よりよいお部屋探しや賃貸物件の検索に役立つ記事が満載のCHINTAI情報局

全国トップ > CHINTAI情報局 > 部屋探し > 賃貸物件の家賃が安い時期って? お得に新生活を始めるなら夏が狙い目!

賃貸物件の家賃が安い時期って? お得に新生活を始めるなら夏が狙い目!

賃貸物件にお得に入居できる時期って? 家賃交渉しやすい時期があるって本当?

引越し時期を選べるのなら、できるだけ家賃が安い時期を選びたい。特に進学、就職などで引越しをする人が増える2月~3月には家賃の値下げ交渉はしにくいが、オフシーズンを狙えば相場より安い家賃で契約できる可能性もある。1年のうち、物件の家賃が安くなる時期について詳しく解説する。

家賃が安くなる時期を把握しよう

賃貸物件の家賃が変動する理由

引越しには「オンシーズン」と「オフシーズン」がある。1月から4月上旬にかけては進学、就職、転勤などで引越しする人が多い時期なので、引越しのオンシーズンといわれている。

学生であれば、推薦入試やAO入試などで早く進学先が決まる場合には12月頃から、一般入試での入学を目指す学生も、合格する前の1、2月から物件探しを始める人が多く、不動産会社も繁忙期に入る。また、新社会人や転勤が決まった社会人にとっても、12月から4月上旬にかけては物件を探す時期となる。

オンシーズンには家賃を下げずとも入居希望者が見つかる場合が多いため、大家さんや不動産会社も家賃の値下げ交渉に応じてくれない場合が多いのだ。

4月中旬から8月がオフシーズン

一方、4月中旬になると引越しピークが過ぎ去り、オフシーズンとなる。引っ越し需要が減っていくと、大家さんも早く空室を埋めたいという気持ちになるため、家賃を下げて募集をかけ直す場合もある。また、値下げ交渉についても有利に進められる場合がある。

特にオフシーズンの部屋探しは6月~8月が狙い目! 年度初めとなる4月に転勤となった人の引越し需要もゴールデンウィーク頃には一旦収束。異動や転勤などを行う企業が少ない時期で、暑い夏の時期には引っ越しを計画する人も減るため、家賃の値下げ交渉がしやすい。

ただし、家賃を下げると他の入居者からクレームがくることもあるため、大家さんとしては礼金を値下げしたり、入居後一定期間の家賃を無料にする「フリーレント」などのほうが応じやすい。家賃の値下げ交渉が難航する場合は、礼金の値下げやフリーレントの交渉ができないか相談しよう。

転勤・異動などが少ない夏の時期は狙い目!

転勤・異動などが少ない夏の時期は狙い目!

次のページでは、オフシーズンに引越すメリット・デメリットを紹介!


12
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
CHINTAIピックアップ!
カテゴリー
アーカイブ
チンタイガー公式twitterアカウント@CHINTiger