【賃貸ワンルーム収納術】女性必見のランジェリー収納術も!ワンルームのクローゼットを見た目も使い勝手も美しく変える方法とは

公開日:
最終更新日:

使い勝手がガラリと変わる 美しく機能的なクローゼットの収納術!

一人暮らし用のワンルームは、居住スペースを優先的に確保するため、どうしても収納スペースが小さい(場合によっては無い)設計になりがち。そのため、「部屋にものがあふれて雑多に」「無理やり詰め込んだら、収納内でものが迷子に」なんてことも……。

でもご安心を。そんな狭いワンルームの収納スペースでも、工夫次第で美しく機能的使うことができるのだ。そのコツを収納のプロが伝授!

今回は、ワンルーム住人を最も悩ませる、クローゼットの収納テクニックをご紹介する。

一人暮らし用の賃貸物件のクローゼット
狭いクローゼットでもちょっとしたコツで機能性も収納力もUP!

まずはクローゼットの中を「エリア分け」しよう!

クローゼットのタイプやサイズに関係なく、まず最初にしたいのが、クローゼット内の『エリア分け』。

どこに何を収納するのかを明確にすることで、すっきりと美しく、機能的なクローゼットになるうえに、整理されることで収納力アップにも繋がる。

ポイントは、“よく使うものは、見やすく取り出しやすい中央に配置”すること。早速、自宅のクローゼットを開いて考えてみよう!

クローゼットの上段をあまり使わないものエリア、吊るすエリア、引き出しエリアに分ける
ライフスタイルや何を収納するかによって変わってくるが、基本的にはこれをベースに。

吊るすエリアのセオリーを覚えておこう!

エリア分けができたら、次は各エリアの収納を考えてみよう。

まずは、メインとなる『吊るす』エリア。このエリアは最もよく使ううえに、最も目に付きやすい場所。よって、クローゼットの中でも特に“美しく機能的”であることがポイントだ。

①.吊るし方は“カテゴリー別”または“色別”

洋服がきれいに吊るされたクローゼット
服が見やすく選びやすいお店の並べ方を参考にしてもいいかも

美しく機能的に衣類を吊るして収納するために、「吊るし方のルール」を決めよう。おすすめは、パンツ、スカートブラウスなどの“カテゴリー別“。あるいは、白系、黒系、イエロー系など“色別”にすること。

吊るし方にルールを決めれば、忙しい朝の外出時でもさっと服を取り出してコーディネートができ、ワンランク上の機能的で美しいクローゼットに!

②.ハンガーはマルチに使えるものを選ぼう

MAWA すべり落ちないマワハンガー 人体ハンガー 10本組 ブラック 116065
¥2,098/MAWA

ハンガーにかける衣類は季節によっても異なるうえに、その年々で変化することも。だから、用途別に何種類もハンガーを持つより、マルチに使えるものを選びたい(狭い一人暮らしのクローゼットならなおさら!)。

おすすめなのは、MAWAのアーチ型のハンガー。衣類がすべり落ちず、また、長時間吊るしておいても肩が飛び出ないのも◎。

なお、ハンガーはバラバラだと雑多な雰囲気になるので、できれば揃えること。ハンガーを揃えるだけで美しく収納ができるのだ。

また、パンツなどがかけられるバーがついたタイプのものもある。また、コートやニットなどは厚みのあるタイプを選ぶとよい。

③丈の長い衣類は「ハンガー2個使い」で解決!

築年数の古い物件や、和室を洋室にリフォームした物件などの場合、押入れ型(いわゆる2段になっている)タイプのクローゼットも少なくない。そこに、コートやワンピースなど丈の長い衣類を吊るそうとすると、裾が床についてしまい、シワシワになってしまうことも……。

そんな時は、ハンガーを2個使って収納しよう。これなら、高さのないクローゼットでも、ワンピースやコートの裾がシワシワになることなく、スッキリ収納できる。

裾が床についてしまうワンピースをハンガー2個使いで収納している様子
「下に引き出しを置きたいけどスペースが足りない」という時にも使えるテクニック。

次のページでは、クローゼットの引き出しエリアの収納術とあまり使わないものエリアの活用術をご紹介!

12
>
リンクをコピー
関連記事関連記事