よりよいお部屋探しや賃貸物件の検索に役立つ記事が満載のCHINTAI情報局

全国トップ > CHINTAI情報局 > お部屋探訪 > 持たない暮らしで部屋も心もスッキリ!ミニマリストmiwaさんに聞く物を手放すコツとは

持たない暮らしで部屋も心もスッキリ!ミニマリストmiwaさんに聞く物を手放すコツとは

「持たない暮らし」ってどうやってはじめるの?

物や情報に振り回されず、自分にとって本当に必要なことを熟知し、心地よく過ごせる空間を手に入れる。そんなシンプルライフにあこがれ指数150%なんだけど、現実のごちゃごちゃした部屋を見回して「自分には無理っぽい……」とあきらめている人も多いはず。

ミニマリストと称される人々は、何がきっかけでシンプルライフを追求し、実践するに至ったのだろう。それを知れば、マキシマムな生活から脱却できるかも!?

インスタグラムで〝持たない暮らし〟の日常を発信しているミニマリストのmiwaさんに、そのヒントを伺った。

【断捨離】miwaさん宅のリビングダイニングアンティークなテーブルと椅子2脚だけが置かれたシンプルな空間

ミニマリストmiwaさんのお部屋。リビングダイニングにはアンティークなテーブルと椅子2脚だけ。掃除しやすさを追求した結果、カーペットやラグは敷かないことにしたとのこと

プロフィール
名前:miwaさん
インスタグラムアカウント:@neko_miwa
職業:主婦
居住形態:2人

ルームデータ
居住地:東京都
間取り:1LDK
家賃:11万円
築年数:約40年
建物:鉄筋コンクリート

きっかけは一冊の本。旅好きな自分に合っていると感じた

ミニマリストmiwaさんがシンプルライフに目覚めたのは2010年。帰省の車中で読む本を、と駅構内で開催されていた書店フェアを物色していた時に、ドミニック・ローホーの『シンプルに生きる』と出会った。物を持たず心豊かに暮らすことを提唱している、日本でミニマリストという概念が広まるきっかけとなった本だ。

「まず、白いカラーの花がデザインされた表紙に一目惚れ。著者がパリジェンヌであることにも魅かれ、ミーハー気分で手に取りました。読み始めたら、旅好きな私には共感できる部分が多くて一気に読破しちゃいました。旅って、身軽なほど自由に行動できるし、あれこれ持っていなくても何とかなっちゃうんですけど、人生も旅も同じなんだなぁって」(miwaさん)

当時はミニマルな生活など考えたことがなかったというmiwaさん。服や靴は100点以上所有し、旅先でみつけた品々もあふれていた。そんな暮らしを180度変換させた本著には、物、住まい、人間関係などをシンプルにするためのエッセンスが簡潔にまとめられている。

「〝「少なく」が「多く」をもたらすことを現実に実感してみる〟〝一年間一度も使わなかった物は捨てる〟とか、なるほどなぁ、と。元々、シンプルな空間で過ごしたいタイプではあったので、部屋に物は置かず、ベランダに物置を作って、そこに服や物をしまっていたんです。この本に出会って、それらを全て手離そうと決心がつきました」(miwaさん)

【断捨離】ドミニック・ローホー著『シンプルに生きる』の表紙

ドミニック・ローホー著『シンプルに生きる』。「人生のバイブルとして何度も読み返しています」とmiwaさん

次ページでは、ミニマリストmiwaさん流・物の手放し方&シンプルライフの続け方を紹介!

12
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
CHINTAIピックアップ!
カテゴリー
アーカイブ
チンタイガー公式twitterアカウント@CHINTiger