手取り20万円で一人暮らしは可能?家賃の目安と生活費シミュレーション

公開日:
最終更新日:

手取り20万円で一人暮らしは可能?適切な家賃目安とは

手取り20万
貰うと嬉しくなる給料明細

一人暮らしはしたいけど「今の手取りで一人暮らしができるの?」「どんな生活になるの?」と不安な人もいるだろう。一人暮らしをしたことのない状態から、想像で月々の生活費を試算するのは意外と難しい。

この記事では、「手取り20万円」での一人暮らしは可能なのか、実際の生活費の内訳・目安などをもとに解説していく。

結論からお伝えすると、手取りが20万円あれば一人暮らしは「可能」だ。地域によってお部屋探しの難易度が高くなる場合もあるが、手取りに見合った適正家賃から条件を絞って探していくことをおすすめする。家賃の目安についてもこの後詳しく解説する。

「手取り20万円」とは?「月収20万円」との違い

「手取り」は、月収の中から社会保険料、所得税、住民税などのいわゆる「控除」が引かれたあとの金額のこと。一方の「月収」とは、それらの控除などが差し引かれていない状態の収入を指す。手取りとは、「毎月手元へ入ってくる金額」と考えると良いだろう。

会社員の場合、勤めている会社の制度によって、あらかじめ控除されるものが変わる(たとえば、社会保険に加入していない会社の場合、自分で国民健康保険料を支払う必要があるなど)。また、フリーランスや個人事業主の場合には、より細かく自分の控除額などを確認しておく必要がある。

ほかにも、控除の対象ではないが奨学金の返済をしていたり、積立式の保険に自分で加入していたりと、いわゆる生活費のほかに口座から出ていくお金は結構ある。

まずは直近の入出金を確認して、自分の「手取り金額」を正確に把握しよう。

手取り20万円の人の月収・年収はいくら?

一般的に「年収」とは、手取りの金額ではなく、社会保険料や税金、そのほかの控除が引かれる前の「総支給額」で表す。月収・年収は一般的に下記の式で計算されることが多いようだ。

手取り=月収の75%~85%
年収=月収×12+ボーナス

上記を踏まえて、手取り20万円前後の月収と年収を計算してみよう。

手取り15万円、20万円、25万円の月収・年収目安

 手取り15万円手取り20万円手取り25万円
月収目安17.6~20万円23.5~26.6万円29.4~33.3万円
年収目安200万円~240万円280万円~320万円350万円~400万円
※年収はおおよその金額です

ボーナスがある場合は年収にプラスして計算する。たとえば手取り20万円・月収25万円でボーナスが2ヶ月分という場合は、年収は350万円(25万円×12+ボーナス50万円)となる。

令和元年の「民間給与実態統計調査」によると、年収約300~400万円は、全納税者の割合のうち最多となる19.1%を占める。手取り20万円は一般的な所得といえるだろう(なお、資本金2,000万円未満の株式会社においては男性453万円、女性250万円が平均年収となり、性別によって大きな賃金の差がある)。

手取り20万円で一人暮らしは可能!ただし注意点もある

ここからは、手取り金額に見合った適正家賃や生活費の内訳を解説していこう。

手取り20万円で一人暮らし:適正家賃は手取り額の3割以下

一人暮らしが支払う毎月の生活費の中で、家賃が占める割合は非常に大きい。手取り20万円の人は、どのくらいの家賃の物件に住むのが適正と考えられるのだろうか。

家賃は、一般的に「手取りの3分の1」が適切だといわれている。手取り20万円の場合、3分の1は約6万6000円なので、6万から7万前後を目安に賃貸物件を探そう。手取り20万円前後の適正家賃の目安は以下の通りだ。

手取り15万円手取り20万円手取り25万円
適正家賃約50,000円約66,000円約83,000円

ここで指す家賃とは、毎月家賃とあわせて支払う必要のある「共益費や管理費」を家賃と合算させた金額なので、賃貸物件を探す際には、共益費や管理費も合わせた合計金額で探してほしい。

また、多くの賃貸借契約では、2年間に一回など更新が発生すると、家賃1か月分などの追加費用(更新料)が必要となる。年間の支払い計画に入れておくとよいだろう。

手取り20万円で一人暮らし:東京23区内に住むのは難しい?

