よりよいお部屋探しや賃貸物件の検索に役立つ記事が満載のCHINTAI情報局

全国トップ > CHINTAI情報局 > 賃貸の基礎知識 > 家賃の値下げはできるの? 賃貸物件における家賃交渉のホントのところ

家賃の値下げはできるの? 賃貸物件における家賃交渉のホントのところ

家賃の交渉には勇気がいるもの。値下げは可能なの?

賃貸物件を借りる時、必ず確認するのが家賃だ。自分のニーズに合った良い物件が見つかったら、できるだけ安く借りたいのが正直なところ……。しかし、大家さんもさまざまな理由で家賃設定をしているのだから、なかなか「値下げしてください」とも言いづらい。

家賃交渉なんてしたことがないし、やり方も分からない。そもそも、家賃交渉なんてできるのか? そんな悩みを抱えている方のために、家賃交渉の成功率や、交渉方法について調べてみた。

なかなか言い出しにくい家賃交渉

なかなか言い出しにくい家賃交渉

そもそも家賃交渉って可能なの?

まず前提として、家賃交渉にトライすること自体は問題ない。ただし以下の理由から、「必ず成功するとは限らない」ということを念頭におく必要がある。

家賃は大家さんにとって、賃貸経営に必要な資金源

賃貸物件の家賃は大家さんの「不労所得」として全て大家さんの懐に入る……というわけではない。家賃収入は、大家さんが物件を建設・購入した際のローン支払いや、建物や外壁などの定期的な修繕、入居者が退去した後のリフォームなど、長期的な賃貸経営に必要な資金をきちんと捻出できるように設定されている。このため、大家さんとしても家賃の値下げを受け入れることは難しいものだ。

家賃交渉を行う場合、窓口は不動産会社

また家賃の値下げ交渉を行う場合、基本的に家賃交渉をする相手は大家さんではなく、窓口となる不動産仲介会社の担当者となる。不動産会社からすれば、入居希望者だけでなく、大家さんも大事なお客様。無理に家賃交渉をすることで、大家さんの関係が悪くなるのは避けたいはずだ。これらの事情から、家賃交渉に成功する確率はそこまで高くないということを知っておこう。

家賃交渉がしやすい時期・しにくい時期

家賃交渉を試みる場合、比較的交渉しやすい時期と、交渉が難しい時期がある。

繁忙期は家賃交渉の難易度が上がりやすい

物件を探す人が増えるタイミングは1月〜3月。これは、4月から進学・就職などで新生活をスタートさせる人が多いためだ。また、社会人の異動や転勤が増える9月〜10月上旬も比較的引越しする人が多い。

これらの時期は賃貸物件の入居希望者が多いため、大家さんがあらかじめ設定した家賃でも、契約してくれる入居者が見つかる可能性が高い。このため、繁忙期に家賃交渉をするのは避けた方が無難である。

閑散期の7〜8月は、比較的家賃交渉がしやすい

一方、一年のうちで引越しをする人が少なくなる7月〜8月であれば、家賃交渉が成功する確率がある。引越しの需要が比較的少ない時期となるので、空室が続いている物件であれば、大家さんも家賃の値下げに応じる大家さんもいるようだ。

この時期に引越しを考えていて家賃を抑えたい人は、一度不動産会社に相談してみるのも良いだろう。


家賃交渉に応じてもらいやすい物件とは?

家賃交渉の余地がある物件の見極め方

やみくもに「家賃を下げてください」と言っても、家賃交渉を成功させることは難しい。ここでは、比較的家賃交渉に応じてもらいやすい物件の見極め方を紹介する。

新築などの人気物件は家賃交渉がしにくい

「新築である」「駅から近い」「住宅設備が整っている」など、人気要素が多い物件は家賃交渉が難しいと言われている。当然だが、人気のある物件は入居希望者も多く、値下げをしなくても住人が見つかる可能性が高いためである。人気物件における家賃交渉は避けた方が良いといえるだろう。

空室期間が長い物件

住みたい物件が見つかったら、可能であれば空室期間を調べてみよう。不動産会社に聞けば教えてもらえる可能性もある。もし、長い空室期間があれば、大家さんが家賃の値下げを検討してくれる可能性もある。

周辺エリアの家賃相場より家賃が高い物件

住みたいエリアの家賃相場を調べ、入居したい物件の家賃と比較してみよう。もし希望物件の方が高い家賃であれば、家賃相場に合わせた金額に交渉をしてみるのもひとつの手だ。

家賃交渉のコツ

コツを押さえて家賃交渉をしてみよう

コツを押さえて家賃交渉をしてみよう

家賃交渉をする際は、以下の点を意識してみよう。

入居したいという「本気度」を伝える

もしも入居したい物件が少しだけ予算オーバーだったという場合は、「家賃をあと2000円値下げしてもらえれば入居します」等と具体的な希望を伝えよう。この物件を気に入っていて、値下げしてもらえた暁には必ず入居申し込みをするという「本気度」を伝えれば、大家さんも交渉に応じてくれる可能性が高まる。

礼金やフリーレントなど、家賃の値下げ以外の部分で交渉をしてみる

物件を借りる時に初期費用がネックなのであれば、礼金など家賃以外の値下げを交渉してみよう。そのほか、一定期間のみ家賃の免除が受けられる「フリーレント」を交渉してみるのもひとつの手。他の入居者の手前、家賃の値下げには応じづらいという大家さんも、フリーレントであれば交渉に応じてくれる場合もある。

賃貸物件を借りる時に家賃交渉をすることはできるけれど……

賃貸物件の家賃は、大家さんが建物のローン返済や修繕費など、賃貸経営を行う上で採算がとれるように設定されている。家賃交渉にトライすること自体は問題ないが、実際値下げに応じるかどうかは大家さんが決めることだ。必ず成功するとは限らないということを念頭において、謙虚な姿勢を忘れないことが大切だ。

お得な賃貸物件を探したい!そんな時は不動産のプロに探してもらおう!

登録して待つだけで部屋を探してもらえるCHINTAIエージェント

引越ししたいけれどお金がない、なかなか予算内で希望に合う物件が見つからない! そんなときは、「CHINTAIエージェント」におまかせ! お部屋探しの専門家が、オンラインであなたのお部屋探しをサポートしてくれる。

使い方は簡単。LINEアプリで「CHINTAIエージェント」を友だち登録し、7問のお部屋探しにまつわる質問に答えるだけ。待っているだけで、あなたにピッタリの物件をスタッフが探してくれる。

初期費用の相談だってOK。自分にピッタリの家賃がお得な物件を楽して見つけたいなら、「CHINTAIエージェント」へ!


▼「CHINTAIエージェント」ってどんなサービス?詳しく知りたい方はこちらをチェック!
LINEのやりとりだけでラクして良い物件が見つかる!? 今ドキの部屋探しサービス

CHINTAIエージェント

文=宅野美穂(株式会社YOSCA)

一人暮らし向けの賃貸物件はこちら!

あなたにあったお部屋探し ネットでCHINTAIで見つけよう
あなたにあったお部屋探し ネットでCHINTAIで見つけよう
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
みんなの流行ランキング
CHINTAIピックアップ!
カテゴリー
アーカイブ
チンタイガー公式twitterアカウント@CHINTiger