よりよいお部屋探しや賃貸物件の検索に役立つ記事が満載のCHINTAI情報局

全国トップ > CHINTAI情報局 > 暮らしのギモン > 24時間換気システムとは?義務化された理由や電気代を解説

24時間換気システムとは?義務化された理由や電気代を解説

Woman.Storeオープン!

24時間換気システムとは

24時間換気

24時間換気システムはこんな見た目

24時間換気システムとは、窓を開けなくても外気の空気を室内に入れ、室内の空気を外に排出する仕組みのことを指す。

24時間換気システムの名前を見ると、トイレやお風呂などの換気扇をイメージする人もいるかと思うが、換気扇は「局所換気」と呼ばれ、臭気や大量に水蒸気が発生するトイレやキッチン、お風呂場などの換気設備として使用される。
「常期換気」と呼ばれる24時間換気システムは、ゆっくりと家全体の空気を入れ替えて循環させていく換気システムで、換気扇とはまったく違った目的で使用されている。約1時間で室内の半分ほどの空気を入れ替え、日々の生活を向上させるシステムだ。

現在では24時間換気システムは義務化されているが、どのような理由があるのだろうか。

24時間換気システムが義務化された理由

最近は気密性の高い建物が多く、24時間換気システムがないと、空気が循環せず住宅の中に空気がこもってしまう。そうなると、家具の材質であるホルムアルデヒドや、家の中に潜むダニやカビなど、住宅が原因でさまざまな健康障害が出る「シックハウス症候群」の発症につながってしまうのだ。

シックハウス症候群を防ぐために、2003年に改正建築基準法により、すべての住宅に24時間換気システムの設置することが義務付けられた。賃貸や持ち家など関係なく、2003年以降に建てられた住宅には必ず24時間換気システムが設置されている。

24時間換気システムの種類とメリット・デメリット

24時間換気システムは、外からの空気を取り入れる「給気」と室内の空気を外に排出する「排気」を行う。その給気や排気方法の組み合わせは3種類ある。
その3種類の換気システムはどのようなものなのだろうか。ここでは、それぞれの特徴やメリット・デメリットを見ていこう。

第1種換気方式

換気扇などの機械によって、強制的に外からの給気と室内からの排気の両方行うことを「第1種換気方式」と呼ぶ。

第1種換気方式は給気も排気も機械によって行うので、24時間換気システムの中でも空気の流れを一番コントロールしやすいのが特徴だ。デメリットとしては、すべてを機械で動かしているので、ランニングコストが高くなってしまうことである。

第2種換気方式

外からの給気は換気扇などの機械で行い、排気口などから自然に屋外へ排気する方法を「第2種換気方式」と呼ぶ。

第2種換気方式はランニングコストが抑えられる反面、排気が十分に行われず結露の原因になる場合がある。とくに外気と室内の温度差が激しい地域では結露が発生しやすくなるので、注意が必要だ。

この方式はあまり住宅では使用されておらず、機械で強制的に綺麗な空気を外から取り入れるため、無菌室やクリーンルームに採用されている。

第3種換気方式

第2種換気方式とは反対に、給気口から自然に給気し、排気は換気扇などの機械によって行う方法を「第3種換気方式」という。

第3種換気方式だと、ランニングコストが抑えされ、かつ排気は機械で強制的に行うので結露が発生しづらくなり、高気密高断熱の家にぴったりの換気方式だ。

しかし、昔ながらの日本家屋など気密性の低い住宅では、天井などから外気が室内に入り込み冷暖房の費用があがってしまうデメリットがある。また、給気が自然換気だと、外の空気の温度がそのまま部屋に入ってしまうので、冬場は寒く感じてしまう場合もあるだろう。

電気代は月々数百円しかかからない

24時間換気2

電気代がかかるデメリットよりも換気できるメリットの方が大きい

24時間換気システムを使用していると、気になるのは電気代だ。24時間ずっと換気システムを使っていても、なんと月にかかる電気代は100〜500円程度である。

参考に一般的な換気扇の電気代を確認してみよう。お風呂場の換気扇は約20Wなので月400円程度、キッチンの換気扇は約30Wなので600円程度になる。規模は他の換気扇より大きいが、かかる費用はたった月数百円。

