【Netflix】2022春におすすめの韓国ドラマ/映画16選!最新作や隠れた名作をご紹介

【Netflix】2022春におすすめの韓国ドラマ/映画16選!最新作や隠れた名作をご紹介

公開日:
最終更新日:

「Netflix」で見放題!春におすすめな韓国ドラマ/映画をご紹介

幾度となく話題を生み出している韓国ドラマの数々。特にNetflixで頻繁に配信される韓国ドラマは世界中に広まり、近年ますます多くの人々に注目されるジャンルとなっている。

昨年までを振り返ると『イカゲーム』や『わかっていても』、『梨泰院クラス』などNetflixオリジナルの韓国ドラマも大躍進を果たしている。2022年もすでに新しい話題作が続々と配信されており、今年も韓国ドラマ/映画から目が離せない。

本記事では、韓国ドラマとNetflix好きのライターが「春」というテーマで作品を厳選。さらに今観るべき注目作品から隠れた名作まで、一挙ご紹介していこう。

以前、韓国ドラマ初心者さんにもおすすめな作品ラブ&ロマンス作品もまとめている。本記事と併せてぜひ参考にしていただきたい。

【Netflix】2022春におすすめの韓国ドラマ/映画16選

Netflixのおすすめ韓国ドラマ/映画①:春にぴったりな韓国作品

まずは、春だからこそ観てほしい作品を紹介しよう。甘酸っぱいラブストーリーや、春に一歩踏み出す人の背中を押してくれるヒューマンドラマをメインにピックアップした。

Netflixのおすすめ韓国ドラマ『ある春の夜に』

チョン・ヘイン演じるジホは35歳の薬剤師。対するヒロインはハン・ジミン演じるジョンインで、図書館の司書をしている。そんなふたりの、温かな春の風のようなラブストーリーがこの『ある春の夜に』だ。

偶然に出会いを果たし、ゆっくりと、でも確実に惹かれあってゆくふたり。しかしふたりは、恋すべきでない事情をそれぞれ抱えていた。ジホは学生時代に授かった子どもがいて、実家で両親と育てているいわゆるシングルファーザー。対するジョンインには長年付き合ってきた婚約者のギソクがいたが、愛のない関係性に冷めきってしまっていた。自分たちの気持ちだけで突っ走れるフレッシュさはもうないけれど、それでも自分たちの素直な気持ちも大事にしようとするふたり。

お互い複雑な立場の中、さまざまな物事にけじめをつけるまでは恋人らしいことはしない。あくまでも冷静に、でも情熱的に相手を愛する想いには画面越しにも胸キュンが止まらなくなる。葛藤と戦いながらも温かな愛を育んでいくふたりの姿は、一歩を踏み出す勇気を教えてくれるだろう。気持ち新たに幸せに向かっていきたい春にこそ、ぴったりの作品なのだ。

▶︎『ある春の夜に』(2019)の情報

出演:ハン・ジミン、チョン・ヘイン、キム、ジュンハン ほか

1話約1時間 / 全16話

Netflixで『ある春の夜に』を観る

Netflixのおすすめ韓国ドラマ『二十五、二十一』

フェンシングの天才と呼ばれている美少女、それがヒロインのナ・ヒドだ。時代は1998年。ヒドは来る日も来る日もフェンシングに打ち込んでいたが、突然に「IMF通貨危機」という大きな経済危機が韓国を襲う。その余波はヒドにも降りかかり、予算が回せなくなったフェンシング部は廃部になってしまうのである。

それでも諦めきれないヒドは転校を画策したり、コーチに直談判したりするもうまくいかない……。そんな時、ペク・イジンという青年と出会うのだった。彼は同じくIMF通貨危機の影響を受けて一家離散となり、新聞配達で生計を立てているという。なかなか思うようにいかないことだらけのふたりだったが、次第に惹かれ合い「ふたりの時は内緒で少しの間幸せになろう」と夜の学校に忍び込むようになる。その間、ふたりはお互いを励まし合い、鼓舞し合いながら少しずつ状況を打破していくのだった。

