よりよいお部屋探しや賃貸物件の検索に役立つ記事が満載のCHINTAI情報局

全国トップ > CHINTAI情報局 > 賃貸の基礎知識 > 賃貸物件でウォシュレットを取り付けたい! 勝手に後付けしても大丈夫?

賃貸物件でウォシュレットを取り付けたい! 勝手に後付けしても大丈夫?

賃貸物件のトイレにウォシュレットを後付けしたい! できる?できない?

賃貸物件に後付けされたウォシュレット

賃貸物件でも後付けすることは可能?

部屋探しの条件として人気の高い「ウォシュレット」(温水洗浄便座)。あったらうれしい設備の一つだが、もし住みたい物件にウォシュレットががついていない場合、後から設置することはできるのだろうか。

ウォシュレットには、衛生面や感染病予防などのメリットがあり、ウォシュレットが付いていない物件はちょっと……なんて人も少なくはないだろう。今回は、これから住む物件のトイレにウォシュレットがなかった場合、後付けしてもよいのかどうか。また、取り付ける場合はどのように進めればよいかを解説する。


賃貸物件にウォシュレットを後付けすることはできるのか?

結論からういうと、ウォシュレットを後付けすることは可能である。業者に依頼して取付けをしてもらうことも可能だし、自分で取り付けることもできないことはない。

ただし、ウォシュレットを後付けする場合にはトラブル防止のため、必ず大家さんや管理会社の許可を取ってから取り付けをするようにしよう。

トイレは賃貸物件の設備である以上、大家さんの所有物となる。ウォシュレットの取り付けをするには、正式な了解を得て行う必要があるだろう。

また、退去時には「原状回復義務」がある。ウォシュレット付き便座を設置する際、取り外した元の便座は処分せず保管しておかなければならない。さらに、設置跡や不具合が残った際には修理費用の請求がある場合もあるので注意しよう。

ウォシュレットを後付けするために相談する大家と貸借人

ウォシュレットを後付けする前に大家さんに相談しよう

ウォシュレットの価格の相場は?

後付けウォシュレットの価格で悩むイメージ

後付けウォシュレットの価格相場は?

では、ウォシュレットを取り付ける場合の費用はどのくらいかかるのだろうか。

まずウォシュレット本体の価格相場だが、安いものであれば1万円台~で購入可能。一方、高いものであれば希望小売価格10万円を越えるものも販売されている。多機能なのはもちろんだが、省エネ機能や、除菌、脱臭など様々な機能が備わっているようだ。求めるスペックやトイレの型に合わせて選ぶようにしよう。

取付けを業者に依頼する場合、工賃の相場は1~2万円程度といわれている。事前に見積もりを取って確認すると良いだろう。

ウォシュレットの取付け作業は自分で行う?業者に頼む?

ウォシュレットの取付け作業は自分で行うこともできなくはない。インターネットで調べれば、ウォシュレットの取り付け方法は掲載されている。

しかし、実際のところ未経験の人が取り付けを行うことで、部品の取り付けミス等が原因となり、水漏れが発生するケースもあるようだ。物件の壁や便器に工事跡が残ってしまい、退去時に予想外の出費が発生するおそれもある。安全を考え、取り付けは業者に頼むのがよいだろう。

どんなタイプのウォシュレットが売られている?

ウォシュレットには大きく分けて、貯湯式(ちょとうしき)と瞬間式の2種類がある。

貯湯式は洗浄用のお湯が常にタンクの中で保温されているタイプ。電気ポットをイメージするとわかりやすいだろう。
常にお湯を保温しているため、電気代は後述する瞬間式よりは割高だ。機能はシンプルでわかりやすいものが多く、初めての利用者におすすめと言えるだろう。

一方の瞬間式は、洗浄水が通るパイプにヒーターが内蔵されており、洗浄時にこのパイプ内で温められてお湯が出るタイプである。本体価格は高めにはなるが、電気代は瞬間式の方が安くなる。

貯湯式ウォシュレット・瞬間式ウォシュレットの違い

種類 貯湯式 瞬間式
本体価格 10,000円~ 25,000円~
電気代 高め 安め
湯切れ あり なし
機能 シンプルでわかりやすい 機能が充実
種類 貯湯式 瞬間式
本体価格 10,000円~ 25,000円~
電気代 高め 安め
湯切れ あり なし
機能 シンプルでわかりやすい 機能が充実


後付けされるウォシュレット

ウォシュレットの種類別の特徴を知ろう

ウォシュレットはどこで売られている?

