大学生の一人暮らし、費用はどのくらい?初期費用、家賃、生活費などかかるお金を解説

公開日:
最終更新日:

春から大学生!一人暮らしの初期費用や生活費ってどのくらい?

大学生 一人暮らし1
春から一人暮らしをする大学生にとって家賃や生活費などの費用は重要だ

大学入学が決まり、春から遠方の大学へ入学をするという人も多い。「一人暮らしが夢だった」「自由に暮らせる」と、一人暮らしへの期待は膨らむばかりだ。

一方で、初めて一人で生活をするため「初期費用はいくらかかる?」「生活費はどれくらい必要?」など、お金に対する不安も多いだろう。

そこで今回は、春から大学生になり初めて一人暮らしをする人に向けて、初期費用や生活費にかかる費用をお伝えする。

一人暮らし大学生の家賃:平均5〜7万円

一人暮らしを始めるにあたり、まず知っておきたいのは家賃平均だ。2019年全国大学生活協同組合連合会によると、大学生の一人暮らしの全国家賃平均は5万3930円となった。

家賃相場は地域で差があり、九州・沖縄地方だと4万1000円。東京・埼玉・千葉・神奈川だとおよそ6万2400円になる。

参考までに、東京の学生街として有名な高田馬場駅の家賃相場を見てみよう。アパートの家賃相場は1Rが6万5000円、1Kが8万2000円であるのに対し、マンションだと1Rが7万7000円、1Kが9万円になった。

もちろん住むエリアや設備など条件によって開きがあるため、一人暮らしの家賃平均は5〜7万円を目安としたほうがよいだろう。

※家賃相場はCHINTAIネット 2020年12月14日時点のもの

大学生の一人暮らし初期費用目安:50万円

ここでは、大学生が一人暮らしをするときにかかる初期費用を紹介する。主な初期費用の内訳は以下の3つだ。

  1. 物件の契約費用
  2. 家具・家電代
  3. 引越し代

一人暮らしをする際にはさまざまな場面で初期費用がかかるため、目安を知ってことが重要だ。

大学生の一人暮らし初期費用①物件の契約費用:34万円

高田馬場駅の1Rアパートの家賃相場である6万5000円をもとに、初期費用を計算してみよう。

敷金(1ヶ月分)6万5000円
礼金(1ヶ月分)6万5000円
前家賃(1ヶ月分)6万5000円
火災保険料1万円
仲介手数料(1ヶ月分)6万5000円
鍵交換代1万5000円
その他5万円
合計33万5000円

物件契約時に不動産会社や大家さんへ支払う初期費用。それぞれの物件によって異なり、敷金が家賃の2ヶ月分かかる物件もあれば、礼金を支払わなくてよい物件もある。

目安として、家賃のおよそ5ヶ月分を想定しておくといいだろう。

大学生の一人暮らし初期費用②家具・家電代:10万円

次に、一人暮らしに必要な家具・家電の購入にかかる費用を見てみよう。

冷蔵庫3万円
洗濯機2万5000円
電子レンジ1万円
炊飯器5000円
寝具1万円
カーテン5000円
照明5000円
テーブル5000円
合計9万5000円

家具・家電のサイズやメーカーによっても金額に差はあるものの、合計でおよそ10万円を見積もっておくといいだろう。

ただし人によっては炊飯器が不要だったり、逆にテレビや掃除機が必要だったりする。
また家電量販店では、冷蔵庫や洗濯機などの家電がセットになった「新生活応援5点セット」のような商品も売られている。

自分にとって必要な家具・家電をリストアップし、予算を把握しておくようにしよう。

大学生の一人暮らし初期費用③引越し代:3〜10万円

引越し業者に依頼した場合の料金は、移動時間(距離)と荷物の量、そして時期によって決まる。

近距離で一人暮らしの通常量の荷物であれば、引越し料金は3万円ほどだ。一方、引越し需要の高い3〜4月に引越しをすると、通常料金の2倍かかる場合も。長距離の引越しとなると、10万円ほどかかる業者もある。

料金は引越し業者やエリアによっても金額が変わるため、事前に見積もりを比較しておこう。引越し料金を抑えたい場合は、繁忙期を避けて引越すことも有効な手段だ。

初めての一人暮らしであれば、大型家具・家電はほとんど新しく購入するため、実家から運ぶものは少ないという場合も多いだろう。宅急便や自家用車での運搬も検討してみよう。

大学生 一人暮らしの生活費や仕送りの目安金額

次のページでは、大学生が一人暮らしをする時の生活費の目安や、気になる平均仕送り金額などをご紹介する。

12
>
リンクをコピー
関連記事関連記事