よりよいお部屋探しや賃貸物件の検索に役立つ記事が満載のCHINTAI情報局

全国トップ > CHINTAI情報局 > 暮らしのギモン > 部屋に花を飾ろう! 室内で花を長持ちさせる方法とは?

部屋に花を飾ろう! 室内で花を長持ちさせる方法とは?

お部屋に花を取り入れよう

花

花はとても身近な存在だ

「花」というのは多くの人にとって、とても身近な存在である。小さい頃であれば、花を摘んだ経験があるだろうし、小学校では授業の中で鉢花を育てる。卒業式や送別会では花束を贈るだろうし、春になれば花見に行くだろう。中でも「花見」は日本の伝統文化のひとつでもあり、花を愛でる素敵な機会である。

ところで、みなさんは「部屋に花を飾った」経験はあるだろうか? おそらく、一気にハードルが上がるであろう。ガーデニングをすることはあっても生活空間に花を飾るという習慣は、日本ではまだまだ根付いていないだろう。

しかし、明日からはぜひ、一輪でも花を飾っていただきたい。花にはリラックス効果があるので、疲れて帰ってきた部屋に花が一輪あるだけでほっとできるはずだ。今回は「切り花」を飾ることにポイントを絞って、花の選び方や飾り方を紹介しよう。

花選びの前に、まずは花屋選びが大事

花屋の店頭

近所の花屋さんをチェックしてみるのも◎

「切り花」とは根っこの付いていない花、花屋さんが花束にしてくれる花のことである。切り花を購入する際、どんな種類の花を選ぶかももちろん大事だけれど、実は「どこで花を買うか」ということがとても重要なポイントだ。

なぜなら、鉢植えの花とは違い、今咲いている花をできるだけ長く咲かせて、きれいにつぼみを開かせてあげることが必要になってくるので、新鮮な花を選ぶことがとても大事なのである。そのためには、できるだけ対面販売をしているお花屋さんを選ぼう。

スーパーの束売りのほうがもちろん手軽だが、自分で選ぶとなると、花選びに慣れていない人じゃないとあまり新鮮ではない花を選んでしまうこともある。

初心者であれば、スーパーで買う198円ほどのミックス花束よりも、対面販売で買う200円ほどの1本の切り花をおすすめする。店員さんに「部屋に飾る花がほしいのですが……」と相談すると、どんな花がいいかやお手入れ方法なども教えてくれるはずである。

部屋に飾る花を長持ちさせたい!「新鮮な切り花の見分け」

切り花

せっかく飾るなら、生き生きとした切り花がいい

切り花はどうしても寿命があるものである。だから苦手だという人も多いのではないだろうか。しかし、限りがあるものだからこそ、花選びや毎日のお手入れによってその寿命の長さはまったく変わってくるのである。

先ほど、初心者はお花屋さんで…とおすすめしたが、それでもやっぱりスーパーで手軽に買うところから始めたいという方のためにも、「新鮮な切り花の見分け方」を3つ紹介する。これに注意すれば、初心者でも新鮮なお花を購入することができる。

新鮮な花の見分け方1. 葉がしゃきっとしていて花びらが透けた感じがしていないか

まず、全体を見てみて花びらも葉もきれいだなと感じることが重要。まっすぐ伸びているか、折れ曲がっていたり、茶色いシミや傷がないかを確認する。また花びらを見てみて少し透けているような感じがするものは避けよう。
 

新鮮な花の見分け方2. 花粉がきれいな黄色、もしくはまだ花粉が出ていないか

花粉は切り花にとってはあまりよくない存在。特にユリなど白い花びらに花粉がついてしまうと、せっかくの白が黄色く汚れてしまい、美しさが台無しに。できるだけまだ花粉が出ていないものを選ぶのがいいだろう。また、ユリなどを購入した際は、花粉が出てしまう前に花粉を摘み取ってしまおう。
  

新鮮な花の見分け方3. がくが垂れ下がらずピンとしているか

花びらのまわりにあるがくは、花を支えてくれるようにピンと上を向いているのがベスト。外側に折れ曲がり、だらんとしているものは、そう長くは花がもたないので注意しよう。また、がくが緑ではなく黄色くなっているものも要注意。黄色くなっている部分から花びらがぼろぼろと取れてしまうのだ。

花が長持ちするか否かは置き場所とお手入れが決め手

花

花の正しい飾り方とは?

さて、次は花を飾ってみよう。鉢花を育てる時は、日の良くあたる場所におくという感覚があると思うが、室内で切り花を飾るという場面では、実はまったく正反対なのである。

直射日光があたらないできるだけ涼しい場所に置いていただきたい。ただ、涼しい場所といってもエアコンの風がよくあたる場所もNGだ。エアコンの風などが直接当たらない、やや陰になる場所があればベストである。

さらに、できるだけこまめに水を変えてあげることがとても大事。水換えの際には、ただ水を換えるだけではなく、枯れた葉っぱは取り除き、茎の先を少し切り、新鮮な状態にしたうえで、茎や花瓶にぬめりがあれば、必ずきれいに洗うようにしよう。

切り花を長持ちさせるためにはぬめりが大敵で、これを取り除くだけでも、かなり持ちに違いが出てくるだろう。

また、お花屋さんなどで購入した際には、切り花の長持ち剤をサービスでつけてくれる店もある。こういった薬は、ぬめりの原因になるバクテリアの発生を抑えてくれるものなので、ぜひ積極的に活用しよう!

部屋に花のある暮らしをはじめよう!

グラスに入った花々

暮らしに花をプラスして、心穏やかに

部屋に何かを飾ろうと思った時、ポスターや置物を飾るのもいいけれど、あえてやや手間のかかる切り花を飾っていただきたい。毎日、ちょっとした世話をしてあげることで、丁寧な生活を送れることができ、気持ちも豊かになる。何より、花には癒しの効果があり、季節を感じることもできる。

ぜひ、一輪の花を飾ることから「花のある生活」を始めてみよう!

文=Y.H
カットフラワーアドバイザーの資格を持つ。花屋勤務の経験や住宅情報誌の編集経験などがあり、現在はカフェ時々花屋の形態を持つお店を経営中

一人暮らし向け賃貸物件はこちら!

あなたにあったお部屋探し ネットでCHINTAIで見つけよう
あなたにあったお部屋探し ネットでCHINTAIで見つけよう
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
みんなの流行ランキング
CHINTAIピックアップ!
カテゴリー
アーカイブ
チンタイガー公式twitterアカウント@CHINTiger
お部屋探しガイドブック