よりよいお部屋探しや賃貸物件の検索に役立つ記事が満載のCHINTAI情報局

全国トップ > CHINTAI情報局 > 暮らしのギモン > 引越し後は「バルサン」を焚こう! 使用するタイミングや注意点など

引越し後は「バルサン」を焚こう! 使用するタイミングや注意点など

引越しをしたら即「バルサン」で新居の害虫対策を!

引越しをして、いざ新生活のスタート!と夢や希望に満ち溢れている時に、嫌な気分にさせられるのが害虫の存在。新しい部屋が長期間空き家だった場合などには、部屋に害虫が潜んでいる可能性がある。

新しい生活のはじまりを不快にしないためにも、新居では「バルサン」などの殺虫剤で防虫対策を行うのがおすすめだ。今回は、入居のタイミングでバルサンを焚く際のポイントや使用上の注意点などをまとめたので参考にしてほしい。

引越し先での害虫駆除には「バルサン」がおすすめ

引越し先での害虫駆除には「バルサン」がおすすめ

▼赤ちゃんがいる家庭はこちらの記事もチェック!
赤ちゃんがいても安心なバルサンの使用方法を、家事収納アドバイザーの本多弘美先生と実践!

引越し先でバルサンを使用するタイミングは?

新居でバルサンを使用するなら「引っ越し直後」!荷物を搬入する前が理想

引越し後の新居でバルサンを焚くのであれば、荷物を搬入する前が理想である。家の中に何もない状態であれば、家具の裏や戸棚の中など、害虫が隠れられる場所が少ない。また、精密機器や食品、観葉植物など、バルサンの煙にさらすと故障や傷みの原因になるものがないので、カバーをかけたりどけたりといった手間も省ける。新居の鍵の引渡し日から荷物の搬入日までに時間の余裕がある場合は、バルサンは搬入前のタイミングに使用しよう。

しかし、引っ越し先がよほど近所でない限り、新居へそう簡単に行くことはできない場合もある。荷物運び入れる前にバルサンを焚くのが難しいこともあるだろう。その場合はせめて荷解きをする前にバルサンを焚くことをおすすめする。

バルサンを使用する時間帯は「夜」が効果的

ゴキブリを効率よく撃退したいのであれば、ゴキブリの習性を知ることだ。ゴキブリは夜行性なので、暗くなってくると活動が活発になる。この習性をうまく活用し、暗くなった後にバルサンを使用すると効果が高くなる。もし可能であれば、引越しの荷物を搬入する前夜にバルサンを焚くのがおすすめだ。

バルサン 12~16畳用 40g

【第2類医薬品】バルサン12~16畳用 40g

【第2類医薬品】バルサンプロEXノンスモーク霧タイプ12~20畳用 93g×2

【第2類医薬品】バルサンプロEXノンスモーク霧タイプ12~20畳用 93g×2

次ページからは、バルサンの使用方法とポイントをご紹介!

12
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
CHINTAIピックアップ!
カテゴリー
アーカイブ
チンタイガー公式twitterアカウント@CHINTiger