公開日:
最終更新日:

ホテル暮らしとは?1ヵ月にかかる費用やメリット・デメリット、意外な活用方法を詳しく紹介!

リンクをコピー

ホテル暮らしで新しい生活スタイルを

ホテル暮らしのイメージ
ホテル暮らしって、どんなイメージ?

近年注目度が高まっているホテル暮らし。お気に入りのホテルで質の高いサービスを受けながら、悠々自適に生活する人が増えてきている。

ホテル暮らしは新しい生活スタイルとして定着しつつあるが、通常の引越し同様、知っておきたいポイントがいくつかある。せっかくの住み替えで失敗したくない方は、ホテル暮らしにかかる費用や、どのようなメリット・デメリットがあるのかを事前に把握しておくのがよいだろう。

この記事では、理想のホテル暮らしを実現するために知っておくべき情報をご紹介する。これからホテル暮らしをするか検討している方は、ぜひ確認しておこう!

知らない街に引っ越す前に。ホテル暮らしで街をお試し。ホテルステイは、CHINTAIがおすすめするお部屋探しの新ステップ!

ホテル暮らしとは? よくある疑問を解説

ホテル暮らしから出勤するイメージ
働き方改革もホテル暮らしが注目されたきっかけの一つ

まずは、ホテル暮らしとはどういったものかを知っておこう。どのような人がホテル暮らしをしているのか、住民票はどうするのかなど、気になる疑問を解説していく。

ホテル暮らしとは何か?

ホテル暮らしとは、持ち家や賃貸住宅のような感覚で、ホテルに長期間滞在して生活すること。また、旅行気分を味わいながら仕事を行なう「ワーケーション」を意味することもある。

働き方改革や新型コロナウイルスの流行をきっかけに、働き方の多様化が進む昨今では、生活スタイルも従来に比べバリエーションがでてきている。それにともない、ホテル暮らしを始めた人も多いようだ。

近年では、ホテルニューオータニに連泊専用プランが登場して話題になった。他にも、ホテル暮らしに適したプランを用意するホテルは続々と増えつつあり、ホテル暮らしへの注目度は一気に高まっているといえるだろう。

どんな人がホテル暮らしをしているの?

現在ホテル暮らしをしているのはどんな人が多いのだろうか。
基本的には、経営者やある程度の高収入を得ている会社員など、高所得層の人たちがホテル暮らしをしている傾向にあるようだ。
他にも、テレワークが中心のアドレスホッパー(定住せずに住所を転々とする生活スタイルのこと)や、受験を控えた学生が、勉強に集中するためにホテル暮らしを行うケースも増えてきている。

ホテル暮らしをする際、住民票はどうするの?

ホテルで暮らすとなると気になるのが、住民票の登録だ。
通常のホテル利用のように数日や数週間の滞在では、住民票をホテルの住所に移すことは難しい。ただし、半年や一年など長期的に滞在し、ホテルに住んでいる実態があれば、ホテルの住所で住民票を登録できる可能性が高くなる。

以前の住所に住民票を残したままホテル暮らしをはじめてしまうと、投票や納税など不都合が起きることもあるため注意が必要だ。
あらかじめ実家に移動しておくなど、準備を忘れずに。

ホテル暮らしに必要なものや目安費用

ホテル暮らしの経費のイメージ
ホテル暮らしって、どのくらいお金がかかるんだろう?

ホテル暮らしを検討するにあたり最も気になるのが費用だ。必要なものとあわせて紹介していく。

ホテル暮らしで準備しておきたいもの

ホテル暮らしにあたり必要なものとしては、以下のアイテムが挙げられる。

・着替え
・衛生用品
・携帯電話等の充電器
・貴重品

着替えは確実に必要なものとして、洗濯のサイクルを検討して準備しておこう。洗顔料や歯ブラシなどの衛生用品はホテルに用意されていることもあるが、長期間のホテル暮らしなら自分で用意した方が快適に過ごせるだろう。

タオル類やシャンプー・ボディソープ、ドライヤーなどは、ホテルに常備されていることが多いため、準備しなくても問題ない。ただし、ホテルによっては置いていないこともあるので、事前に確認しておくと安心だ。

充電器については、備え付けの場合も一部にはあるが、スマホやイヤホン、スマートウォッチなど、自分の使っている機器に合ったものが用意されているか確認が必要だ。

また、通帳や印鑑など貴重品かつ重要な資料の保管方法はあらかじめ決めておこう。客室のセキュリティボックスを利用するのか、基本的に持ち歩くようにしておくのかなど、よく考えておきたい。

ホテル暮らしの平均的な費用

ホテル暮らしにはどのくらいの費用がかかるのだろうか。一般的な宿泊費から試算してみよう。

1泊5000円のホテルに1ヵ月間(30日間)泊まることを仮定した場合、単純計算で月15万円の宿泊費が必要になる。
また、その他に下記の出費が考えられる。

・食費 月6万円(1日2000円)
・コインランドリー代 月1万5000円(2日に一回、1000円)
・クリーニング代 月5000円(スーツ 一回3000円+シャツ 月合計2000円)
・雑費 月3万円

以上を見込むと、ホテル暮らしに必要な費用は、目安として月25~6万円ほどになると考えられるだろう。

ただし、宿泊費は連泊割引を行なっていることも多いので、それぞれのホテルのプランを確認しておきたい。

自分の予算から、利用しやすいホテルをじっくり検討してみるのもいいだろう。

「変なホテル東京 西葛西」の場合

例えば「変なホテル東京 西葛西」の場合、一泊5000円(税込)・月泊が12万円(税込)となる。

※2021年4月時点の金額です
※月額は、月の日数(28日~31日)にかかわらず当月1日~当月末までの金額となります

「変なホテル東京 西葛西」施設の情報を見てみる

「UNPLAN Kagurazaka」の場合

UNPLAN Kagurazaka」の場合、ホステル(ドミトリータイプ)で一泊2600円(税込)・月泊が4万9000円(税込)となる。

※2021年4月時点の金額です
※月額は、月の日数(28日~31日)にかかわらず当月の入居日~翌月同日までの金額となります
※週額・月額プランご希望の方はメールまたはUNPLANのホームページのContact Usよりお問い合わせください

「UNPLAN Kagurazaka」施設の情報を見てみる

知らない街に引っ越す前に。ホテル暮らしで街をお試し。ホテルステイは、CHINTAIがおすすめするお部屋探しの新ステップ!

ホテル暮らしをするなら、ホテル選びが重要!次のページでは、ホテルを選ぶ際のチェックポイントをご紹介する。

12
リンクをコピー
関連記事関連記事