よりよいお部屋探しや賃貸物件の検索に役立つ記事が満載のCHINTAI情報局

全国トップ > CHINTAI情報局 > 暮らしのギモン > 二人暮らしの「薬箱」&「ポイントカード」収納術!管理楽ちんアイデア紹介

二人暮らしの「薬箱」&「ポイントカード」収納術!管理楽ちんアイデア紹介

二人暮らしの「薬」と「ポイントカード」、どうやって管理してる?

喧嘩中のカップル

モノの収納がうまくできていないと、ささいなことが原因でケンカになってしまうことも?

二人暮らしだと、個人で使うモノと共有で使うものがあり、管理が難しくなるもの。中でも「二人のものがすぐに混ざってごちゃごちゃになる」と悩みがちなのが、「薬箱」と「ポイントカード類」だ。

ごちゃごちゃ混ざってしまうと、使い勝手が悪いだけでなく、「別々で管理していたら相手も同じものを持っていた」とか、「あそこの店のポイントカード、言ってくれれば私が持ってたのに……」とか、「必要なときに、必要なものが見つからない」とか、デメリットも大きい。

そこで今回は、「薬箱」と「ポイントカード」をお互いがストレスフリーで使える収納術を紹介する。

【二人暮らしの薬箱あるある】細かいアイテムが多く、気付けばケースの中がカオスに

こまごまとしたアイテムが多い薬箱。風邪薬や湿布など二人で共有する薬もあれば、病院の薬局でもらった個人の薬もあり、出したりしまったりしているうちに、ケースの中がごちゃごちゃになってしまいがち。

この状態が続くと、中身がないのに箱だけ残っていたり、使い切らないまま存在を忘れていた薬があったりして、必要なときに「いつもの薬がない!?」「使用期限が過ぎてる!」と慌てることになってしまう。

ごちゃごちゃな薬箱

これじゃあ、どこに何の薬が入っているのかわからない……

【二人暮らしの薬箱収納テク】仕切り付きのケースを活用&立て収納で一覧性アップ

必要なときに必要な薬を取り出せるようにする、二人の薬が混ざらないようにするためには、仕切りがついたケースを活用するのがおすすめだ。

使うアイテム:仕切り付きのケース

今回は、無印良品の「ポリプロピレン収納キャリーボックス(幅15cm×奥行き32cm×高さ8cm)」(990円)を使用。

無印良品の「ポリプロピレン収納キャリーボックス(幅15cm×奥行き32cm×高さ8cm)」(990円)

持ち運びしやすい点も便利

収納する前に、一度すべての薬をケースから出し、「期限が切れた薬」「もう使わない薬」を処分しよう。定期的に薬箱をチェックする習慣をつけることも大切だ。

薬箱収納のポイント

さて、ではいよいよ収納。次の3つのポイントを意識して、薬を収納していこう。

無印良品の「ポリプロピレン収納キャリーボックス」に薬を収納した様子

上から見てすべての薬が一覧できるようにする

薬箱収納のポイント1.すべての薬が一覧できるようにする

薬箱がごちゃごちゃしやすい原因は細かいアイテムが多く、箱を重ねたり、隙間に小さい薬を入れたりしてしまうから。

薬の収納に限らずだが、モノを収納するときはなるべく「立て収納」を意識したいもの。

薬の場合、ケースに入っている薬は品名が見えるように立てて並べ、それ以外の薬も立てて収納し、重ねないようにしよう。こうすることで一覧できるようになり、すぐに必要な薬を取リ出すことができる。

薬箱収納のポイント2.スペースごとに「共用の薬」「自分の薬」「パートナーの薬」を分ける

風邪薬や湿布など共通で使用する薬と、自分とパートナーが個別に使う薬を置くスペースをあらかじめ決めておこう。上の写真の場合では、中央の大きいスペース2つは共通の薬、左右のスペースには個人の薬を配置した。

