よりよいお部屋探しや賃貸物件の検索に役立つ記事が満載のCHINTAI情報局

全国トップ > CHINTAI情報局 > 暮らしのギモン > 窓回りはブラインドとカーテンどちらを選ぶ?メリット・デメリットを徹底比較しました!

窓回りはブラインドとカーテンどちらを選ぶ?メリット・デメリットを徹底比較しました!

Woman.Storeオープン!

ブラインドとカーテンどちらを選ぶ?

ブラインド カーテン1

一人暮らしを始める際に、色々な家具や家電を購入するものだが、生活するうえで欠かせないものの中にカーテンやブラインドといった窓周りのアイテムがある。しかし、カーテンとブラインドのどちらを選べばよいか迷ってしまうという人も少なくはない。

そこで今回は、ブラインドとカーテンそれぞれのメリット・デメリットを徹底比較していく。これから窓周りのアイテムをそろえるという人は参考にしてほしい。

ブラインドとカーテンも安い買い物ではない

窓の大きさにもよるが、ブラインド・カーテンどちらも気軽に買い替えられるような安い買い物ではない。そのため、自分にはどちらが合うのかしっかり見極める必要がある。

お気に入りの部屋にするために窓回りはじっくり比較しよう!

カーテンやブラインドは、窓から入る光を遮断する、外からの視線を遮るといった点ではほとんど変わらないものである。しかし、両者の使い勝手は異なり、デザインなどもさまざまである。カーテンやブラインドを選ぶ際は、自分の好みに合ったタイプを探しつつ、インテリアにマッチするかどうかも考えながら選ぶようにしよう。

ブラインドのメリット・デメリットはなに?

それでは最初に、ブラインドのメリット・デメリットを見ていこう。

ブラインドのメリット①1台で2役ある

カーテンは、1枚の窓にレースのカーテンとドレープカーテンの2枚が必要になる。しかし、ブラインドではこの2役を1つで担えるというメリットがある。窓を開けるときなども一度の操作で済むので、手間なく開け閉めができるようになるだろう。

ブラインドのメリット②機能的

ブラインドは、ポール1つで開閉や細かな調光が簡単にできる。夜は外の風景をシャットアウトでき、昼は日差しに合わせて最適な調光ができて便利だ。また、カーテンと違って窓を塞がないので、通気性がよいというメリットがある。

ブラインドにはアルミ製や木製、ファブリック性などの種類も豊富にある。それぞれ特徴が異なるので、キッチンや浴室、寝室やリビングなどで使い分けることができるのもポイントだ。

ブラインドのメリット③窓回りがすっきりする

ブラインドはすっきりとしたデザインなので、窓周りがすっきりするというメリットがある。クロスの色と同系色にすれば部屋を広く見せることができるので、反対色を選べばメリハリの効いた部屋になるだろう。窓付近のインテリアを邪魔しないシンプルなデザインなものであれば、さらに使い勝手がよくなる。

ブラインドのメリット④部屋の雰囲気を作りやすい

ブラインドはシンプルなので、部屋の雰囲気が作りやすいのもメリット。そのため、シンプルなインテリアを作りたい人には最適なアイテムになる。

ブラインドのデメリット①カーテンより価格が高め

ブラインドのデメリットは、カーテンよりも価格が高めだということだ。大きな窓枠だと値段も上がってしまうので要注意だ。また、一般的なアルミ製より、木製やファブリック製のものになるとさらに価格が高くなってしまう。

ブラインドのデメリット②カーテンより設置が難しい

賃貸物件のほとんどにはカーテンレールが取り付けられているため、カーテンフックを取り付ければ簡単に設置できる。しかし、ブラインドは専用のアタッチメントなどを窓枠に取り付ける必要があり、設置するときも苦労してしまう。

ブラインドのデメリット③掃除が難しくホコリがたまりやすい

ブラインドはカーテンと違って丸洗いできないため、掃除が難しくホコリもたまりやすい。窓を開ける夏などは外の砂埃などもついてしまうので、マメに掃除する必要があるだろう。

賃貸物件でブラインドを選ぶときはカーテンレールか窓枠に突っ張るタイプを!