時代のせいで制限を余儀なくされる『二十五、二十一』の状況は、私たちのコロナ禍とも通ずる部分が多い。そんな中でも今できることを精一杯、前向きに取り組んでいく主人公たちの姿には勇気づけてもらえるはずだ。

▶︎『二十五、二十一』(2022)の情報

出演:キム・テリ、ナム・ジュヒョク、キム・ジヨン ほか

1話約75分 / 全16話

Netflixで『二十五、二十一』を観る

Netflixのおすすめ韓国ドラマ『青春の記録』

夢に向かって一歩踏み出す春に、まさにぴったりな韓国ドラマが『青春の記録』だ。漢南洞(ハンナムドン)を舞台に、主人公らが成長していく姿を描いた作品である。主演のパク・ボゴムは韓国版『のだめカンタービレ』にも出演し、2015の『恋のスケッチ〜応答せよ1988〜』でブレイクした注目の俳優。韓国では「国民の彼氏」と呼ばれるほど、親しまれている。

そんなパク・ボゴムが『青春の記録』で演じるのは、バイトを掛け持ちしながらモデル活動をするサ・へジュン。冷静で温和でありながらも、芯を貫くヘジュンの姿を等身大で表現している。

ヘジュンと共に成長を見せる、周りの男女らにも注目。特に将来有望なメイクアップアーティストのヒロイン アン・ジョンハは、機微な心情の揺らぎがとてもリアルだ。ちなみにジョンハを演じるのは、『パラサイト 半地下の家族』で娘のギジョンを演じたパク・ソダム。若さと実力を兼ね備えた俳優らだからこそ、フレッシュな青春をたっぷり味わえる作品に仕上がっているのだろう。

『青春の記録』では、主人公らが夢に向かっていく中で”現実”というさまざまな壁にぶち当たる。しかし絶望せず、夢、それから愛を叶えるために努力を重ねる彼らの姿には心打たれるはずだ。今まさに「頑張りたい」と思っているあなたに、きっと大きな勇気を与えてくれるだろう。

▶︎『青春の記録』(2020)の情報

出演:パク・ボゴム、パク・ソダム、ピョン・ウソク ほか

1話約70分 / 全16話

Netflixで『青春の記録』を観る

Netflixのおすすめ韓国ドラマ『ミセン ー未生ー』

この春社会人になった方や、新たな門出を迎えた方におすすめなヒューマンドラマ『ミセンー未生ー』。2014年に韓国で放送された少し古めの作品ではあるが、一度観れば心に残り続ける作品だと思いピックアップした。何といってもさまざまな人生哲学が見どころで、これからの人生を生きていくのに大きな支えとなってくれるだろう。

『ミセンー未生ー』の主人公は、元囲碁棋士の青年。プロを目指していたが入団に失敗し、夢を諦めて総合商社のインターンとして入社することに。それまで囲碁一筋だった青年には学歴も社会経験もないが、囲碁で培ってきた洞察力や策略の数々が彼を救う。日々巻き起こる問題をどのように解決し、社会を生き抜いていくのか。「人生とは?」「働くとは?」と疑問を抱えながらも、一生懸命働くすべての人に響く作品だろう。

ちなみにタイトルの「ミセン(未生)」は囲碁用語で、”死に石にも見えるが、まだどちらかに転ぶかわからない石”を意味している。行き場を失くし先が見えない主人公と重ね、これからどう展開していくかわからないという状態を表現しているのだ。『ミセンー未生ー』で描かれるのは決してドラマの中だけの出来事でなく、あなたの身の回りでも起きていること。不安定でも揺らぎながら一歩一歩進んでいく、リアルな社会人の姿にぜひ注目していただきたい。

▶︎『ミセン ー未生ー』(2014)の情報

出演:イム・シワン、イ・ソンミン、カン・ソラ、カン・ハヌル、キム・デミョン ほか

1話 約75分 / 全20話

Netflixで『ミセン ー未生ー』を観る

次のページでは、誰でも虜になる?!人気俳優ソン・ガン出演の必見韓国ドラマ3作品をご紹介!

リンクをコピー
関連記事関連記事