使ったあとは元の場所に戻すルールにすることを忘れずに。

薬箱収納のポイント3.バラバラになりやすい薬は、同じサイズのケースや袋に入れる

100円ショップのチャック付きポリ袋

100円ショップで買える整理用の透明な袋がお手頃

いつも飲んでいて用法が分かっている薬や絆創膏などは、箱から出して保管することをおすすめする。

透明な袋やケースに入れて保管すれば、中身の種類や減り具合が一目瞭然。薬の箱は大きさがまちまちで収納ケース内で場所を取ってしまいがちだが、同じサイズの袋やケースにそろえることで、収納力と取り出しやすさがアップする。

下のほうに潜り込んでしまいがちな細かいアイテムも、袋やケースに入れておけば行方不明になりにくい。

使う人ごとに薬を入れるスペースを決め、一覧できるように収納することで、「二人の薬がごちゃごちゃになる」「何があって何がないのか分かりにくい」という状態は回避できるはず。

いざというときにすぐに使えるように、一度薬箱の収納を見直してみよう。

【二人暮らしのポイントカード収納あるある】互いが別々に所有していて必要な時に見つからない

ショップのポイントカードは、多くの人がそれぞれ財布なり、カードケースなりに収納して持ち歩いているだろう。一人暮らしだったらこれで何の問題もないのだけど、二人暮らしの場合、「あそこの店のポイントカード、私が持ってたのに。言ってよ!」なんて、ちょっとしたケンカが始まってしまうこともあり得る。

とくに、よく行く近所のスーパーやクリーニング店などのポイントカードは、うっかりそれぞれが所有してしまいがちなのでは? 

ポイントカードを別々に所有している様子

ポイントカードを別々に持ち歩いてると、損をすることも

【二人暮らしのポイントカード収納テク】「共有カード」専用のカード入れを作ろう

こうしたポイントカードのダブりをなくして、ポイントを賢く貯めていくためにおすすめなのが、「共用カード」専用の入れ物を作ることだ。

使ったアイテム:100円ショップのミニポーチ3個

100円ショップのミニポーチ。B7サイズでチャックの色が違うタイプが使いやすい

100円ショップのミニポーチ。B7サイズでチャックの色が違うタイプが使いやすい。カードケースを利用するのもおすすめ

ポイントカード収納のポイント

ポイントカードの収納のポイントは次の2つ。

100円ショップのミニポーチにカードを入れた様子

「共用」「自分用」「パートナー用」の3つに分類

ポイントカード収納のポイント1.「共用カード」を入れたポーチを作る

二人が共通で行くショップのポイントカードは個別に管理するのではなく、「共用カード」として専用のポーチに入れて管理するのがおすすめ。

「自分用」「パートナー用」はなくてもいいが、財布に入りきらないカードを保管する場合は、「共用カード」と同じポーチに保管すると管理しやすくなる。さらに、個別のカードは「ショップカード用」と「診察券用」などに分けると、大量のカードから必要なカードを探す手間を省けるだろう。

ポイントカード収納のポイント2.「共用カード」のポーチは定位置に保管

「共用カード」は決まった場所に保管し、どちらかが買い物に行くときにポーチごと持って行こう。「このポーチに買い物に必要なカードが入っている」と分かっていれば、安心して買い物に出かけることができるだろう。

ポーチを持っていく図

買い物に出かける時に、ポーチを持って行こう

ポイントカードをうまく使えば、家計の節約にもなる。共有カードポーチを作って定位置管理しておけば、出掛ける前に「あの店のポイントカード、持ってる?」といったやりとりをする時間も取られない。この方法に限らず、お互いがストレスなく共有しやすいルールを作るといいだろう。

一度「片付く仕組み」を作れば、ぐんと使いやすくなる!

「薬箱」や「ポイントカード」の収納は、目立ちにくく見逃してしまいがち。ぜひ一度見直して、自分なりに使いやすい仕組みを作ってみては。

二人暮らし向け賃貸物件はこちら!

文・写真=村上佳代
ライフスタイル系を中心にコンテンツ制作を手がけるエディター&ライター。整理収納アドバイザーの資格を持つ

あなたにあったお部屋探し ネットでCHINTAIで見つけよう
あなたにあったお部屋探し ネットでCHINTAIで見つけよう
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
みんなの流行ランキング
CHINTAIピックアップ!
カテゴリー
アーカイブ
チンタイガー公式twitterアカウント@CHINTiger