストに仕上げることができるだろう。
もちろん和のアイテムも木材と相性が良いので、フローリングでもおしゃれな和テイストの部屋にすることが可能だ。

フローリングのある賃貸に潜むデメリット

フローリングにはデメリットもある
フローリングにはデメリットもある

メリットの多いフローリングだが、どんなデメリットがあるのだろうか。

フローリング賃貸のデメリット①:家具による傷がつきやすい

椅子の移動による擦り傷や、重量のある家具を置いた場合にはフローリングの表面にへこみができる場合がある。
椅子の足にゴムやフェルト素材のキャップをつけたり、重い家具の下にあらかじめ敷板を引いたりして、重量を分散させよう。

フローリング賃貸のデメリット②:シミになる場合がある

ジュースやお茶などをこぼしたときに、フローリング材の中まで浸透するとシミになる場合がある。コーヒーや薬品の場合には特に注意が必要だ。
浸透する前にすぐに拭き取れば跡は残らないので、こぼした際はできるだけ早く拭き取ろう。

フローリング賃貸のデメリット③:クッション性が低い

フローリングの床は硬いので、クッションフロアや畳の床よりも転んだ際の衝撃が強い。特に子供のいる家庭にとっては注意すべきポイントだろう。

次のページでは、賃貸でもできる畳の部屋をフローリングに変える方法を紹介!

12
>
リンクをコピー
関連記事関連記事