賃貸物件の仮押さえってできるの?キャンセル可能な期間やかかる費用、マナーなどの注意点とは

公開日:
最終更新日:

賃貸でも仮押さえは可能? 不動産業界でのルールやマナーはあるの?

気に入った物件をキープしたいときに使う「仮押さえ」という言葉がある。賃貸物件において「仮押さえ」は可能なのか、実際にどんなシーンで使えるのかわからないという方も多いのではないだろうか。

今回は、不動産業界における仮押さえの概要について解説していく。また、方法や期間、費用なども詳しく解説していくので、これから物件探しを進めていくという方は参考にしてほしい。

賃貸物件は予約できない
賃貸物件にも「仮押さえ」制度はある?

賃貸物件の「仮押さえ」とは、入居申込みと同じ意味

部屋探しを行う際、一度の内見では入居したい物件を決めきれず、「返事を保留にしたい」と思うこともあるだろう。ただ、迷っているうちに気になっていた物件に他の人から申込みが入ってしまうこともありえる。賃貸物件において「仮押さえ」ができるのかどうかは非常に気になるところだ。

実は、正確に言えば、賃貸物件では物件の「仮押さえ」という制度はない。ただし、不動産会社の営業さんが「仮押さえしておきましょう」という言い方をすることがある。この場合の「仮押さえ」という言葉は、いわゆる「予約」のことではなく、入居申込みのことを指す。「賃貸物件では仮押さえ=入居申込みのこと」と覚えておこう。内見を済ませて入居申込書を提出することで、入居審査を受けている間は物件が押さえられた状態となる。

賃貸物件の仮押さえを行う場合に必要な費用

入居申込書提出の際、不動産会社によっては申込金が必要な場合がある。申込金の扱いについては、東京都都市整備局のサイトに記載されているので引用する。

“物件を見学して気に入ると売主業者や媒介(仲介)から購入申込書とともに申込金の支払を求められることがあります。申込みをキャンセルしたときに、申込金の返還をめぐりトラブルになることがありますが、申込金を預かった宅建業者は、申込者が申込みをキャンセルしたとき、当該申込金(「預り金」)の返還を拒むことを禁止しています”

“したがって、申込金は返してもらえますが、申込金を支払うときは、キャンセル(撤回)の際、返してもらえることを確認しておきましょう。”

出典:「東京都都市整備局サイト内「不動産取引の手引き」

このように、もし入居申込みをキャンセルする場合には、申込金は返却される。一方、賃貸契約が成立した場合には、支払った申込金は敷金や礼金などの支払いに充当される。このことも、念のため支払い時に不動産会社へきちんと確認しておきたい。

申込金として支払う金額は家賃1ヶ月分までが通例だが、持ち合わせの金額で大丈夫、という不動産会社も多い。

申込金を支払う場合は「預かり証」を確実にもらうこと

申込金を渡す場合は、必ず「預かり証」を発行してもらおう。発行の際、会社印や日付、金額に間違いがないかの確認も忘れずに。申込金のことは、預かり証の上では「預かり金」と書かれていることも確認する。「手付金」と書かれていると、支払ったお金の意味合いが変わり、返金されないので注意しよう。

申込金が返却されずに困っている場合は、各都道府県の不動産相談窓口に相談しよう。

入居申込み後のキャンセルは可能?

一度行った入居申込みのキャンセルについて、多くの人ができないと思ってしまいがちだが、入居申込書を提出してから賃貸契約を結ぶまでの間に、入居申込みをキャンセルすることは可能だ。ただし、契約書を交わしていなくても、入居審査を通過して「重要事項説明」を受けると契約の意思があるものとみなされる。

重要事項説明とは、物件の状態・契約条件などについて宅地建物取引士からなされる詳しい説明のこと。消費者が契約内容を十分に理解してから契約を結べるよう、宅地や建物に関する取引の際には必ず行うよう定められている。

重要事項説明を受けた後は、預かり金を返金不能な「手付金」として処理される場合がある。この場合は入居申込みをキャンセルしても、支払った申込金は戻ってこない。

このように重要事項説明を受ける・受けないは重要なポイントなので、キャンセルの可能性がある場合は、重要事項説明を受ける前、できれば可能な限り早く不動産会社に連絡しよう。

キャンセルができるか、申込金が返ってくるのかは状況によって対応が異なるため、どのようなケースであれば可能なのかをあらかじめ確認しておくことが重要だ。ここからは、入居審査に落ちた場合と、自己都合である場合の違いを見ていこう。

入居申込みの際に申込金(預かり金)が必要な場合もある
入居申込みの際に申込金(預かり金)が必要な場合もある

入居審査に落ちた場合

賃貸物件を借りる際に行われる入居審査に落ちた場合は、申込み後であっても自動的にキャンセル扱いになる。不動産業者が審査する基準は、申込書に書かれた職業などの情報によって判断する支払い能力の有無と、不動産会社の担当者による人物評価などである。

また、家賃保証会社と契約する場合には不動産会社による審査とは別に、家賃保証会社による審査も行われる。

自己都合の場合

何らかの理由で入居申し込みをキャンセルしたい場合は、速やかに家主側に伝えなければならない。キャンセルを申し出たタイミングが契約前であれば申込金は戻ってくるが、契約後だと返金されなくなってしまう恐れがある。

仮押さえが可能な期間とは

仮押さえが可能な期間は、入居申込書の提出から入居審査が行われる間の2日~1週間程度。入居審査にかかる時間は人それぞれなので、この期間には幅がある。ただし、この期間は基本的に申込者から「この期間は押さえておいてほしい」と指定できる性格のものではない。


次のページでは、仮押さえにまつわるマナー・注意点についてご紹介!

12
>
リンクをコピー
関連記事関連記事