家賃の値下げ交渉の方法は?コツや適したタイミングを解説

公開日:
最終更新日:

そもそも家賃交渉ってできるの?

家賃の交渉には勇気がいるもの。値下げは可能なの?
なかなか言い出しにくい家賃交渉

賃貸物件を借りるとき、最初に確認するのは家賃ではないだろうか。自分のニーズに合った良い物件が見つかったら、できるだけ安く借りたいと思うのが心情だ。しかし、大家さんにいきなり「値下げしてください」とは言い出しづらい。

そこで今回は、家賃交渉に適したタイミングや具体的な交渉方法について解説する。

そもそも、賃貸物件の家賃はどんな基準で決められている?

賃貸物件の家賃は、主に「積算法」と「賃貸事例比較法」のどちらかによって決められている。

積算法とは、大家さんが元手となる費用に対して、どの程度の利益を上げたいかによって適切な家賃を割り出す計算法のことを指す。

一方、賃貸事例比較法とは立地や築年数、構造や間取り、設備といった条件が似ているほかの物件と比較しながら家賃を決める計算法のことを指す。

積算法は、主に不動産売買取引額を決める際に用いられ、家賃の決定に使われることはあまりない。そのため、賃貸物件の家賃は「賃貸事例比較法」で決められるのが一般的だ。

家賃交渉を行うことは可能!ただし成功するとは限らない

成功するかどうかは状況次第だが、基本的にどんな賃貸物件でも家賃交渉をすること自体は可能だ。不動産会社や大家さんにとっても、家賃交渉されることは日常的なことなので、特に遠慮することはない。

ただし、家賃は賃貸物件のローンの支払い、定期的な修繕・リフォームなど、大家さんにとって賃貸物件経営に必要な資金となる。

そのため、家賃交渉交渉が失敗に終わることも珍しくない。

家賃交渉を行う相手は、不動産会社もしくは管理会社

家賃交渉をしようと思った場合、どこに連絡すればいいのだろうか?

具体的な家賃額を最終的に決めるのは大家さんである。しかし、不動産会社が物件を紹介している場合や、管理会社が入っている場合、交渉相手は大家さんではなく不動産会社や管理会社となる。入居前に不動産会社から物件を紹介してもらう際は、不動産会社に家賃交渉をしよう。

また、入居後の場合は賃貸物件の管理形態によって交渉先が変わってくるので、家賃交渉するときは以下の表を参考にしてほしい。

入居後の家賃交渉先

家賃の振込先管理形態家賃の交渉先
大家さんオーナーによる自主管理物件を紹介してもらった不動産会社
不動産会社管理会社管理会社

家賃を大家さんに振り込んでいる場合、家賃の交渉先は物件を紹介してもらった不動産会社で問題ない。

注意が必要なのが、家賃の振込先が不動産会社になっているケースだ。

家賃の振込先が不動産会社の場合、物件を管理しているのは物件を紹介してもらった不動産会社ではなく、管理会社である可能性が高い。このケースの交渉先は、管理会社となる。

家賃交渉に適したタイミング

家賃交渉には適したタイミングがある。オススメなのは以下のとおりだ。

  • 入居前の場合:閑散期の5月~9月上旬
  • 入居後の場合:契約を更新するタイミング

ここではそれぞれについて、詳しく解説していく。

家賃交渉に適したタイミング:繁忙期は家賃交渉の難易度が上がりやすい

5月〜9月の上旬は、引越しの閑散期といわれており、場合によっては家賃の値下げに応じてもらえる可能性もある。この時期に引越しを考えていて家賃を抑えたい人は、一度不動産会社に相談してみるのも良いだろう。

家賃交渉に適したタイミング:閑散期の7〜8月は、比較的家賃交渉がしやすい

一方で、物件を探す人が増えるタイミングは1月〜3月。これは、4月から進学・就職などで新生活をスタートさせる人が多いためだ。また、社会人の異動や転勤が増える9月中旬〜10月も比較的引越しする人が多い。

これらの時期は賃貸物件への入居希望者が多く、大家さんがあらかじめ設定していた家賃でも入居者が見つかる可能性が高いことから、家賃交渉を受けてもらいにくい。そのため、繁忙期の家賃交渉は避けるのが無難だといえる。

家賃交渉に適したタイミング:契約を更新するタイミング

一般的には入居前に家賃交渉を行うケースが多いが、入居後に交渉することも少なくはない。

入居後に家賃交渉する場合は、契約を更新するタイミングで行うのが良いだろう。契約更新は賃貸契約自体を見直す機会であるのと同時に、家賃交渉をしやすい時期でもあるからだ。これまで特に問題なく家賃を支払い続けていれば、家賃交渉に応じてもらえる可能性も高まる。

次ページからは、家賃交渉に応じてもらいやすい物件の特徴をご紹介!

12
>
リンクをコピー
関連記事関連記事