そんな低費用でシックハウス症候群を防げて、掃除の手間がかかる結露問題も解消できるのは、とてもコスパがいいといえるだろう。

24時間換気システムを快適に使うには日々の手入れが大切

綺麗な空気の中で生活するには、24時間換気システムの掃除が必須だ。

しかし、外気を取り入れるフィルターは外気の汚れを遮断してくれているので、定期的に汚れを取る必要がある。また、室内の空気にもホコリやダニが舞っている状態なので、何もしていなくても時間が経つと空気が汚れてしまう。

ここからは、24時間換気システムの吸気口と排気口のお手入れ方法を解説していく。まず掃除をする前には、電源スイッチをオフにしよう。

吸気口のフィルター交換と掃除方法

吸気口は常に外気を取り込んでいるので、掃除を怠っていると粉塵や花粉、虫などがフィルターについたままの状態になっていることがある。そんな状態が続くと、24時間換気システムが作動していても綺麗な空気が入らず、換気が無駄になってしまう。
そこで、清潔な環境を保つためにもフィルターのお手入れをしよう。フィルターの交換は、半年に一度が目安だ。また、24時間換気システムのフィルターには2種類あることも覚えておこう。

・定期的にお手入れして、長く使用し続けるフィルター
・一定の期間使用したら、新しいフィルターにする交換方式

掃除をして長く使えるフィルターの方がコスパはいいが、都度交換できるフィルターの方が衛生面では有効だ。交換式のフィルターは、ホームセンターや通販サイトなどで購入可能である。

吸気口の掃除の手順は、メーカーに関わらず以下の通りだ。

・吸気口のカバーをはずす。
・フィルターをはずしてホコリなどの汚れを取り水で洗う。
・フィルターを乾かす。
・乾いたフィルターを元に戻し、カバーをつける。

細かい手順は、取扱説明書を参考にしてみよう。

排気口の掃除方法

外気を取り入れている吸気口の方が汚れが目立つので気になりがちだが、室内の空気を外に排出する排気口の掃除も忘れずに行おう。

基本的には吸気口の掃除方法と同じだが、排気口は天井近くに配置されている場合があるので、フィルターの取り外しの際は安全に気をつけてほしい。

また、室内の空気を外に排出する際、大きいホコリが入り込んでダクトが詰まらないように網目の荒いフィルターがついている。そのフィルターも定期的に綺麗にしておこう。

24時間換気システムはメリットが多い

24時間換気システムを使うことで、結露によるカビなどの問題も減らせる。24時間換気システムは、コスパが高い住宅設備といえるだろう。

また、24時間換気システムのメンテナンスをきちんとすることで、クリーンで健康的な生活を送れるのだ。綺麗な空気を取り入れて、生活の質を向上させよう。
一人暮らし向け賃貸物件はこちら!

東京の人気駅から賃貸物件を探す
池袋駅 中野駅 北千住駅 赤羽駅 笹塚駅 三鷹駅 清澄白河駅 八王子駅 新宿駅 祐天寺駅

東京の人気市区町村から賃貸物件を探す
港区 文京区 江戸川区 練馬区 杉並区 中野区 板橋区 渋谷区 目黒区 台東区

東京の人気駅から賃貸物件を探す
池袋駅 中野駅 北千住駅 赤羽駅 笹塚駅 三鷹駅 清澄白河駅 八王子駅 新宿駅 祐天寺駅

東京の人気市区町村から賃貸物件を探す
港区 文京区 江戸川区 練馬区 杉並区 中野区 板橋区 渋谷区 目黒区 台東区

あなたにあったお部屋探し ネットでCHINTAIで見つけよう
あなたにあったお部屋探し ネットでCHINTAIで見つけよう
ホテル暮らし・ホテルステイで街をお試し!
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
CHINTAIピックアップ!
カテゴリー
アーカイブ
チンタイガー公式twitterアカウント@CHINTiger