手取り20万円の場合の適正家賃にあたる6万〜7万円の賃貸物件は、どんな物件になるのだろうか。

23区の中で家賃相場が安い区である葛飾区、江戸川区、足立区の一人暮らし向け賃貸物件(ワンルーム~1DK)の平均家賃を比較してみよう。

 江戸川区葛飾区足立区練馬区
家賃相場62,000円64,000円64,000円65,000円
出典:CHINTAIネット(2022年3月31日時点)

出典:CHINTAIネット(2022年3月31日時点)

この4つの区であれば、手取り20万円の適正家賃にぴったりおさまる。港区など人気のあるエリアは高額(11.5万円)になるため、希望している条件を妥協する必要がでてくるだろう。

試しに、CHINTAIネットにて「23区内の共益費・管理費込み6.5万円以下の物件」を調べてみた。2022年3月時点で24,000件ほどのヒットがあったので(物件が一部重複している可能性はある)、どんな物件があるか確認してみてもいいだろう。

手取り20万円一人暮らしする場合の生活費シミュレーション

給与明細のイメージ
意外とかかる固定費

手取り20万円で1ヶ月間一人暮らしをする際に必要な生活費はどれくらいになるのだろうか。都内に住む社会人の想定で算出してみた。

下記は総務省の家計調査をもとに、一般的な生活を想定し算出した。実際に使う金額は人によって差が出てくる。あくまで目安として考えておくといいだろう。

家賃約66,000円
食費約38,000円
光熱費約9,000円
水道代約2,000円
通信費約9,000円
交際費や娯楽費約22,000円
日用品や雑費約21,000円
貯金など約33,000円
合計200,000円
参考:家計調査 / 家計収支編 単身世帯 年報(2020年)

この表を見るとわかるように、大きなウェイトを占めるのが家賃だ。手取り額に応じた適切な家賃の物件を選ぶことにより、生活費のバランスを整えやすくなる。

手取り20万円一人暮らしの生活費①:食費

食費の目安:38,000円

食費は家賃の次に大きな支出だが、贅沢を控えることでコントロールできる。外食をすると食費が上がりやすいため、できる限り自炊することが大切だ。ランチも毎回飲食店で食べるのではなく、自作したお弁当でやりくりすると食費を抑えやすい。

手取り20万円一人暮らしの生活費②:光熱費

光熱費の目安:9,000円

電気代とガス代を合わせた費用が光熱費だ。光熱費は季節によって変動しやすく、エアコンを使う真夏・真冬は高騰しやすい。ガスはプロパンガスよりも都市ガスのほうが安いため、物件選びの際は都市ガスが導入されている物件を優先しよう。

手取り20万円一人暮らしの生活費③:水道代

水道代の目安:2,000円

水道代は2ヶ月に1回、2ヶ月分が請求される。あくまでも目安だが、2ヶ月に1度4,000円程度が請求されると考えよう。節約するために湯船に浸かる回数を減らし、シャワーでやり過ごす人もいるが、追い焚きを活用できる場合はお湯をためた方が割安の場合もある。

手取り20万円一人暮らしの生活費④:通信費

通信費の目安:9,000円

スマホ代やWi-Fi、光回線の利用にかかる費用が通信費だ。現在は格安SIMや格安プランも増えているため、節約できるサービスがないか探してみよう。また、「インターネット無料」といった物件を選ぶと、通信費が家賃に含まれるためお得である。

手取り20万円一人暮らしの生活費⑤:交通費・娯楽費

交通費・娯楽費の目安:22,000円

通勤・通学にかかる電車代など避けられない金額も含まれるが、自転車や徒歩などの移動を増やすことで節約できる。1駅違いで電車賃が上がる場合、1駅手前で降りて自宅まで歩けば、節約しながら健康の維持もしやすくなる。

手取り20万円一人暮らしの生活費⑥:日用品費

日用品費の目安:21,000円

以下のような品物を購入する際にかかる費用を日用品費という。

・ティッシュペーパーやシャンプー、せっけん、生理用品などの消耗品
・衣服にかかる費用
・雑費

消耗品は格安なスーパーに出かけたり、まとめて購入したりすると節約につながる。コンビニは割高なことが多いので、面倒でも安いスーパーまで足を伸ばして購入しよう。

手取り20万円一人暮らしの生活費⑦:その他

その他の費用の目安:33,000円

その他の費用として33,000円前後の余裕をもたせておくと良い。貯金に回すことが基本だ。しかし、冠婚葬祭のように突如として出費が必要になるケースもある。余剰金が生まれそうだとしても、その分を家賃や食費・交際費などにすべて使うのではなく、万一に備えることが大切だ。

次のページでは、東京で手取り20万円でも住みやすい家賃の部屋を探す4つのコツをご紹介する。

12
>
リンクをコピー
関連記事関連記事