よりよいお部屋探しや賃貸物件の検索に役立つ記事が満載のCHINTAI情報局

全国トップ > CHINTAI情報局 > 賃貸の基礎知識 > 賃貸で暮らしていて立ち退きを求められたら?対応法や交渉のポイント

賃貸で暮らしていて立ち退きを求められたら?対応法や交渉のポイント

賃貸物件の大家さんから立ち退きを求められた場合の対処法

賃貸住宅を借りて住んでいる時に、大家さんから立ち退きを求められたり、立ち退きを要求する書面が送られてくることがある。平穏に暮らしている借主からすると、急な立ち退き要求は受け入れがたい。

今回は、大家さんから立ち退きを求められた時の対処法や、交渉のしかたについて紹介する。

賃貸物件の立ち退き請求、どう対応したらいい?

賃貸物件の立ち退き請求、どう対応したらいい?

まずは立ち退き請求書の内容を確認する

大家さんが、賃貸住宅として貸し出している所有物件に住んでいる借主に立ち退いてもらいたい事情がある場合、借主に対して立ち退き請求書を郵送することがある。立ち退き請求書に書いてある内容をまずはしっかりと確認することが大切である。

立ち退き請求書

まずは立ち退き請求書の内容をしっかりチェック

立ち退き請求書とは?

大家さんが、貸し出している所有物件に住んでいる借主に対し、立ち退きを要求する際に渡す書面を立ち退き請求書という。立ち退きを求める理由や時期、立ち退き料の有無などが記載されている。

通常、大家さんが借主に対して立ち退きを要求する場合は、賃貸契約更新の1年〜半年前に行わなければいけないと法律で定められている(借地借家法第26条)ため、立ち退き請求書はこの時期に渡されることになる。

立ち退きを要求する理由が正当なものかを確認する

立ち退き通知書を受け取ると、不安や動揺でつい冷静さを欠いてしまうことも少なくない。しかしこれまで賃貸契約の内容に従って生活してきたのであれば借主側に落ち度はないのだから、冷静に対応したい。

大家さんが入居者に立ち退きを要求する場合は、その「正当な理由」がければ立ち退きを要求できないとされている(借地借家法第28条)。正当な理由とは次のようなものが挙げられる。

重要なのは賃貸借契約書の内容|賃貸で立ち退き通知書が来た時に押さえたい交渉のポイント

重要なのは賃貸借契約書の内容

立ち退きを要求する理由①建物の老朽化による建て替え工事を行う

建物の構造にもよるが、建築後30年前後あたりから建物の老朽化が進み、耐震性などに支障が出てくることがある。老朽化による補強や建て替えの工事を行いたい場合、借主に立ち退きを求めることが多い。

立ち退きを要求する理由②建物を貸主が必要とする事情ができた

たとえば転勤で遠方に居住していた大家さんが戻ってくる場合、所有物である建物で生活するために借主に立ち退きを求めるケースがある。

立ち退きを要求する理由③借主側の契約違反が発覚した

たとえばペット飼育禁止という内容で賃貸借契約を交わしているにもかかわらず、借主がペットを飼っていた場合や、家賃を長期間滞納している場合などは、賃貸借契約違反として大家さんは借主に立ち退きを求めることができる。

立ち退き請求には強制力はない。まずは賃貸借契約書を見直そう

立ち退きを要求する「正当な事由」について見てきた。しかし、借地借家法では、賃貸借契約の解約は貸主と入居者の双方が合意しない限り行うことができないとされている。

つまり、借主の契約違反があった場合は話は別だが、大家さん都合での賃貸の立ち退きの場合は、いくら「正当な理由」があっても強制的に応じなければならないものではない。

まずは賃貸物件を借りる際に交わした契約書の中身を見直し、立ち退き通知書に記載されている内容が妥当なものかを判断しなければならない。「家賃」「禁止事項」「契約の解除」「更新」といった項目を重点的にチェックしよう。

たとえば、建物の賃貸借契約が2年間だった場合、期間が満了したら即立ち退かなければならないわけではない。契約書において契約期間が満了ののちに借主から契約更新しない旨を伝えない限りは自動更新となるといった契約であれば、期間満了後は賃貸借契約が更新されてさらに2年間の賃貸借契約が結ばれるのが一般的だ。

大家さんが期間満了を理由に立ち退いて欲しいと要求してきたとしても、自動更新が基本の契約で、さらに借主自身も居住続行を望んでいる場合は、大家さんの要求は契約違反となるため契約を強制的に終了することはできない。

大家さん都合の立ち退きでの交渉のしかた

借主側の契約違反で立ち退きを要求されたのであれば、立ち退き要求に速やかに応じて退去しなければならない。一方、大家さん都合で立ち退き要求を受けた場合は、借主の日常生活に支障が出ないように交渉することが重要である。

生活に支障が出ないようしっかり交渉したい|賃貸で立ち退き通知書が来た時に押さえたい交渉のポイント

生活に支障が出ないようしっかり交渉したい

立ち退きでの交渉法①立ち退き料を求める

大家さん都合で立ち退き要求を受けた場合、契約期間が満了になっていないのであれば立ち退き料を要求できる。

立ち退き料の主な意味合いは、借主が新しい賃貸物件を契約するための費用を大家さんが負担することだ。立ち退き理由や立ち退きまでの期限によっては、補償金の意味合いも含むことがある。その場合は実費に補償分が加算される。

立ち退きでの交渉法②引越し代金を求める

立ち退きには引越しを伴うため、これにかかる費用も借主が大家さんに求められる。引越し費用の実費に加え、知人への引越し通知にかかる費用を雑費として上乗せしてほしいという交渉もするべきだ。

立ち退きでの交渉法③居住の継続をしたい場合

家賃や建物の立地などに満足していて、立ち退きたくないという場合もあるだろう。しかし立ち退き要求の理由が先に挙げた正当な理由である場合、実質的には居住の継続は難しいことがほとんどだ。

借主は、立ち退き料の金額や立ち退きの期限などにおいてできる限り希望に近い内容になるよう交渉もできる。希望の条件まで妥協せず、交渉を続けるべきである。

立ち退き請求には落ち着いて対応を!

突然立ち退き請求を受けると、どう対応していいか分からず迷う人がほとんどだろう。大家さんと話し合い、納得のいく条件で合意できればよいのだが、大家さんから一方的に立ち退きを要求されたり、無理のある要求を押し付けられる場合もあるかもしれない。

条件交渉が難航したら、当事者同士での話し合いは早々に切り上げて、弁護士などの第三者を入れて解決することを考えよう。まずは慌てずに、この記事で紹介した流れに沿って交渉をしていくことをおすすめしたい。

文=こうのゆみ子

一人暮らし向けの賃貸物件はこちら!

あなたにあったお部屋探し ネットでCHINTAIで見つけよう
あなたにあったお部屋探し ネットでCHINTAIで見つけよう
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
みんなの流行ランキング
CHINTAIピックアップ!
カテゴリー
アーカイブ
チンタイガー公式twitterアカウント@CHINTiger