よりよいお部屋探しや賃貸物件の検索に役立つ記事が満載のCHINTAI情報局

全国トップ > CHINTAI情報局 > 部屋探し > これは知らなかった! 築年数が古い賃貸物件の意外なメリット

これは知らなかった! 築年数が古い賃貸物件の意外なメリット

築年数が古い賃貸物件、デメリットばかりではない!?

築年数が古い物件

お部屋探しをする際に築年数は気になるだろうか? 新築と聞くと聞こえがよく、やっぱり新しいのが良いなと思うもの。

でも、実は築年数が古くてもお部屋はリフォームしたばかりだったり、お部屋の面積が広かったりと意外に知らないメリットも多数。

そこで今回は、築年数が古い賃貸物件のメリットと、デメリットを解消する方法をご紹介。

みんな築年数にこだわってる?

全国の男女にどれくらいの築年数なら住みたいと思えるかアンケートを実施してみた。

「物件の築年数はどれくらいなら住んでもいい?」

「物件の築年数はどれくらいなら住んでもいい?」


※全国にいる20代~30代の男女330名に調査。(2017年12月16日CHINTAI調べ)

まず図1を見ると、全体の7割の方が「築年数20年以内」を希望していることが分かる。ほとんどの人が築年数を気にしているようだ……。

図2は、築20年以内を希望する人の内訳。「築10年以内なら」が1番多く、29%。次に「築3年くらいなら」が17%。やはり、比較的に新しい物件が人気のようだ。

築年数が古い賃貸物件のメリット

一見、人気のない築年数の古い物件。だが、古いからこそのメリットもたくさんあるのをご存じだろうか?古い物件はよくない、というような先入観は捨ててしまおう!

家賃が安く、物件数が多い

賃貸物件の外観写真

東京都で人気の吉祥寺駅にて一番希望が多かった「築年数10年以内の物件」と「築年数にこだわらない物件」の最低家賃と物件数を比較してみた。※1

▼築年数10年以内の物件
最低家賃:4.8万円
物件数:579件

▼築年数にこだわらない物件
最低家賃:2.3万円
物件数:2,606件

築年数にこだわらないと、最低家賃は2万円以上安くなり、物件数は2,000件以上も増えた!

築年数が古い賃貸物件の1番のメリットは、家賃が安くなり選べる物件数が圧倒的に増えるところ。今まで、築年数にこだわっていた人も、築年数にこだわらずに物件を探してみると選択肢が増えたり、コストを抑えられたりというメリットがあるようだ。

※1 2017年1月17日時点(CHINTAI調べ)

リフォームやリノベーションを行っている賃貸物件も多数!

リフォーム済みの物件

実は古いのは「築年数だけ」な場合も。築年数が古いと、お部屋も全て古いと決め付けていないだろうか?最近は、リフォームやリノベーションを行っている賃貸物件も多数あるのだ。

リフォームなどによって、人気設備の独立洗面台やシステムキッチンが新設された賃貸物件も少なくない。場合よっては、新築同然になっているお部屋も! 

さらに、新築よりは家賃が安いお部屋も多いので、築年数の古い、リフォームした物件は狙い目なのだ!

広めの居室&収納の賃貸物件が多い

広い和室

和室の多い築年数が古い賃貸物件は、1畳のサイズが大きい昔の畳を使っている部屋も多い。そのため、同じ六畳でも少し平米数が広い隠れ物件も。

また、押入れや天袋付きのお部屋もあるので、モノが多い一人暮らしの人にもおすすめ!

和のテイストがおしゃれ

畳張りやしっかりした柱があるなど、味のある造りになっているのも築年数が古い賃貸物件の魅力! 和のインテリアがよりマッチする。和のテイストが好きな方には、最高のお部屋かも。

次のページでは、築年数が古い賃貸物件の見落としがちなデメリットを紹介!

12
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
CHINTAIピックアップ!
カテゴリー
アーカイブ
チンタイガー公式twitterアカウント@CHINTiger