よりよいお部屋探しや賃貸物件の検索に役立つ記事が満載のCHINTAI情報局

全国トップ > CHINTAI情報局 > グルメ > ゴーヤのワタ、まだ捨ててるの?フワトロ&カリカリ極うまレシピで夏バテ知らず!

ゴーヤのワタ、まだ捨ててるの?フワトロ&カリカリ極うまレシピで夏バテ知らず!

ゴーヤのワタ、捨てないで! 栄養満点&おいしい簡単レシピをご紹介

ゴーヤのワタは立派な食材!

ゴーヤのワタは立派な食材!

野菜のおいしい季節が到来! 夏野菜の王様といえば……ゴーヤ!
ゴーヤチャンプルーや天ぷらなど、ほろ苦さが嬉しいゴーヤ料理。ビタミンたっぷりなのも魅力的だ。

ところでみなさん、ゴーヤのワタとタネって、どうしてる? まさか、捨てちゃあいないよね?

「だって食べられないでしょ?」と思った人。ゴーヤのワタを捨てるなんて、もったいない!
ワタやタネは、緑の果肉部分より栄養が豊富! ビタミンCは果肉のなんと3倍以上。カリウムやカルシウムなどのミネラル成分も豊富で、汗をたくさんかく夏にもってこいなのだ。

しかも、味も文句ナシにおいしい!
フワフワのワタの部分は苦味が少なく、加熱するとナスのようにトロリとやわらかに。タネはほどよい固さでカリッと心地よい食感だ。

そこで今回は、ゴーヤのワタをおいしくいただく簡単レシピをご紹介。
もし「捨ててる」と答えた人は、後悔すること間違いなし!
ゴーヤの栄養とおいしさを、余すことなくご堪能あれ。

ゴーヤのワタレシピ① ゴーヤのワタの素揚げ

まず紹介するのは、もっともシンプルな「ゴーヤのワタの素揚げ」。ゴーヤから取り出したワタとタネを、そのままカリッと揚げるだけ!

ナスの素揚げに近いが、ほろ苦さが加わってグッと大人の味に。特筆すべきは、タネの香ばしさ! ナッツのようなカリッとした食感で、ビールが進むこと請け合いだ。

おつまみの新定番!ゴーヤのワタの素揚げ

おつまみの新定番!ゴーヤのワタの素揚げ

「ゴーヤのワタの素揚げ」の作り方

①. フライパンにサラダ油を2cmほどの高さまで注ぎ、中火にかける。

油は少なめでOK

油は少なめでOK

②. 箸を入れるとチリチリと泡が立つくらいに温まったら、ゴーヤのワタを加える。上下を返しながらきつね色になるまで揚げ、キッチンペーパーなどで油をきる。器に盛り、塩ひとつまみをふってできあがり。

ゴーヤのワタの素揚げの完成!

きつね色に揚がれば完成!

ゴーヤのワタレシピ② ゴーヤのワタと卵のふわふわスープ

ゴーヤのワタは煮込むとふわふわ、トロトロに!ふんわりとした溶き卵と絡んで、なんとも優しいスープに仕上がった。

これ1杯で栄養満点。香ばしさとほろ苦さが食欲をそそるので、夏バテ対策にオススメの1品だ。

ゴーヤのワタと卵のふわふわスープ

ふわトロ感とほろ苦さがクセになる!

「ゴーヤのワタと卵のふわふわスープ」の作り方

①. 鍋にごま油大さじ1を入れ、長ネギ約10cmを短冊切りにして加え、香ばしいにおいがするまで炒める。ゴーヤのワタを加え、さっと炒める。

長ネギ、ワタをごま油で炒める

長ネギ、ワタをごま油で炒める

②. 水400mlを加え強火にし、沸騰したら鶏がらスープのもと、しょうゆ各小さじ2、こしょう少々を加えて弱火で3分煮込む。

ワタがトロリとするまで煮込む

ワタがトロリとするまで煮込む

④. 強火にして再沸騰させたら、卵1個を溶いて加えてひと混ぜする。器に注いでできあがり。

卵がふんわりとしたら完成!

卵がふんわりとしたら完成!

ゴーヤのワタレシピ③ ゴーヤの丸ごとピカタ

そもそも、ゴーヤとワタを分けることがナンセンス。せっかくなら丸ごといただこう! ゴーヤの果肉の苦味、ワタのトロッとした食感、タネのカリカリ感がすべて味わえる。
卵で苦味がまろやかになっているので、子供のお弁当のおかずにもオススメだ。

果肉を別の料理に使う場合は、ワタだけをピカタにして焼いてもOK!

栄養満点!ゴーヤの丸ごとピカタ

栄養満点!ゴーヤの丸ごとピカタ

「ゴーヤの丸ごとピカタ」の作り方

①. ゴーヤを約5mm厚さの輪切りにする。

ゴーヤをワタごと輪切りにする

ワタごと輪切りにする

②. 両面に片栗粉を薄くまぶす。

卵をしっかりまとわせるため、片栗粉をまぶす

卵をしっかりまとわせるため、片栗粉をまぶす

③. 卵1個に塩ふたつまみ、こしょう少々を加えてよく溶き、③の両面にまとわせる。

溶き卵でコーティング

溶き卵でコーティング

④. フライパンにサラダ油大さじ1を入れて中火にかけ、③を並べて焼く。卵が固まったら裏返し、裏面も固まったらふたたび卵液にくぐらせ、両面がきつね色になるまで焼く。器に盛り、ケチャップを添えてできあがり。

卵に2回くぐらせ、きつね色になるまで焼く

卵に2回くぐらせ、きつね色になるまで焼く

ゴーヤのワタは立派なご馳走だった!

さっと火を通すだけで、ふわふわ、トロトロ、カリカリと新食感で楽しませてくれるゴーヤのワタ。
こんなにおいしくて、栄養豊富なものを今まで捨てていたなんて……悔しすぎる!

せめて今日からはワタを捨てずに、丸ごとおいしくいただきたいもの。
夏野菜がおいしいこれからの季節、ゴーヤ料理をぞんぶんにお楽しみあれ!

ゴーヤは「ワタ」がおいしい!

ゴーヤは「ワタ」がおいしい!

文・写真・レシピ=よしもとこゆき
フードコーディネーター、ライター。世界にもっと、「美味しい」魔法を広めるため、レシピ開発やスタイリング、飲食店プロデュースなど食に携わる仕事を中心に、デザインやイラスト、コラムの執筆など幅広く活動中。web:http://table411.net/

あなたにあったお部屋探し ネットでCHINTAIで見つけよう
あなたにあったお部屋探し ネットでCHINTAIで見つけよう
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
みんなの流行ランキング
CHINTAIピックアップ!
カテゴリー
アーカイブ
チンタイガー公式twitterアカウント@CHINTiger