よりよいお部屋探しや賃貸物件の検索に役立つ記事が満載のCHINTAI情報局

全国トップ > CHINTAI情報局 > インテリア > 【6畳インテリア】一人暮らしの狭い部屋を広く見せるコツ

【6畳インテリア】一人暮らしの狭い部屋を広く見せるコツ

6畳しかない一人暮らしの狭い部屋を広く見せたい!

一人暮らしのインテリア

狭いながらも楽しい我が部屋。広見せできたらなお楽し!

正直、一人暮らし向けのワンルームは狭~い! でも、インテリアの置き方や選び方で広く感じさせることができるって知ってた?

今回は、各種メディアで活躍しているインテリアコーディネーターの小島真子さんに、一人暮らしのスペースを有効に使えるインテリア術を教えていただいた。

さまざまなレイアウト相談を解決してきたインテリアのプロがおすすめするテクニックは、これから一人暮らしを始める人はもちろん、夏に向けて模様替えを考えている人も必見!

【6畳インテリア】家具のレイアウトや選び方のコツ

家具を置くスペースは部屋の30%に

──狭い部屋に置く家具の選び方を教えてください

まずは「自分はこういう生活をしたい!」というビジョンを明確にしましょう。趣味を満喫したい、しっかり休息できる部屋にしたいなど、ライフスタイルの中心に据えるものによって選ぶ家具は変わってくるからです。例えば、読書が好きなら本棚があったほうが良いし、ファッションを楽しみたいならワードローブを整える必要があります。

そのイメージに沿って、ベッド(寝具)やテーブル(デスク、座卓)などのマスト家具+自分のライフスタイルに必要なアイテムをリストアップしたら、それぞれの家具のサイズを考えます。部屋を広く見せたいなら、床に置く家具を部屋面積の30%程度にとどめると良いでしょう。6畳の部屋なら2畳くらいですね。

家具を購入する時は、サイズ入りの間取り図を持っていくのを忘れずに。写真を撮っておけば、より明確なサイズ感とレイアウトをイメージすることができます。コンセントの位置も把握しておきましょう。

コンセント

テレビやオーディオなどはコンセントの位置が大事

むやみにコンパクトな家具を選ばない

──家具のサイズや形で気をつけることはありますか?

家具のフォルムは、スクエアならスクエア、ラウンドならラウンド、と統一して部屋の雰囲気をまとめましょう。無印良品、unico、Francfranc、NOCEなど、家具をトータルコーディネートできるショップを利用すると、サイズやフォルムを合わせやすいですよ。

そして、背の高い家具よりは低い家具が良いです。どうしても背の高い家具が必要ならば、オープンシェルフなど圧迫感のないデザインを選んでみてください。

ちなみに、コンパクトすぎる家具は結果的に部屋を狭くします。小さな家具は収納や機能で事足りなくなる場合が多く、後で細々した家具を買い足していく羽目になるからです。

部屋面積とのバランスを考えつつ、一つでいくつも役割を持たせられる物を選びましょう。幅を伸張できるタイプの家具もおすすめです。

テレビ台

テレビ台などもジャストサイズより少し余裕がある物を選ぼう

家具の配置は〝手前を高く、奥を低く〟

──家具のレイアウトで部屋を広く見せることはできますか?

部屋の入口付近には背の高い家具を、奥へ行くに従って背の低い家具を配置すると、部屋を広く見せることができます。遠近法を利用するんです。

そして、入口から部屋奥までの動線上には物を置かないこと。つまり、家具は壁面に沿って配置します。部屋中央付近の床をある程度まとめて見せることで〝抜け感〟が生まれ、空間全体を広く見せることができます。

〝床を見せる〟というポイントは家具選びでも重要です。床に密着するタイプは避け、脚付きの物をチョイスすれば、家具の下の床を見せることができます。その脚も太いものよりは細い物が良いでしょう。

家具の奥行きを揃えて配置するのも、部屋を広く見せるテクニックの一つです。奥行きが足りないところにはグリーンなどを組み合わせて、できるだけデコボコをなくしましょう。

