よりよいお部屋探しや賃貸物件の検索に役立つ記事が満載のCHINTAI情報局

全国トップ > CHINTAI情報局 > 家事 > 買い替え・交換時期はいつ? キッチンスポンジをいつでも清潔、快適に使う3つのコツ

買い替え・交換時期はいつ? キッチンスポンジをいつでも清潔、快適に使う3つのコツ

案外知られていないスポンジの使い方のコツとは

毎日の家事で使用するキッチン用品。中でもキッチンスポンジの使用頻度は高いのでは? いつも通り食器洗いをしているのになんとなく汚れ落ちが悪い、使いにくいと感じたらキッチンスポンジの交換時期がやってきたのかも。

キッチンスポンジは消耗品のため、劣化具合によって食器洗いの仕上がりの質が変わってきてしまう。そこで買い替え時期のサインやメンテナンス方法など快適にキッチンスポンジを使用するための3つのコツをご紹介しよう。

▽関連記事
水切りカゴは使わない!一人暮らしの狭いキッチンで役立つ代用アイテム3選

コツその1:交換のチェックポイントを知る

毎日のように使用していると、使用感に慣れてしまって「こんなもの」と思い込み劣化していても気づかないことがある。劣化したスポンジを使用することでどのような影響があるのか理解しておくと、そろそろ交換時期かな?というタイミングがわかってくるのだ。

スポンジ交換のサイン1.泡立ちが悪くなる

泡立ちが悪くなったスポンジ

言われてみれば、泡立ちってあんまり意識しないかも…!

汚れ落ちをよくするためには、たっぷりの洗剤の泡を立たせることが大切。洗剤を頻繁に足さないと泡立たなくなる、きめ細やかな泡が出なくなるのはスポンジ内部の繊維が摩耗してスカスカになり、空気を含まなくなってしまっている証拠だ。

スポンジ交換のサイン2.水切れが悪くなる

水切れが悪くなったスポンジ

よくみたら、スポンジのボリュームがなくなってきているのがわかります

水気を切ることは雑菌の繁殖を防ぐ上でも大切。全体的につぶれてボリュームがなくなり何度絞ってもすっきりせず、中の方まで湿っている感覚がするのは繊維の劣化によって中の空間がつぶれてきているから。これも買い替え時期の目安だ。

スポンジ交換のサイン3.表面が変質してくる

表面が変質したスポンジ

表面の繊維が崩れてきたら交換のサインかも!

固めの調理器具や汚れの酷い食器をしっかり擦り洗いするためにも、表面の繊維が整っていることが大事。固さがなくなる、表面が凸凹してまだらになる、剥がれ始める等、表面の材質の劣化が生じると、しつこい汚れに対する洗浄力が下がってしまう。

コツその2:交換日を定める

「〇日は交換日」など覚えやすい日を月に1度(または週に1日)決めてスポンジの劣化を意識してチェックし交換する日を定めておこう。「交換日」を定めることで「なんとなく長期間使ってしまう」ということが防げ、定期的に劣化状態をチェックすることができるからだ。毎月1日、毎週月曜日等覚えやすい日を定めると忘れにくいだろう。

定期的な交換日を繰り返していくと「1ヶ月くらい」「2週間くらい」と、自分の使用しているスポンジの消耗期間がわかってくる。交換スパンを把握することで、買い置き等のストックの無駄も省くことができるのだ。

コツその3:清潔に使用するためのメンテナンス

食中毒防止の観点からも、キッチンスポンジの衛生面はとても大切。水を多く使用するキッチンスポンジは、雑菌が繁殖しやすい環境になっている。雑菌の繁殖の原因は「湿度、温度、栄養」。この3つを意識して対策を取ることが大事だ。

スポンジのメンテナンス方法1.こまめな殺菌

一番手軽で有効な殺菌方法は、「熱湯に30秒漬け込む」こと。殺菌の前には、しっかり洗浄して洗剤分や食品カスを洗い流すことを忘れずに。できれば、毎日家事の終わりに熱湯消毒をするとよいだろう。ただし、スポンジには耐熱温度があるため品質劣化の原因につながることもあるので要注意。このため、熱湯消毒可能なスポンジを選ぶと安心だ。

他にも酸素系漂白剤、塩素系漂白剤など洗剤の力で漬け置き殺菌する方法も。こちらもスポンジの材質によっては漂白剤が使用できないものもあるので、スポンジ選びの際のポイントにするとよいだろう。

スポンジのメンテナンス方法2.乾燥させる

湿度を下げるためにも、なるべく乾燥状態にしておくことが大切。水気のたまりにくいスポンジホルダーを選んだり、ピンチに挟んで吊るして干したり、天日干しをするなどして乾燥状態を作るようにしよう。

スポンジのメンテナンス方法3.形状にこだわる

速乾性のあるメッシュ素材のクロス

はじめてみたよという人も多いのでは…!?速乾性のあるメッシュ素材のクロス

湿度の高い季節はスポンジではなく、速乾性のあるメッシュ素材のクロスを食器洗いに使用するという考え方も一案だ。クロスタイプでも泡立ちがよく手でしっかり食器をつかんで洗うことができ、様々な商品も販売されている。

使用済みのその後も考える

本来の機能を失ったキッチンスポンジでも、場所を変えればまだ役立つことがある。例えばベランダの側溝を磨く、玄関フロアを磨く、排水口の掃除をする等最後までしっかり使い、道具に感謝をして廃棄すれば気分もスッキリするだろう。

まとめ

キッチンスポンジの交換やメンテナンスは食器洗いの質の向上だけでなく、食物を扱うキッチンでは衛生面でもとても大切だ。また、新しい道具をおろすことで家事に対する意欲も出て、やる気にもつながることだろう。毎日続く家事だからこそ、リフレッシュしながら楽しんで頑張ろう!

キッチンをおしゃれで清潔に!便利に使えるキッチン雑貨

水切りカゴは使わない!一人暮らしの狭いキッチンで役立つ代用アイテム3選   いつでも清潔なキッチンをキープ! 場所別・おすすめキッチン掃除アイテム5選   機能もデザインもいい。一人暮らしに取り入れたい憧れキッチン雑貨4選
水切りカゴは使わない!
一人暮らしの狭いキッチンで
役立つ代用アイテム3選
  清潔なキッチンをキープ!
場所別・キッチン
掃除アイテム5選
  機能もデザインもいい。
一人暮らしに取り入れたい
憧れキッチン雑貨4選

取材協力:おそうじペコ
掃除研究家。ハウスキーピングコーディネーター2級、掃除能力検定士5級。掃除が趣味の主婦として開設したブログ「暮らしを楽しむお掃除エッセンス」が人気を呼び、雑誌・連載・執筆などで活躍。掃除に関する著書も多数

一人暮らし向けの賃貸物件はこちら!

あなたにあったお部屋探し ネットでCHINTAIで見つけよう
ホテル暮らし・ホテルステイで街をお試し!
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
CHINTAIピックアップ!
カテゴリー
アーカイブ
チンタイガー公式twitterアカウント@CHINTiger