よりよいお部屋探しや賃貸物件の検索に役立つ記事が満載のCHINTAI情報局

全国トップ > CHINTAI情報局 > お部屋探訪 > 一戸建て賃貸ってどうなの? 転勤ファミリーの暮らしぶりと戸建てのメリットについて聞いた

一戸建て賃貸ってどうなの? 転勤ファミリーの暮らしぶりと戸建てのメリットについて聞いた

ファミリー向けマンションではなく、一戸建て賃貸に暮らすメリットは?

ファミリー向けの賃貸物件と言われると、多くの人は3DKや2LDKのマンションを思い浮かべるはず。ファミリー向けマンションは防犯設備や室内の設備が整っているところが増えており人気が高い。引っ越し先を探すときは迷わず賃貸マンションをチェックしている人も多いだろう。

だが、ファミリー向けの賃貸物件にはマンション以外の選択肢もある。例えば、その一つが一戸建ての賃貸物件だ。

家族で一軒家に住むのはマンションとは異なる魅力がたくさん! そこで、実際に一戸建て賃貸に暮らすconさんファミリーにその魅力を聞いてみた。

一戸建ての賃貸物件に住むconさん宅のリビングダイニング。白い壁と木製の家具がマッチした温かみのある空間だ|一戸建てってどうなの?転勤ファミリーの暮らしぶりと戸建て賃貸のメリットを聞いた

一戸建ての賃貸物件に住むconさん宅のリビングダイニング。白い壁と木製の家具がマッチした温かみのある空間だ

プロフィール

名前:conさん
職業:主婦
居住形態:5人

ルームデータ

所在地:宮城県大崎市
家賃:7.8万円
間取り:2LDKロフト2つ付き(74.9㎡)
築年数:4年
建物:木造

長男の誕生を機に一戸建て賃貸へ引っ越し

ご主人が転勤の多い仕事に就いているため、住まいは賃貸を選んでいるというconさんファミリー。夫婦二人暮らしの頃はマンションを選んでいたが、2011年にお子さんが生まれ、「のびのびとした環境で子育てしたい」と考えるように。conさんが選んだのは庭とベランダがついた平屋の一戸建て住宅だった。

「子どもが生まれて一番気にしたのは、物音でした。子どもが家の中を走りまわったりする音、何かを落とす音、そんな子どもを怒る私の声……。マンションやアパートだと階下やお隣に気を使いながら生活しなければいけなと思ったんです。それってかなりストレスが溜まるだろうなと。もちろん一戸建て住宅でも生活音は気になることはあります。でも集合住宅に比べたら気を使う度合いは少ないですからね。精神的にかなり楽ですよ」(conさん)

運良く出合った築浅物件

最初に住んだ平屋一戸建てには庭や大きなベランダがあり、とても快適! しかしご主人の転勤が決まり、泣く泣く引っ越すことに。

現在の物件を探す時は「築10年以内の一戸建て」「駐車場が2台分あること」を条件とした。

引っ越しが決まったのが2月だったためタイミングが悪く、候補に挙げられたのは2軒のみ(ほとんどが3月から入居可という物件だったそう)。でも、そのうちの一軒が条件に合うだけでなく環境が抜群に良かったため、すぐに入居を決めた。

「駅、スーパーマーケット、コンビニ、病院、学校、幼稚園などが全て徒歩圏内にあるのですごく楽なんです。しかも築浅でお風呂が広くて明るい! ロフトや納戸もあるから部屋を広く使える。好条件の一戸建て物件が見つかって良かったです」(conさん)

部屋の中をスッキリ広く見せるためのさまざまな工夫

集合住宅と一戸建て住宅の両方で暮らし、一戸建ては周囲に気を使うことが減るので気持ちの負担が軽くなることが魅力だと話すconさん。現在の住まいでは、どのようなことを考えて部屋を作ったのだろうか。

【リビング】背の高い家具を減らして圧迫感を軽減

無垢材で全体の統一感を出すことで、シンプルで温かみのあるリビングに |一戸建てってどうなの?転勤ファミリーの暮らしぶりと戸建て賃貸のメリットを聞いた

無垢材で全体の統一感を出すことで、シンプルで温かみのあるリビングに

「リビングが狭めなので、極力背の高い家具は置かないようにしています。また、子どもの洋服をあちこちに分散して置かず一ヵ所にまとめてしまうなど、生活動線がシンプルになるような家具の配置を心掛けています」(conさん)

そしてconさんがリビングでもう一つ大切にしていることが「模様替え」。生活していて少しでも違和感や不便さを感じたら、すぐに家具の配置を変えたり、ものを取り換えたりする。

