よりよいお部屋探しや賃貸物件の検索に役立つ記事が満載のCHINTAI情報局

全国トップ > CHINTAI情報局 > 部屋探し > こだわり過ぎて選べない! 賃貸物件を選ぶ際に妥協すべき条件・譲れない条件

こだわり過ぎて選べない! 賃貸物件を選ぶ際に妥協すべき条件・譲れない条件

こだわり過ぎると物件が選べない!

2択で悩む女性

何を選ぶかが、物件探しの第一ステップになる

物件探しをするときに、条件をこだわり過ぎて「希望に合う物件が全然ない!」と焦りを感じたことがないだろうか。少しでも良い条件を求めるのは自然なこととはいえ、ある程度の妥協をしないと、いつまでも希望に合う物件が出てこないという事態になってしまいかねない。

そこで今回は、賃貸物件を選ぶときに妥協できる条件、できない条件などについて考えてみよう。

賃貸物件に求める条件とは

間取り図

間取り図を見れば見るほど、混乱は増すばかり……

賃貸物件を探すときには条件を比較検討しながら進めるものだが、そもそもどのような条件を希望する場合が多いのだろうか。

よくある賃貸物件の希望条件:エリア・周辺環境

  • 通勤・通学先に乗り換えなし
  • 便利な路線沿いに位置する
  • 学校、職場が近い
  • 最寄りの駅から近い
  • スーパー、コンビニ、ドラッグストアが近い

よくある賃貸物件の希望条件:設備条件編

  • 築年数が浅い
  • バス・トイレ・洗面が別
  • 部屋が広い
  • 家賃が安い
  • 収納が豊富
  • 設備が新しい
  • 高階層にある
  • 防犯設備がある
  • 駐車場がある
  • 日当たりが良い
  • 眺めが良い

個人の要望はもっとあるかもしれないが、一般的にはアクセスの良さ、買い物の便利さ、部屋の快適さなどが条件として挙げられるだろう。ただし、条件の良い物件は家賃とのバランスが悩みどころとなることが多く、妥協点を選択しなければならなくなる。

賃貸物件の条件で妥協すべきこと

考える女性

ゆっくり考えてみることも、物件選びには大事な時間だ

賃貸物件の条件でどうしても妥協しなければならない時、何を選択すべきなのかを考えてみよう。

築年数

築年数が浅く新しい物件が理想的ではありますが、家賃などのバランスから妥協するべき項目となるだろう。「生理的に無理」という古さでなければ、リフォームしてある場合もあるため、築年数だけでは判断できません。築10年経っていても検討する範囲と考えても良いのではないだろうか

設備

キッチンやユニットバス、トイレなどの住宅設備は最新のものではなくとも妥協してもよいだろう。新しいことが望ましいだろうが、清潔感があるかどうかの方が重要である。そのため、下見の際に以前の入居者の使い方をしっかりとチェックすることをおすすめする。

階層

防犯の面や眺望のことを考えると、高階層である方がよいが、同時に家賃も高くなる傾向があるため、強いこだわりを持つことはおすすめできない。もちろん、日当たりを考慮する必要はあるが、高階層だからと窓を施錠していなければ、かえって侵入者にねらわれやすいこともある。「眺めがとても良い条件だった」という物件の特別な付加価値があるなら別だが、普通であれば妥協してもよい条件となるだろう。


賃貸物件の条件で譲れないこと

家賃

家賃で無理をするのは、あまり良いことではない

賃貸物件の条件で譲れないこととは、どのようなポイントだろうか。ふたつの例を紹介しよう。

家賃は重要なポイント

条件にこだわりすぎると、比例するように家賃が高くなることが多いのではないだろうか。しかし、自分が生活できる家賃の上限を超えてまで、物件の条件にこだわることは避けるべきだろう。安易に高い家賃を選ぶことなく、家賃の目安を軸にして、その上で再度条件を検討することをおすすめする。

周辺環境や住人の様子

物件の周辺環境は、自分で改善できることではないため、非常に重要なポイントのひとつだろう。物件の下見をすることは当然だが、騒音がないか、周辺が汚れた環境ではないか、変な臭いがないかなどしっかりと肌で感じることがよいだろう。

また、日中と夜の環境が変わることはよくある例だ。昼間は治安が良さように見えていても、夜になると街灯が少なく真っ暗になっていたり、公園があることで物騒な雰囲気を感じたり、実は居酒屋が多く酔っ払いが歩き回るエリアだったりと、日中では気がつかないこともある。部屋の居心地も重要だが、外の環境も影響が大きいため、妥協せずに観察すると◎。

賃貸物件の条件で譲れないこと

アドバイスをする女性

経験者にアドバイスをもらうことも大切だ

物件を選ぶときに、誰でも最初は条件をいろいろと並べてしまう傾向がある。しかし、自分が考えていた条件と家賃のバランスが難しいことが判明したときには、少し時間をおいて冷静に、客観的に検討することも必要となるだろう。また、不動産のプロにアドバイスをもらう方法もひとつかもしれない。いずれ、最適な妥協点が見出せるように、とことん検討したほうが後悔する可能性が少ないだろう。

賃貸物件の家賃や条件の相談なら不動産のプロにおまかせ!

登録して待つだけで部屋を探してもらえるCHINTAIエージェント

引越ししたいけれどどんな条件の部屋にしていいか悩んでいる、なかなか予算内で希望に合う物件が見つからない! そんなときは、「CHINTAIエージェント」におまかせ! お部屋探しの専門家が、オンラインであなたのお部屋探しをサポートしてくれる。

使い方は簡単。LINEアプリで「CHINTAIエージェント」を友だち登録し、7問のお部屋探しにまつわる質問に答えるだけ。待っているだけで、あなたにピッタリの物件をスタッフが探してくれる。

初期費用の相談だってOK。自分にピッタリの賃貸物件を楽して見つけたいなら、「CHINTAIエージェント」へ!


▼「CHINTAIエージェント」ってどんなサービス?詳しく知りたい方はこちらをチェック!
LINEのやりとりだけでラクして良い物件が見つかる!? 今ドキの部屋探しサービス

CHINTAIエージェント

文=miyako

一人暮らし向けの賃貸物件はこちら!

あなたにあったお部屋探し ネットでCHINTAIで見つけよう
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
みんなの流行ランキング
CHINTAIピックアップ!
カテゴリー
アーカイブ
チンタイガー公式twitterアカウント@CHINTiger