一人暮らしにかかる光熱費の平均とは? 金額と節約方法を紹介!

公開日:
最終更新日:

そもそも光熱費とは何の金額?

一人暮らし 光熱費
気になる一人暮らしの光熱費をチェック!

光熱費とは、電気・ガス・灯油などのように、生活に必要な光や熱を発するためのエネルギーを使用するのにかかる費用をまとめた総称である。

近年では住宅事情が変化してきており、冷暖房器具や電灯など、さまざまな熱源や光源が出てきている。そのため各家庭によって光熱費の割合がまったく違っていたり、金額にも大きな差が出ていたりする場合がある。

そんな生活する上で欠かせない光熱費の平均金額はいくらなのか? 一人暮らしをはじめる前に知っておきたい、光熱費を抑えられる部屋選びや、光熱費の節約方法もあわせて紹介していく。

一人暮らしの1ヶ月の光熱費は平均いくら?

それではここで、一人暮らしをした場合、1ヶ月の光熱費の平均は一体いくらなのか。単身世帯の光熱・水道費の平均を見ていこう。

2018年11,847円
2019年11,652円
2020年11,686円
出典:家計調査

3年分の平均を見てもそこまで大きく差はない。ここからは、光熱費を電気代とガス代に分け、それぞれの平均額を見ていこう。

一人暮らしの電気代は1ヶ月でいくら?

光熱費の中で、大きな割合を占めるのは電気代である。

一人暮らしの電気代の平均額は、多くの電気を使うエアコンが稼働する夏や冬に高くなる傾向がある。特に冬は日照時間が短く、照明を長く使用するため夏よりも多く電気代がかかってしまう。

 1月〜3月4月〜6月7月〜9月10月〜12月
2019年7,123円5,175円5,059円5,184円
2020年6,535円5,916円5,330円5,135円
出典:家計調査

また、電気代の平均は地域によって変わってくる。冬場に雪が積もる北海道や東北、北陸地方は電気代が高くなる傾向がある。

オール電化の賃貸物件ではガス代が発生することはないが、すべてのエネルギー源を電気でまかなっているため、本来かかるガス代の分が電気代に上乗せされる。

一人暮らしのガス代は1ヶ月でいくら?

電気代の次に、光熱費の割合を占めるのがガス代である。ガスはガスコンロをはじめ、給湯や風呂、シャワーや暖房器具などに使われている生活に欠かせないライフラインの1つだ。

住宅で使用されるガスは大きく分けて2種類ある。
地下にあるガス管を通って供給されている「都市ガス」と、ガスボンベで供給されている「プロパンガス(LPガス)」だ。プロパンガスは、都市ガスと比べて割高になるが、災害時の復旧は早い。

 1月〜3月4月〜6月7月〜9月10月〜12月
2019年3,599円3,121円2,102円2,440円
2020年3,333円3,155円2,380円2,533円
出典:家計調査

ガス代も電気代と同じく、冬場に平均が上昇する。冬は夏と比べて、設定温度を高くするので多くのエネルギーが必要になる。またガスストーブを使用すると、ガス代が一気に上昇する。

使用する暖房器具によって光熱費の割合が変わるので、電気とガスどちらが安いのか、前もって試算しておくことをおすすめする。

一人暮らしの水道代は1ヶ月でいくら?

入浴や洗濯、食器の洗い物など、水道も日々の生活に欠かせないライフラインだ。水道料金は、上水道の料金の基本料金と従量料金、下水道料金、消費税で構成されている。基本料金とは水道を契約している間毎月かかる費用のことで、従量料金とは消費した水量に対してかかる費用のことだ。また、下水道料金は排出する汚水に対してかかる費用であり、それぞれが合わさった金額が自治体から請求される。

 1月〜3月4月〜6月7月〜9月10月〜12月
2019年2,098円2,139円2,023円2,224円
2020年2,076円2,305円2,071円2,242円
出典:家計調査

表を見ると、水道代は電気代やガス代と比べて一年を通して金額に差が出ない。もちろん使い方次第だが、基本的には2,000〜2,300円程度だと考えておけば問題ないだろう。

また、電気代・ガス代・水道代をどれだけ節約できるかは物件ごとで変わってくる。物件選びの際は、間取りや周辺環境だけでなく、水道・光熱費という観点で比較することも大切だ。

一人暮らしの光熱費を抑えやすい部屋の選び方

一人暮らし 光熱費2
一人暮らしの光熱費対策は部屋選びから始まる

一人暮らしの賃貸物件を探す際に、家賃だけでなく毎月かかる光熱費を抑えられる物件を選びたいと考えるだろう。

ここからは、光熱費を抑えやすい部屋の特徴について解説していく。

一人暮らしの光熱費を抑える部屋①:都市ガスの物件

ガス代の項目でも話題に出した通り、ガスには都市ガスとプロパンガスの2種類あるが、一般的には都市ガスのほうがガス代は安い。

しかし、都市ガスの普及エリアの合計は国土面積の約6%にとどまっており、普及率は約50%となっている。賃貸物件を探す際は都市ガスが使えるかどうかも確認しておくと良いだろう。

一人暮らしの光熱費を抑える部屋②:アパートよりマンションを選ぶ

一般的にマンションは鉄筋コンクリート造や鉄骨鉄筋コンクリート造なので、木造のアパートよりも気密性に優れている。気密性が高いと断熱効果も高くなるので、冷暖房が稼働する割合が少なくなり、光熱費が節約されるというわけだ。

また、アパートは導入コストが安く、使用量が割高なプロパンガスである場合が多い。

次のページでは、一人暮らしの光熱費を節約する方法をを紹介する。是非チェックしてほしい。

12
>
リンクをコピー
関連記事関連記事