賃貸物件でブラインドを取り付けたい場合には窓枠を傷つけないように、カーテンレールに取り付けられるタイプや窓枠に突っ張るタイプを選ぼう。窓枠を傷つけて設置してしまうと、退去の際に原状回復費の対象となるので注意が必要だ。

カーテンのメリット・デメリットはなに?

ブラインド カーテン2

それでは次に、カーテンのメリット・デメリットを見ていこう。

カーテンのメリット①窓回りのインテリアでは価格が安め

賃貸物件の窓サイズは既成サイズのものが多い。そのため、カーテンもオーダーではなく既成サイズのもので済むので、価格が安めというのがメリットだ。

カーテンのメリット②洗濯ができるものが多く衛生的

カーテンは丸洗いできるものが多く、定期的に洗濯することができる。また、価格が安いものであれば季節によって変えてみるのもおすすめだ。その際も丸洗いして保管して置けるので、衛生面も保つことができる。

カーテンのメリット③断熱性能が高い

カーテンには、光を通さないUVカット加工を施したものや、断熱性に優れたものがある。断熱性に優れたカーテンであれば光熱費も抑えることができるので、特に冬の寒い時期におすすめだ。

カーテンのメリット④耐久性が高く長持ちする

カーテンの素材にもよるが一般的には10年から15年ほどは使用できる。ブラインドのように折れてしまうこともないので、安心して使うことができる。

カーテンのデメリット①部屋を狭く感じさせることがある

カーテンはタックが入った加工になっていることで、ブラインドと比べると少々雑多な印象を受ける。また、レースのカーテンとドレープカーテンの両方を取り付ける必要があり、より部屋が狭く感じてしまう恐れがある。

カーテンのデメリット②布製のためカビに弱い

カーテンは布製なので湿気に弱く、梅雨の影響や冬の結露などでカビが発生しやすい。そのため、水や油はねが気になるキッチンや洗面台などの水回りにもあまり向いていない。

カーテンのデメリット③通気性が悪い

カーテンは窓一面を布で覆うものなので、ブラインドと比べると通気性が悪くなってしまう。特に夜はより通気性が悪くなるので、夏の暑い夜は窓を開けても外からの風が入ってきにくい。

カーテンのデメリット④他の窓回りインテリアよりデザイン性が劣る

ブラインドと比べると、どうしてもデザイン性が劣ってしまう。シンプルでスタイリッシュなインテリアを好むのであれば、素材や色などで工夫したいところだ。

ブラインド・カーテンは室内の雰囲気を大きく左右する

部屋の中で大きな面積を占めるブラインドやカーテンは、部屋の雰囲気を大きく左右するものとなる。素材やデザインなど、さまざまな種類があるのでじっくりと選んで決めた方がよいだろう。

どのような部屋にしたいかイメージしてブラインド・カーテンを選ぼう

カーテンやブラインドを選ぶ際に、サイズをしっかり測るのはもちろん、どのような雰囲気の部屋にしたいのかをあらかじめイメージすることが大事である。また、カーテンやブラインどの色が、クロスの色や床の色などと合うかどうかもチェックしよう。

さらに、手持ちの家具との相性も重要になる。カーテンやブラインドは、どのような雰囲気にしたいのかを決めてから最後に選ぶようにしよう。

自分に合った窓回りのインテリアを選んでお気に入りの部屋を作ろう!

ブラインドとカーテンにはそれぞれメリット・デメリットがある。カーテンとブラインドは似て非なるもので、手持ちのインテリアなどに合わせて選んでみるとよいだろう。それぞれのメリットやデメリットを把握し、自分に合った窓周りのインテリアを選ぼう!

あなたにあったお部屋探し ネットでCHINTAIで見つけよう
あなたにあったお部屋探し ネットでCHINTAIで見つけよう
ホテル暮らし・ホテルステイで街をお試し!
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
CHINTAIピックアップ!
カテゴリー
アーカイブ
チンタイガー公式twitterアカウント@CHINTiger