公開日:
最終更新日:

駅徒歩15分の物件がおすすめの理由と、駅から遠い物件のメリット

リンクをコピー
駅徒歩が遠い物件のメリットとは?
駅徒歩が遠い物件のメリットとは?

部屋探しをする際に大切なポイントとなる、駅から物件までの距離。駅から近いと何かと便利。でも駅から少し遠い物件も家賃が安そうで良いかも……。このように、部屋探しの際に物件から駅までの距離で迷うことはないだろうか。

そこで今回は、駅徒歩15分~20分の物件がおすすめの理由と、駅から遠い物件のメリットを紹介。家賃やお部屋の広さなど、知っているとラッキーなポイントもお届けしていく。

「駅徒歩15分」の物件までの距離は?

「駅徒歩15分」と聞いて、駅からどれくらいの距離にあるかすぐにイメージできる人は少ないだろう。目安として不動産広告で一般的に使われている「歩く速さ=80m/分」という条件で、おおよその道のりを算出していく。

上記条件の場合、1分で80m程度進むことになる。駅から物件まで歩く分数が15分だとすると80×15=1,200。つまり、駅から徒歩15分なら約1,200m歩く必要があるのだ。

ただし信号があったり階段があったりと、駅までのルートや環境によって実際にかかる時間は変わってくる。どれくらいの距離があるかは、15分をタイマーで計りながら歩いてみるのがおすすめだ。

「駅徒歩15分」の物件の6つのメリット

「駅徒歩15分」と、駅から少し距離がある物件のメリットについて6つ挙げていこう。

「駅徒歩15分」物件のメリット①:家賃が安い!

駅のすぐ近くにある物件と比較した場合、徒歩15分以内の物件の方が駅から遠い分、家賃が安くなる可能性が高い。そうなると、どれくらいの金額差があるのか気になるだろう。駅から徒歩5分以内の物件と、15分以内の物件の家賃相場は以下の通りだ。
(都内で住みたい街ランキング上位の池袋を参照)

  • JR山手線池袋駅から徒歩5分以内の家賃相場:9.0万円
  • JJR山手線池袋駅から徒歩15分以内の家賃相場:8.6万円

※2021年7月10日現在(CHINTAIネット調べ)

このように駅徒歩5分以内と15分以内では、家賃が4,000円程度違う可能性がある。駅が遠い物件は賃料が安くなる傾向にあるので、貯蓄やほかの楽しみにお金をかけられるなど、ラッキーなことも多い。

「駅徒歩15分」物件のメリット②:広いお部屋が選びやすい!

駅前は地価が高いので、部屋の面積を広く取れず狭い可能性が高い。一方で、駅から離れると同じ家賃でもお部屋の広い物件が多くなってくる。そのため、広めのお部屋に住みたい人は、駅から離れたところがおすすめだ。

また、コンパクトな造りの駅前物件だと収納スペースが削られることも多い。駅から遠い部屋は、家具が多い人やゆとりを持って生活したい人に向いているだろう。

「駅徒歩15分」物件のメリット③:静かな環境で暮らせる!

駅近の物件だと繁華街に近いことが多く、夜がにぎやかなことも……。また、通り沿いだと24時間車が通るので音が気になる場合もある。駅徒歩15分くらいの場所なら閑静な住宅街になってくるので、静かに過ごせるはずだ。

「駅徒歩15分」物件のメリット④:運動になって健康的!

社会人になり会社勤めをするようになると、自然と運動不足になる人が多いだろう。毎日、駅と自宅の行き帰り(15分×2)の30分歩くだけでも、運動になって健康的な生活につながる可能性も十分考えられる。

「駅徒歩15分」物件のメリット⑤:いろんなお店に寄りやすく、便利!

駅から近いのはとても便利だが、意外とスーパーや薬局など日常で行く店が離れていることもあるだろう。家にまっすぐ帰りたいのに、遠回りになるから面倒……。でも、15分程度あれば「帰り道に」日用品が売っている店もあるはず。

学校や仕事帰りに遠回りせず帰れるのも、駅徒歩が遠い物件の良い点だ。

「駅徒歩15分」物件のメリット⑥:自転車に乗るのを楽しめる!

自宅と駅の間を自転車で通ってしまえば、徒歩20分でもそこまで遠く感じないし、サイクリングは運動にもなるのでおすすめである。

お気に入りの自転車を購入すれば、駅までとは言わず、いろんな場所に出掛けるきっかけにもなって充実した新生活をスタートできる。

ただし、企業によっては通勤時の自転車利用を認めていないところもある。まずは勤め先のルールを確認しよう。また、いずれの場合でも自転車保険への加入をおすすめする。

自宅から駅まで自転車で通う女性
メリットを知って選択肢を広げてみても◎

「駅徒歩15分」の物件の3つの注意点

「駅徒歩15分」の物件となれば、駅からやや遠めなので注意しなければならない点もある。

「駅徒歩15分」物件の注意点①:悪天候の日もある

物件を選ぶ際はつい晴天時をイメージしてしまいがちだが、当然悪天候の日もあるだろう。雨や風が強い日は、駅から徒歩15分もかかってしまうと傘を使ってもびしょ濡れになってしまう。

駅徒歩15分の物件に住むなら、雨の日に備えて折り畳み傘やレインコートなどの雨具を準備しておくのはもちろん、バスなどの代替手段が使えるかもチェックしておくのがおすすめ。また夏の暑い日には日差しを遮る緑道やアーケードがあるか確認しておくとよい。

「駅徒歩15分」物件の注意点②:荷物が多いこともある

駅から徒歩15分の物件を選ぶ場合、荷物が多いケースも考慮しておく必要がある。駅のすぐ近くの物件なら問題ない荷物量でも、徒歩15分となれば運ぶこと自体が難しいこともあるからだ。

食材などの買い出しが多くなりがちな人は、駅前まで出ずに物件付近で買い物が済ませられるスーパーや商店街があるか確認を。お米やペットボトルなどの重いものはネットで購入するのも手だ。

「駅徒歩15分」物件の注意点③:人通りが少なくなることも

人通りが少なくなると落ち着いた時間を過ごせる反面、治安面で不安要素が増える。地域によっては街灯などが少ないこともあり、特に女性が一人で歩く場合は犯罪に巻き込まれることもあるかもしれない。

そのため、駅から物件までの道や夜間の人通り・明るさを事前に調べておこう。不安な場合は防犯ブザーや催涙スプレーなどの防犯グッズを常に持ち歩いておくとよいだろう。

閑静な住宅街
注意点を踏まえて対策しておこう!

「駅徒歩15分」の物件は安くて住みやすい!

「駅徒歩15分」の物件は、ちょっと不便かもと思われがち。しかし、見方によっては家賃が安いなど多数のメリットがある。駅から遠いため多少のデメリットはあるものの、その分運動ができたり立ち寄れる店が増えたりすると考えればそれほど気になることはないだろう。

駅近で良いお部屋が見つからなかった人も、「駅徒歩15分」の少し駅から離れたところを探してみると、良いお部屋が見つかるかもしれない。

2021年7月加筆=CHINTAI情報局編集部

リンクをコピー
関連記事関連記事