よりよいお部屋探しや賃貸物件の検索に役立つ記事が満載のCHINTAI情報局

全国トップ > CHINTAI情報局 > 暮らしのギモン > 片付けられない人の行動を変える!片付けを習慣化させる部屋作りのコツ

片付けられない人の行動を変える!片付けを習慣化させる部屋作りのコツ

毎日片付けてもあっという間に散らかってしまうのはどうして?

一緒に暮らす人を見送った朝、家族が寝静まった夜、一人で掃除や片付けをしていると「どうして元に戻すことくらいできないの?」という小さな不満が積み重なり、片付けられない相手を責めてしまったことはないだろうか。

使ったものを箱の中に戻さず箱の上や横にポンと置く

片付けは“誰かが適当に戻すと、次に使った人も同じように繰り返す”といった連鎖反応も起こりやすい

たとえ収納ボックスにわかり易く名前が付いていたとしても、使ったものを箱の中に戻さず箱の上や横にポンと置く人がいる。「え?そこまで持っていったのにどうして箱の中に戻さないの?」「ふたをすることくらい簡単でしょ」と疑問に思うかもしれない。

だからと言って片付けを諦めたり、片付けられない人を責めてはいけない。これは片付けが得意不得意の話ではなく、元に戻すための動作の「習慣」が違うだけである。

では、この片付けによる差は分かち合うことができるのだろうか。今回は、実際の片付けの現場で整理収納アドバイザーが提案している片付けの解決策を紹介する。

片付けられない人の癖は部屋作りで直せる?

片付けられない人の特徴とは

片付けられない人にやんわりと片付けを促しても返ってくる言葉はズバリ!「めんどくさい」だ。

片付けられない人は、”片付けなくてもなんとかなる”と思っている。しかし適当なところにモノを置く癖があるので探し物をすることが多く、時間のロスや重複買いに繋がってしまう。

片付けられる部屋作りの大切さとは

小学校の教室:きれいに片付けられたランドセル

小学校の教室は、面倒な動作が要らない収納システムが整っている

片付けができる人とできない人の違いは「性格によるもの」と思われがちだが決してそうではなく、誰もが小学校で片付ける習慣を経験済みである。

大勢の子供が過ごす教室には、消しゴム程度の落とし物だけでランドセルや文房具は常に決められた場所に並んでいただろう。そこには扉や細かな仕切りはなく、面倒な動作が極力省かれ誰でも簡単に片付けられる仕組みがあるからだ。「頑張らなくてもいい楽な片付け」は毎日の習慣に取り入れやすく、子供は無意識に手を動かせるようになっていく。

次ページからは、片付けられない人の習慣を変える解決策をご紹介!

12
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
編集部おすすめ記事
最新記事
CHINTAIピックアップ!
カテゴリー
アーカイブ
チンタイガー公式twitterアカウント@CHINTiger