よりよいお部屋探しや賃貸物件の検索に役立つ記事が満載のCHINTAI情報局

全国トップ > CHINTAI情報局 > 賃貸の基礎知識 > 部屋の方角って、「南向き」がベストなの?

部屋の方角って、「南向き」がベストなの?

部屋探しの際に気になる項目の一つが日照条件だ。窓の方角によっては、午前と午後とでガラリと印象が変わる物件もある。そこで、東西南北それぞれの「部屋の向き」について、メリット・デメリットをチェックしてみよう。

日が当たりにくい北向きの部屋は、物件数が圧倒的に少なく、都心など一部の地域で見られる。

日が当たりにくい北向きの部屋は、物件数が圧倒的に少なく、都心など一部の地域で見られる。

一般的に”南向きが一番良い”という認識があるが、気に入った物件が南向きじゃない場合は、潔く諦めて他の物件を探し直した方が無難なのだろうか? エイブル高田馬場店の担当者に、日照条件について解説してもらった。


「現代人のライフスタイルは多様化していますので、必ずしも南向きがベストとは言いきれないところがあります」と、意味ありげなコメントが。

でも、方角別にみると、南向きの物件が一番人気なのでは?

「確かに、安定して人気が高いのは、やはり南向きですね。それ以下は、東向き、西向き、北向きの順になります。北向きの部屋を基準に考えると、西、東、南の順で、月額家賃が2000円ずつプラスされていくイメージでしょうか」

担当者の解説をもとに、それぞれの特徴をまとめてみた。


南向き

日中の日当たりが良く、洗濯物がよく乾く。昼間照明が不要で、秋冬の暖房費が浮く。人気の高さから家賃が高くなる傾向も。日中自宅にいる人に向いている。

東向き

朝方の日当たりが良い。洗濯物は日当たりが確保できる午前中に干すと乾きが早い。朝の日差しで部屋が暖まるメリットがある。体内時計が狂いにくく、朝型タイプの人に向いている。

西向き

夕方の日当たりが良い。午後の日差しが強く、夕方によく洗濯物が乾く。冬は夜まで温かさが残るため、暖房費を節約できる。朝日が差し込んでこないので、夜型タイプの人に向いている。

北向き

日照が悪いため、洗濯物が乾きにくい。日が当たりにくい分、湿気でカビが生えやすいデメリットがある一方、クロスや本などが日焼けしにくいという意外なメリットも。夏は涼しく冬が寒いので、暑がりな人は意外と満足度が高いかも。

ちなみに筆者の部屋は東向きだ。5時過ぎから朝日が入りはじめ、8時にピークを迎える(10月現在)。フレッシュな日の光で早起きすると、なんとなく得した気分になるので今のところ気に入っている。ただ、10時を過ぎると一気に部屋が暗くなり始めるので、日中自宅にいるタイプの人には少し不向きかも……。

日当たりは物件特有の条件で、入居者の努力ではどうにもならないもの。間取りや広さ、設備、立地など、気に入った物件と出合ったなら、時間帯を分けて何度か足を運んでみると安心だ。朝型、夜型など、自分の行動パターンに合わせて、快適な住まいを探してみてはいかがだろうか。

あなたのお部屋探しを専門スタッフがオンラインでサポート!

登録して待つだけで部屋を探してもらえるCHINTAIエージェント

希望条件に合う物件がなかなか見つからない、忙しくて部屋探しが全然進まない…。そんなときは、「CHINTAIエージェント」におまかせ! お部屋探しの専門家が、オンラインであなたのお部屋探しをサポートしてくれる。

使い方は簡単。LINEアプリで「CHINTAIエージェント」を友だち登録し、7問のお部屋探しにまつわる質問に答えるだけ。待っているだけで、あなたにピッタリの物件をスタッフが探してくれる。

お部屋探しの相談だってOK。自分にピッタリの物件を楽して見つけたいなら、「CHINTAIエージェント」へ!


(両角はるか+ノオト)

※この記事は2013年10月の記事を加筆・再編集致しました。

あなたにあった探し方、あります ネットでCHINTAI
あなたにあった探し方、あります ネットでCHINTAI


<関連サイト>

日当りはやっぱり良い方がいい!南向きの賃貸物件をご紹介!
https://www.chintai.net/feature/minamimuki/
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
みんなの流行ランキング
CHINTAIピックアップ!
カテゴリー
アーカイブ
チンタイガー公式twitterアカウント@CHINTiger