リンゴが入っていた木箱を活用し、収納スペースに。季節のディスプレイを楽しんでいる |一戸建てってどうなの?転勤ファミリーの暮らしぶりと戸建て賃貸のメリットを聞いた

リンゴが入っていた木箱を活用し、収納スペースに。季節のディスプレイを楽しんでいる

「これはリンゴの木箱を使った収納兼ディスプレイ。写真では編み物に使う毛糸やブランケットを収納していますが、現在は息子のハンカチやティッシュ、ゲーム類やDVDの収納に変わっています」(conさん)

ミシンを使った小物作りが趣味だというconさんの作業スペース |一戸建てってどうなの?転勤ファミリーの暮らしぶりと戸建て賃貸のメリットを聞いた

ミシンを使った小物作りが趣味だというconさんの作業スペース

この白いテーブルはconさんの作業場所。ここからリビングを見渡すことができるので、conさんは子どもたちがリビングで遊んでいる姿を見ながらミシン仕事をしている。

「家族を眺めながら好きなことに打ち込むのは私にとって至福の時間です」(conさん)

【子ども部屋】おもちゃは「すきまスペース」に収めることでスッキリと

子ども部屋で真っ先に目に入るのは大きな2段ベッド。存在感のある家具を置くからこそ、ものを減らして全体をスッキリした印象にしているそう

子ども部屋で真っ先に目に入るのは大きな2段ベッド。存在感のある家具を置くからこそ、ものを減らして全体をスッキリした印象にしているそう

3人の小さなお子さんがいるconさんファミリーは、いつもにぎやか。子ども部屋も放っておくとすぐに散らかってしまう。

「小さなおもちゃを片付けるのは大変。そこでウォークインクローゼットを“おもちゃの部屋”として使っています。そして子ども部屋のロフトを娘のままごとスペースにしました」(conさん)

写真右のスペースが「おもちゃ部屋」。奥まった場所にあるので秘密基地のようなワクワク感もある |一戸建てってどうなの?転勤ファミリーの暮らしぶりと戸建て賃貸のメリットを聞いた

写真右のスペースが「おもちゃの部屋」。奥まった場所にあるので秘密基地のようなワクワク感もある

ロフトはお子さんのままごとセットや電車のおもちゃを置くスペースに |一戸建てってどうなの?転勤ファミリーの暮らしぶりと戸建て賃貸のメリットを聞いた

ロフトはお子さんのままごとセットや電車のおもちゃを置くスペースに

全てのおもちゃは“おもちゃの部屋”とロフトに置くことで、子ども部屋はスッキリと片付いている。

一戸建て賃貸に暮らすメリット4つ

これまで引っ越しの際にマンション以外は注目していなかった人も、conさんの暮らしぶりを見て興味が湧いてきたのではないだろうか。ここであらためて一戸建て賃貸ならではのメリットをまとめておこう。

・マンションよりも隣や階下への生活音の心配をしなくていい
・物件によっては庭がついていることも
・広めの駐車場がついている物件も多い
・一軒家でありながら「賃貸物件」であることが、転勤ファミリーにとっては気楽

幸い今のところ転勤の予定はないが、次に引っ越すとしても一戸建てを希望しているというconさん。

「次に引っ越すとすれば、今よりもリビングが広くて庭がある一軒家がいいですね。子どもたちを何度も転校させるのもかわいそうなので、主人には転勤が決まっても単身赴任を頼もうと考えています」(conさん)

いきなり家を購入するのが億劫なら、まずお試しで一戸建て賃貸に住んでみるのも手。一度、一戸建ての魅力を知ってしまうと、conさんのようにマンション住まいは考えられなくなるかも?

引っ越し先を探しているファミリーは、一戸建て賃貸にも注目してみてはいかがだろう。

戸建ての賃貸物件はこちら!

文・写真=高橋満

[関連記事]
▼【子育てと賃貸】戸建て賃貸で自由を手に入れた家族を取材してみた
https://www.chintai.net/news/2017/08/31/8943/?news_00314

※雑誌「CHINTAI」2018年4月24日発売号の特集は「幸せな二人暮らしの始め方」。こちらから購入できます(毎月24日発売)
https://www.chintai.net/magazine/

あなたにあったお部屋探し ネットでCHINTAIで見つけよう
あなたにあったお部屋探し ネットでCHINTAIで見つけよう
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
みんなの流行ランキング
CHINTAIピックアップ!
カテゴリー
アーカイブ
チンタイガー公式twitterアカウント@CHINTiger