ウォシュレットを後付けする場合、どこで購入すれば良いだろうか。

ウォシュレットの購入場所① 家電量販店

ウォシュレット・温水洗浄便座はさまざまなメーカーから発売されており、種類や性能も色々だ。まずは家電量販店に足を運んで実際に見てみるといいだろう。

品ぞろえが豊富で、かつ実際に商品を目で見て購入できるのがメリットだ。

ウォシュレットの購入場所② 町の電器屋さん

ウォシュレットは町の電器屋さんでも取り扱っている。家電量販店と同様、実際に商品を見比べられること、丁寧な対応が期待できることがメリット。また店によっては、大手家電量販店よりも取付工事を早めに手配してくれることも。早く取付けしたいという人は検討してみると良いだろう。

ウォシュレットの購入場所③ インターネット通販

インターネット通販で購入することも可能だ。大手ショッピングサイトのほか、メーカーの独自サイトから購入することも可能だ。

インターネット通販は送料まで含めても格安で販売していることが多く、なるべく安く購入したいのであればインターネット通販を利用すると良いだろう。

お店に売られている後付けウォシュレット

家電量販店・電器店のほか、ネットでの購入も可能だ

後付けだけでなく最近では携帯できるウォシュレットも売られている

ウォシュレットの取り付けが面倒な人は、携帯ウォシュレットを購入するという方法もある。

携帯ウォシュレットとは、カバンに入れることもできるハンディーサイズの洗浄機だ。自宅の便座がウォシュレットが取り付けできない場合のほか、旅行先やアウトドア、災害への備えなどさまざまなシーンで活用することができるだろう。

おすすめの携帯ウォシュレット

TOTO 【いつでもどこでも】携帯ウォシュレット YEW350【いつでもどこでも】携帯ウォシュレット YEW350
TOTO ¥ 6,000

シンプルで持ち運びやすいTOTOの携帯ウォシュレット。シンプルなデザインに、水圧も強力。使う人のことを考えた携帯ウォシュレット。初めての購入を考えている人へおすすめ。

TRIPLE TREE ウォシュレット小型 携帯洗浄器 お尻洗浄器 電動式携帯 2モード 180度調節 IPX6防水 スマート 215g 静音 トイレシャワー 1年間保証 洗浄器ウォシュレット小型
TRIPLE TREE ¥ 2,090

2000円で買える手ごろなウォシュレット。180度回転するノズルが付いており、使いやすい角度に曲がって便利。

あなたの理想にあったお部屋もおまかせ! 物件探しを専門スタッフがオンラインでサポート!

賃貸物件であっても、ウォシュレット・温水洗浄便座を後から取り付けることは可能だ。ただし、取り付ける前に必ず大家さんの許可をもらうようにしよう。

今住んでいる物件のトイレにウォシュレットが取り付けられない。後付けしたいが、工事が面倒! そんな場合は、次の引越しでウォシュレットのある部屋を選んでみては?

人気条件の部屋探しも、「CHINTAIエージェント」におまかせ! お部屋探しの専門家が、オンラインであなたのお部屋探しをサポートしてくれる。

登録して待つだけで部屋を探してもらえるCHINTAIエージェント

使い方は簡単。LINEアプリで「CHINTAIエージェント」を友だち登録し、7問のお部屋探しにまつわる質問に答えるだけ。待っているだけで、あなたにピッタリの物件をスタッフが探してくれる。

初期費用などの相談だってOK。自分にピッタリの物件を楽して見つけたいなら、「CHINTAIエージェント」へ!

▼「CHINTAIエージェント」ってどんなサービス?詳しく知りたい方はこちらをチェック!
マンガでわかる!いい部屋が手軽に見つかる裏ワザ。お部屋探し代行WEBサービス活用のススメ

マンガでわかる!いい部屋が手軽に見つかる裏ワザ。お部屋探し代行WEBサービス活用のススメ

文=松本和博
平成23年度 宅地建物取引士試験合格。不動産と住宅関連の分野を中心にWEBコンテンツ執筆、書籍制作協力等を行う不動産ライター。

二人暮らし向けの賃貸物件はこちら!

あなたにあったお部屋探し ネットでCHINTAIで見つけよう
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
みんなの流行ランキング
CHINTAIピックアップ!
カテゴリー
アーカイブ
チンタイガー公式twitterアカウント@CHINTiger