【必要なものだけのシンプルライフ】ミニマリストブロガー・ナナコさんに聞く「持たない暮らし」の始め方

公開日:
最終更新日:

物を持たない暮らしを始めるには?

忙しくて片付ける時間がなく、いつも部屋がごちゃごちゃ。どこに何があるかわからない。物の山の中には、買ってからほとんど使っていない物や同じような役目の物がいくつもある……なんて生活を送っている人も多いのではないだろうか。

物を減らして、シンプルに暮らすためにはどうしたらいいのだろう?

その答えを求めて今回訪ねたのは、ミニマリストブロガーのナナコさんのお宅。2DKの空間は、まるで引越してきたばかりのように必要最小減の物だけが置かれていて、シンプルを極めていた。ナナコさんは、一体どのようにして物を減らしてきたのだろうか?

【断捨離】カーペットと小さなテーブルだけが置かれたリビング。ここで本を読んだり、ブログを書いたりするのがナナコさんのいつもの過ごし方|ミニマリストブロガーに聞く持たない暮らしの始め方|ミニマリストブロガーに聞く持たない暮らしの始め方
カーペットと小さなテーブルだけが置かれたリビング。ここで本を読んだり、ブログを書いたりするのがナナコさんのいつもの過ごし方

プロフィール

名前:ナナコさん
職業:アルバイト
居住形態:2人

ルームデータ

居住地:神奈川県
間取り:2DK(46.98㎡)
家賃:8万3000円
築年数:約30年
建物:鉄筋コンクリート

疲れてしまう原因は、物が多いことだと気が付いた

この部屋に夫婦で暮らし始めて約5年。最初の頃は自室には当たり前のようにベッドがあったし、本棚もあった。キッチンには、皿がたくさん入った食器棚と2台のワゴンがあり、インテリアも好きだったので雑貨などを飾ることもあったそう。

それが大きく変わったのは、約2年前のこと。

「どれも自分が好きで集めた物なのに、どう置いても家の中がごちゃごちゃしているなと感じるようになったんです。仕事から帰ってきても何だか心が安まらない。それで、もしかしたら物を減らしたらすっきりするかもと思って、片付けを始めるようになりました」

物を減らそうと決意して、まず手をつけたのは自分の部屋だった。

「いきなり家中を片付けるのは難しいので、自分のお気に入りのスペースを徹底的に片付けることから始めました」

洋服は上下3セットあれば十分。あとは必要な時にレンタルでいい

【断捨離】ナナコさんの自室。今はデスクと布団だけが置かれている|ミニマリストブロガーに聞く持たない暮らしの始め方
ナナコさんの自室。今はデスクと布団だけが置かれている

自室にある物を減らすにあたってナナコさんがまず処分したのは、普段ほとんど使うことがないもの。その次に、なくても困らないものを手放した。

自室の大部分を占めていたベッドをなくして布団に変えた。部屋の隅に布団をたたんでおけば、リラックスしたい時に寄りかかることができて、ソファの代わりにもなる。

デスクの引き出しや大きなチェアも処分。大量にあった本は、何度も読み返したい3冊だけを残して手放した。

以前はぎゅうぎゅうに物が詰まっていた押入れは、半分以上スペースが空いた。洋服はベーシックで着回せるアイテムを上下各2~3点に厳選。通年でも収納ケース1つに収まる量まで減らしたという。

【断捨離】自室の押入れには、1年分の衣類、バック、メイク道具などを収納。それでもスペースがたっぷり余っている|ミニマリストブロガーに聞く持たない暮らしの始め方
自室の押入れには、1年分の衣類、バック、メイク道具などを収納。それでもスペースがたっぷり余っている
【断捨離】冬物衣類は、パンツ2本、トレーナー3枚のみ|ミニマリストブロガーに聞く持たない暮らしの始め方
冬物衣類は、パンツ2本、トレーナー3枚のみ

「自分の生活を振り返ってみたら、パンツにトレーナーというスタイルがほとんど。そんなに洋服が必要ないことに気が付きました。滅多に着ないフォーマルな服は、必要な時にレンタルすればいいかなと思っています」

自分の物が減ってすっきりしたことで、「視界に入ってくるノイズが減って、仕事から疲れて帰ってきてもくつろげるようになった」というナナコさん。また、掃除がしやすくなった、物を探すのに時間がかからなくなったというメリットもあったそう。


1つで複数の用途に使えるアイテムを活用して、物を減らす

【断捨離】シンクやコンロのまわりには、何も置かないのがナナコさんのルール。「物を置くと油汚れや水汚れが気になるので、全て収納しています」|ミニマリストブロガーに聞く持たない暮らしの始め方
シンクやコンロのまわりには、何も置かないのがナナコさんのルール。「物を置くと油汚れや水汚れが気になるので、全て収納しています」

調理や掃除に必要なアイテムがたくさんあるキッチンは、物を減らすのが難しいと思われがち。しかし、「必要だと思い込んでいるだけで、実はなくても困らない物が結構ありました」とナナコさん。

キッチンではリビングで存在感があった食器棚を処分。食器も夫婦で毎日使う数枚だけ残して手放した。2つあったキッチンワゴンのうち手入れが面倒な1つは処分して、空間になじむ木製のワゴンのみに。

ごちゃついていたキッチンは見た目がすっきりしただけでなく、使いやすさも格段にアップした。

【断捨離】レンジが置かれた棚の横は、もともと食器棚があった場所。「処分したことで、空間の余白を楽しめるようになった」とナナコさん|ミニマリストブロガーに聞く持たない暮らしの始め方
レンジが置かれた棚の横は、もともと食器棚があった場所。「処分したことで、空間の余白を楽しめるようになった」とナナコさん
【断捨離】シンク下に収納された夫婦二人分の食器。ご飯と汁物、主菜を盛り付ける皿だけ残して、あとは処分|ミニマリストブロガーに聞く持たない暮らしの始め方
シンク下に収納された夫婦二人分の食器。ご飯と汁物、主菜を盛り付ける皿だけ残して、あとは処分

次ページでは、ナナコさんおすすめの掃除・洗濯アイテムをご紹介!ミニマリストの必需品かも!?

12
>
リンクをコピー
関連記事関連記事