部屋の湿度は何%が最適?適切な湿度で起こるメリットと注意点

公開日:
最終更新日:

部屋の湿度って気にしてる?適切に保つことで得られるメリット

部屋の湿度をイメージした画像1
部屋の湿度を調整することは意外と大切

部屋にいると、のどの痛みを感じたり、くしゃみや鼻水が出たりすることはないだろうか。実はこれらの不調の原因に、湿度が関係していることがある

室温については気にすることが多くても、湿度に気をつけている人は意外と少ない。しかし湿度は私たちの健康に大きな影響を与える大切なもの。湿度が低いと空気が乾燥してしまい、風邪を引きやすくなる。反対に湿度が高くなるとカビやダニが発生し、アレルギーを発症してしまうこともある。

そこで今回は、適切な湿度の目安や、湿度に関するお悩みを解決して健康に過ごすためのポイントを紹介していく。部屋を適切な湿度に保ち、快適に過ごすためのヒントにしよう。

適切で健康的に過ごせる湿度は何%?

室内の適切な湿度は40〜60%といわれている。湿度が40%以下だと肌やのどの乾燥、ドライアイなどの原因となる。

また風邪やインフルエンザのウィルスは、湿度が40%以下の環境で活発化する。そのため、湿度が下がる冬に風邪を引きやすくなるのだ。

反対に湿度が60%以上あるとカビやダニが繁殖しやすい環境となる。カビやダニはアレルギーなどの健康被害だけでなく、家具や家へのダメージも引き起こしてしまう。

部屋の湿度は在宅ワークのパフォーマンスにも大きく関わる!

リモートワークをしている人が増えているが、集中力が途切れ、生産性が落ちてしまったと感じたことはないだろうか。実はこれにも湿度が関係しているのだ。

たとえば夏は汗による不快感、冬はドライアイや肌の乾燥が気になり、普段のパフォーマンスが発揮できなくなる。

労働安全衛生法の「事務所衛生基準規則」では、空調を設けている会社には湿度40%以上70%以下にするという努力義務が課せられていることがわかる。そのため、湿度の調整に配慮している企業も少なくはない。

また、適切な湿度を保つことは体調管理にもつながる。冬は乾燥による免疫力の低下を防ぐことができるし、夏はカビの繁殖やアレルギー症状なども抑えられる。

このように、湿度は私たちの健康およびコンディションに大きな影響をおよぼすのだ。

部屋の湿度が低いときに起きること

空気の乾燥によって、風邪になってしまったという方も多いのではないだろうか。

鼻やのどの粘膜が乾燥すると、風邪のウィルスへの防御作用が働きにくくなる。さらにインフルエンザのウィルスなどは、湿度40%以下を好み、活発に活動するという性質をもっている。つまり湿度が低い環境では、風邪やインフルエンザなどにかかりやすくなってしまうのだ。

また乾燥は肌のかゆみにもつながり、仕事に集中できなくなったり、眠れなくなったりすることもある。冬になると肌トラブルが増えたり、ドライアイやドライマウスになったりする人が多いのも、空気の乾燥が原因であることも多い。

部屋の湿度が高いときに起きること

部屋の湿度が60%以上の場合は、カビやダニの発生につながる。

カビやダニは高温高湿を好み、梅雨から夏にかけて徐々に繁殖していく。湿度を高いままにしておくと、家具やお気に入りの洋服にカビが生えてしまう。

またカビの胞子を吸い込み肺の病気を発症したり、ダニによる肌のかゆみやアレルギー性鼻炎などを引き起こしたりする。カビやダニを繁殖しにくくするためにも、適切な湿度に下げることが大切だ。

部屋の湿度は体感温度にも関係する

部屋 湿度
湿度は高すぎても、低すぎてもダメ

部屋の湿度と体感温度は大きく関係しており、湿度が低いと体感温度も低くなる。その分エアコンの設定温度を上げると、電気代がかさんでしまう。

逆に湿度が高ければ体感温度も上がるので、冬にエアコンをつける際には湿度を上げることが大切なのだ。

湿度を上げる(加湿)方法

冬はもともと空気が乾燥しがちなうえに、エアコンの使用で湿度がさらに下がってしまう。そんなときに加湿するおすすめの方法2つを紹介しよう。

湿度を上げる(加湿)方法①:洗濯物を部屋干しする

最も手軽な方法は、洗濯物を室内干しすることだ。洗濯物が乾く際に発生する水蒸気が部屋の湿度を上げてくれるうえに、エアコンから吹く風によって洗濯物も乾きやすいなどメリットが多い。

冬の外干しは、気温が低いことや、日照時間の短さなどの理由で乾きにくい。また、仕事や防犯上の理由で外干しが難しい人もいるだろう。冬の間は部屋を加湿する意味でも、室内干しをおすすめする。

湿度を上げる(加湿)方法②:加湿器を使う

洗濯物を毎日干し続けようとしても、洗濯物の量が少ないと難しくなってしまうだろう。そんなときには加湿器があると便利だ。

エアコンと加湿器を併用することで、部屋の温度と湿度の両方を心地よい程度に保つことができる。空気清浄機能がついている加湿器を活用すれば、窓を閉め切ることの多い冬でもきれいな空気を維持することができるだろう。

湿度を下げる(除湿)方法

日本の梅雨や真夏などの時期には、湿度がかなり高くなる。日々の健康を維持するために、以下の方法を用いてできるだけ湿度を下げるようにしよう。

湿度を下げる(除湿)方法①:室内の風通しをよくする

空気が動かず室内にとどまっていると、湿度が上がりやすくなる。そのような状態が続いてしまうとカビが繁殖してしまい、一気に不衛生な環境になってしまう。

窓を開けたり換気扇を回したりするなど、積極的に外の空気を室内に取り込んでみよう。空気の通り道を作ることで、効率よく空気の循環を行うことができるようになる。

湿度を下げる(除湿)方法②:除湿剤・除湿機を使う

押し入れやクローゼット、シューズボックスや洗面台の下、シンク下などの狭い空間は湿度が高くなりがちなので、除湿剤を置くのがおすすめ。定期的に除湿剤に溜まった水量をチェックし、交換するようにしよう。

浴室や居室など、ある程度大きい空間を除湿するなら除湿機を設置するのも効果的だ。日本の夏は高温多湿なため、除湿機を活用している人も多いだろう。除湿機は移動させることができるので、雨続きの梅雨時期に室内で洗濯物を乾かす際にも役立つはずだ。

次のページでは、部屋で湿度に悩まず暮らすコツをご紹介する。

12
>
リンクをコピー
関連記事関連記事