一人暮らしのインテリア

床と家具の間にスペースを作って圧迫感をなくすことがポイント

【6畳インテリア】狭い部屋が広く見えるカラーコーディネート

膨張色を取り入れよう

──部屋を広く見せるカラーコーディネートを教えてください

白やパステルなどの明るい色は、実物より大きく軽やかに見せる効果がある〝膨張色〟です。この膨張色をインテリアに取り入れると部屋が広く見えます

よく黒一色でコーディネートしている部屋を見かけますが、狭い部屋ではおすすできません。黒などの暗くて強い色は実物より小さく重く見せる性質があるからです。こうした〝収縮色〟はフォーカルポイントやアクセントに向いています。

一人暮らしのインテリア

白を基調としたコーディネートに差し色を取り入れると部屋の印象が程良く引き締まる

──おすすめのカラーコーディネートはありますか?

2019年のトレンドカラーはコーラルピンク系やオレンジ系です。白コーデに差し色として入れ込んで、明るく温かみのある部屋を演出するのも良いですね

反対色で遊んでみるのも楽しいですよ。例えば、水色ベースのインテリアに黄色やネイビーなどでアクセントを加えてみるとか。クッションなどの小物でトライしてみてください。

同色の濃淡でグラデーションをつけるなど、色数を抑えたコーディネートもおすすめです。目に入る情報が少なくなると、部屋に落ち着きが生まれます。

コーラルピンク

コーラルピンクはウッド系インテリアや観葉植物との相性も良い

【6畳インテリア】ワンルームにおすすめの収納術

〝死角〟を有効活用しよう

──ワンルームの空間をうまく利用するための収納法を教えてください

小さな部屋で床に物を直置きするのは絶対NG。玄関や部屋入口の真上などの〝死角〟を収納スペースに活用してみてはどうでしょう。釘が打てない賃貸物件でもつっぱり棚などを設置できると思います。

キッチンのシンク下や洗面台の下も立派な収納スペースです。固定観念にとらわれなければ、どこでも収納に使えますよ。

オシャレなつっぱり家具で壁面収納を作っても良いですね。DRAW A LINE というブランドのつっぱり棒は、フックやシェルフなどのオプションパーツを組み合わせてカスタマイズできて便利です。

シンク下

シンク下=水回り用品と決めつけず、アイデア収納に活用しよう

一人暮らしの狭い部屋でも快適に暮らすポイントは〝必要な物を必要な場所に必要なだけ持つ〟こと

──最後に、狭い部屋を快適にするコツを教えてください

〝必要な物を、必要な場所に、必要なだけ持つ〟ことが、狭い部屋を快適にするコツだと思います。油断していると狭い部屋はアッという間に物であふれてしまいます。物が増えれば収納家具を買い足さなくてはいけなくなり、どんどん空間を圧迫していきます。

最初にお話ししたように、インテリアはライフスタイルと深く結びついています。ライフスタイルが明確であれば、インテリアをはじめ、自分の生活に必要な物がハッキリします。自分に必要な物がハッキリしていると、買い物に出かけても「これは今の自分に必要ない」と衝動買いをしなくなるものです。

「自分はこういう生活をしたい!」というビジョンに向かって、大いに部屋作りを楽しんでください!

教えてくれたのは?

小島真子(こじままこ)さん
株式会社Laugh style 代表。インテリアコーディネート業をはじめ、メディア出演、セミナー講師、企画プロデュースなど、〝笑顔あふれる空間作り〟をコンセプトに活動中。
HP:http://www.laugh-style.jp

一人暮らし向け賃貸物件はこちら!

文=野中かおり

あなたにあったお部屋探し ネットでCHINTAIで見つけよう
あなたにあったお部屋探し ネットでCHINTAIで見つけよう
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
みんなの流行ランキング
CHINTAIピックアップ!
カテゴリー
アーカイブ
チンタイガー公式twitterアカウント@CHINTiger