同棲前にチェック!二人暮らしにオススメの間取りは1LDK、2DKどっち?メリット・デメリットと先輩カップルの体験談

公開日:
最終更新日:

二人暮らしでは、どんな間取りを選ぶべき?

仲良く同棲生活を続けるためには、二人にぴったりの部屋を見つけるのが何よりも大切。いつも一緒にいたいと思っても、相手は自分の時間が必要なタイプかも? お互いのライフスタイルや性格をよく考えて物件を吟味しよう。

いくら仲良しカップルでも、違う人間なのだから二人が満足する物件を探すのは簡単なことではない。お互いのライフスタイルを考慮して、「譲れない条件」を事前に決めておくことが、スムーズな物件探しのコツ。特に間取りはライフスタイルを左右する重大な要素なので、よく話し合ってから決めよう。

二人の暮らしを想像しながら話し合うのも楽しい時間。通勤経路や家での過ごし方、家事の分担など事前に確認しておくことで、自然と二人暮らしの部屋の「譲れない条件」が見えてくる|同棲前にチェック!二人暮らしの間取りは1LDK、2DKどっちがいい?メリット・デメリットと先輩カップルの体験談
二人の暮らしを想像しながら話し合うのも楽しい時間。通勤経路や家での過ごし方、家事の分担など事前に確認しておくことで、自然と二人暮らしの部屋の「譲れない条件」が見えてくる

▼同棲カップルの生活費事情はこちら!
同棲カップルの”リアル生活費事情”をぶっちゃけてもらった!家賃や家事負担はどうしてる?生活費は?

カップルが同棲を始める時や前に決めたいルール|お金の管理や家事分担のコツ

▼2K、2DK、2LDKの違いと使い方のコツについて知りたい人はこちら!
【間取り解説】二人暮らしもファミリーも広々!2K、2DK、2LDKの違いと使い方のコツ

二人暮らしにオススメの間取り「1LDK」「2DK」のメリット・デメリットとは

譲れない条件が決まったら、物件の間取りを考えよう。一般的に二人暮らしには1LDK、2DKの間取りが良いとされているが、それぞれのメリット、デメリットについて考えてみたいと思う。

【1LDK】お互いの生活習慣を理解している長年付き合ったカップルにオススメ

付き合いが長いカップルや、一人の時間がなくても大丈夫なタイプはこちら。

広いリビングが二人のくつろぎの場所となる1LDK|同棲前にチェック!二人暮らしの間取りは1LDK、2DKどっちがいい?メリット・デメリットと先輩カップルの体験談
広いリビングが二人のくつろぎの場所となる1LDK

1LDKのメリット

■ 一緒にいる時間が長くなり、絆が深まる
■ ケンカをしても顔を合わせているので仲直りが早い
■ 部屋を広く使えるので、ホームパーティーにも◎

1LDKでは一人1部屋の生活ができないため、どうしてもリビング等で一緒に過ごす時間が増える。たとえケンカをしたとしても顔を合わせる時間が長くなるため、仲直りの時間も早くなり、絆も強めやすいだろう。

また、部屋が区切られない分広く使いやすくなり、ホームパーティーにも最適だ。自宅に友人を招くことが多いカップルなら、より充実した暮らしを送りやすくなるだろう。

1LDKのデメリット

■ 一人の時間が少ない
■ 収納が少ない
■ 衛生観念に違いがあるとケンカのもとに

一人で過ごす時間が短くなり、息が詰まるような感覚を覚える人もいるかもしれない。物理的な問題で収納は少なくなりがちで、部屋が散らかりやすくなることもデメリットだ。

衛生観念が一致するかどうかもポイントになる。掃除や洗濯、洗い物をテキパキこなすタイプの人と、そうでない人のカップルだった場合、ケンカの火種が増えてしまうかもしれない。

【2DK】自分の生活スタイルを守ったまま二人暮らしができる

ダイニングキッチンのほかに2つの部屋があるので、片方をリビング、片方を居室として使用できる。ほかにも互いの居住空間を分けたり部屋をフレキシブルに使えたりする。しかし部屋数が多いせいか、生活スタイルによってはすれ違いが発生する場合も。

ダイニングキッチンの他に2つの部屋があるタイプ。2つの部屋のどちらかは寝室になるパターンがほとんど|同棲前にチェック!二人暮らしの間取りは1LDK、2DKどっちがいい?メリット・デメリットと先輩カップルの体験談
ダイニングキッチンのほかに2つの部屋があるタイプ。2つの部屋のどちらかは寝室になるパターンがほとんど

2DKのメリット

■ 部屋をフレキシブルに使える
■ 自分の生活スタイルを守れる
■ 収納が充実

リビング以外の部屋が2つに増えるため、使い道を柔軟に決められる。一人で1部屋を使うことによって、自分の生活スタイルやプライバシーを守れることも魅力的だろう。

収納も多くなり、部屋が片付きやすいことも2DKのメリットだ。状況に応じ、1部屋を丸ごとクローゼット代わりにもできる。

2DKのデメリット

■ 二人でくつろいだり人を招いたりする広い部屋がない
■ すれ違い生活になる可能性も

部屋の数が増える分、リビングが狭くなることも多く、二人でのんびりしたり、人を招いて楽しく過ごしたりするための部屋がなくなりがちなことはデメリットだ。

また、カップルが一緒に過ごす時間が減る可能性もある。ケンカをしたときにお互いが部屋にこもってしまうと、仲直りする機会をうしなってしまうリスクもあるだろう。

このように、どちらの間取りが絶対に良い!ということはない。二人の関係性を考慮して間取りを選ぼう。

次のページでは、実際に1LDK、2DKに住んでいる先輩カップルが、どのように暮らしているのか、二人暮らしの実態をご紹介!現在同棲を検討中で、どの間取りにするか悩んでいる人は、先輩カップルの意見を参考にしてみよう。

12
>
リンクをコピー
関連記事関連記事