一人暮らしの賃貸で、部屋干しする際のポイントは?適した場所や早く乾かすコツを解説

公開日:
最終更新日:

一人暮らしの物件に洗濯物を干す場所がない!部屋干しする際のコツとは?

狭いアパートで洗濯物を室内干し
スペースが限られたアパートでも、洗濯物を室内干しで乾かすコツ

一人暮らし向けの賃貸物件の中には、ベランダやバルコニーといった洗濯物を干すスペースが十分に確保されていない部屋も少なくはない。また梅雨の時期など雨が続く場合には必然的に部屋干しとなるが、特に気になるのが「部屋干し特有の臭い」ではないだろうか。

この記事では、一人暮らしの部屋で部屋干しをする際のコツについて解説する。また、部屋干しに適した場所やおすすめの除湿グッズなども紹介していくので、日々の洗濯に困っている方はぜひ参考にしてほしい。

部屋干しのコツを詳しく解説した記事はこちら!

一人暮らしの賃貸で、部屋干しするのに適した5つの場所

ベランダやバルコニーがない賃貸物件でも、部屋干しに適した場所はいくつかある。ここでは洗濯に適した場所を5つ紹介するので、自身が住む部屋の間取りを考えながらチェックしてほしい。

風呂場

実は部屋干し向きの環境が整っているのがお風呂場。換気扇を回したり、換気用の窓を開けたりしてから洗濯物を干すと乾きが早くなるだろう。また、部屋干しの際に生じる独特の嫌な臭いが部屋にこもる心配もない。

ただし、お風呂場はカビが発生しやすく、干した洗濯物にカビの胞子が付着する可能性があるため、干す前に浴室を清潔にしておく必要がある。入浴後は床や壁に熱いシャワーをかけて石鹸カスやアカなどの汚れを落とそう。仕上げに冷水シャワーをかけて、ワイパーなどで水切りをすれば完璧だ。

日の当たる窓際

日が当たる窓際も部屋干しに適している場所のひとつだ。日光が当たると周囲の空気が温まり、洗濯物の乾きが早くなる。

ただし、カーテンレールに洗濯物を干すのはNGだ。洗濯物がカーテンや窓に当たり、乾きが悪くなってしまう。またカーテンレールがゆがんでしまった場合、大家さんから修理代を請求される場合もあるので注意しよう。どうしても窓際に干したい場合は、突っ張り棒を設置するのがおすすめだ。

脱衣所

お風呂場に隣接しているという点では、洗面所や脱衣所で洗濯物を干してみるのも一つの手だ。お風呂場に換気扇や換気用の窓が設置されていれば、空気の通り道ができるため洗濯物が乾きやすい。

また、脱衣所に洗濯機が設置されている物件なら、洗濯から部屋干しまでを同じ場所で行える。移動の手間がかからない分、時短にもなり一石二鳥だ。

エアコンや扇風機、サーキュレーターの近く

エアコンや扇風機、サーキュレーターの近くも部屋干しに適している。風通しが良いため、比較的短時間で乾かせるだろう。また、扇風機やサーキュレーターは値段も手頃で扱いやすいため、自分の生活環境などに合わせて活用してほしい。

次のページでは、狭いアパートの室内でも洗濯物が乾く! 部屋での干し方をご紹介。室内干しに活用できる物干しもセレクトしたのでチェックしておこう!

12
>
リンクをコピー
関連記事関連記事