簡単なのにしっとりジューシー!「丸鶏のフライパンローストチキン」の作り方

公開日:
最終更新日:

クリスマスにピッタリ!「丸鶏のローストチキン」をフライパンで

フライパンで作れる!クリスマスの主役・丸鶏のローストチキン
クリスマスの主役が、フライパンで簡単に作れる!

クリスマスのごちそうと言えば、何が思い浮かぶだろうか?
ローストビーフにミートローフ……定番料理は数あれど、「丸鶏のローストチキン」と言えば、憧れの一品だ。
豪華なビジュアルは、クリスマスの主役にぴったり。でも、自分で作るには難しそうだしそもそもオーブンがなければ作れない……と諦めてはいないだろうか?

実は丸鶏のローストチキンは、オーブンがなくても十分おいしく作れる。どの家庭にもある調理器具……そう、フライパンひとつで作れるのだ。
しかも、オーブンで作るより失敗がなく、驚くほどジューシーな仕上がりに! 調理時間も1時間以内と手軽なので、料理初心者さんにもぜひ挑戦してみてほしい。

今年のクリスマスは、簡単・豪華な「丸鶏のフライパンローストチキン」を作ってみよう!

丸鶏のフライパンローストチキンの作り方

材料(丸鶏1羽分)

  • 丸鶏(中抜き)=1羽(1〜1.3kg)
  • 好みの野菜=適量
  • 塩=大さじ1/2
  • こしょう=適量
  • にんにく(すりおろし)=大さじ1
  • 白ワイン=50ml
  • 植物油=大さじ4
丸鶏のフライパンローストチキンの材料
丸鶏のフライパンローストチキンの材料はこちら

作り方

①. 丸鶏は流水で洗ってペーパーでしっかりと拭き、塩、こしょう、にんにくを手で全体(内側も)にすり込む。

丸鶏のフライパンローストチキンの作り方|塩をすり込む
調味料の1/3は、お腹の中にもすり込んでおこう

②. 野菜は大きめにカットし、塩少々(分量外)をふっておく。

野菜は彩りのよいパプリカ、ブロッコリーなどを選ぶと◎。
また、じっくり火を通すとおいしくなる根菜類もおすすめだ。

丸鶏のフライパンローストチキンの作り方|使用する野菜
野菜は歯ごたえが残るよう、大きめにカットしよう

③. フライパンに植物油をひき、丸鶏の胸を下にしておく。中火にかけ、こんがりと焼き色がつくまで5分ほど焼いたら、裏返して同じように焼き色がつくまで焼く。

丸鶏のフライパンローストチキンの作り方|油は多めにひく
油を多めにひくのが、全体にきれいな焼き色をつけるコツ

④. フライパンの余白に野菜(まずは根菜類。火の通りやすい野菜はまだ入れない)を並べ、白ワイン、水50mlを加えフタをし、弱火で25分加熱する。

丸鶏のフライパンローストチキンの作り方|蒸し焼きにする
白ワインと水を加えてフタをし、蒸し焼きにする
丸鶏のフライパンローストチキンの作り方|ちょうどよいフタがない場合は、アルミホイルで
ちょうどよいフタがない場合は、アルミホイルでフライパンを覆ってもOK

⑤. いったんフタを取ったら残りの野菜を加え、ふたたびフタをして10分加熱する。このとき、水分がなくなっていたら水を50ml追加する。

丸鶏のフライパンローストチキンの作り方|火の通りやすい野菜は後から
パプリカやブロッコリーなど、火の通りやすい野菜は後から入れることで色もきれいに仕上がる

⑥. 火を止めたらフタを開け、10分ほどあら熱を冷ましてから皿に盛り付ける。フライパンに残った焼き汁を、スプーンやハケで鶏の表面に塗ったらできあがり。

丸鶏のフライパンローストチキンの作り方|焼き汁でツヤを出す
焼き汁を塗るとツヤが出て、味にも香ばしさが加わる

オーブンよりおいしい?!フライパン「だから」、しっとり&ジューシーなローストチキンができた!

丸鶏のフライパンローストチキンの作り方|できあがり!
確実に「映え」る!
丸鶏のローストチキンのできあがり!

食欲そそる香ばしい焼き色は、オーブンを使っていないとは思えない仕上がり! 色とりどりの野菜と盛りつければ、クリスマスの主役にふさわしい豪華な一皿の完成だ。
諦めていた丸鶏のローストチキンが、フライパンひとつでこんなに簡単に作れるなんて……!

さらに、簡単なだけでなく、フライパンローストチキンの真髄はその「おいしさ」にアリ!

丸鶏のフライパンローストチキンの作り方|肉汁があふれ出す!
胸肉までしっとりジューシー!

切り分けてみると、中からじわっと肉汁が溢れるほどしっとり&ジューシー!
肉の旨味がぎゅっと凝縮されていて、ソースも何もつけなくていいほど、格別な味わいだ。これは、オーブンで焼いた本格的なローストチキンよりおいしいかも……!

実はオーブンで丸鶏を焼くと、生焼けになってしまったり、逆に焼きすぎてパサパサになってしまうことも。一方でフライパンローストチキンは蒸し焼きにするので、肉から水分を逃すことなく、中までしっかり火を通すことができるのだ。じっくりと火を通した野菜も、驚くほど甘くておいしい!

フライパン「だけど」おいしい、ではなく……フライパン「だから」おいしい、というワケ!

ジューシーな肉のおいしさを味わうため、シンプルにマスタードでいただくのがオススメだ。

丸鶏のフライパンローストチキンの作り方|シンプルにマスタードで
マスタードでシンプルにいただくのがおすすめ!

次のページでは、ローストチキンの味変にピッタリな中華ダレの作り方を紹介!

12
>
リンクをコピー
関連記事関連記事