Twitter民大苦戦! マシュマロトーストを作ってみた

公開日:
最終更新日:

ここ最近、Twitterユーザーを中心に「マシュマロトースト」作りが流行っている。しかし、焼き加減が難しいのか、失敗する人が後を絶たないようだ。そこで今回は、マシュマロトーストにチャレンジしてみた。

アレンジ次第でいくつものバリエーションが生まれる「マシュマロトースト」は朝食やおやつに最適。

アレンジ次第でいくつものバリエーションが生まれる「マシュマロトースト」は朝食やおやつに最適。

※画像は以下のキャプチャーです。
https://twitter.com/otthi3/statuses/410621683028881408

まずは左の画像をご覧いただきたい。これは、とあるTwitterユーザーが実際にマシュマロトーストを作ってみたようすだ。お世辞にも「おいしそう」といえるものではなく、まるでダークマター(宇宙空間に存在する未知の物質)のようだ……などと話題になった。

上記のユーザー以外にも焼き加減で失敗する人が続出している。はたして、「マシュマロトースト」作りはそんなにも難しいものなのか。ただ単にトーストの上にマシュマロ焼くだけではなら、料理音痴の筆者でも作れそうなのだが……。さっそく、見様見真似で作ってみることに。

まずは食パンのうえにマシュマロを並べる。6個ほどのせてみた。

電子レンジのトースターモードで焼いていく。なかの様子をうかがいつつ、「ちょうどいいかな? 」と思い、2分ほど焼いたところでストップ。

お~~! うまく焼けた! マシュマロの焦げ目具合もちょうど良さそうかな? 気になる味は……ん~うまい! マシュマロの表面はカリカリ、なかはトロトロ!

このように電子レンジのトーストモードで簡単に作ることができたわけだが、なぜ失敗する人が続出したのだろうか? 実はマシュマロはとても焦げやすく、いつもと同じ感覚で4~5分もトーストすると、黒焦げになってしまう。レンジから目を離さず、マシュマロの様子をじっとうかがうことが、成功のポイントというわけだ。

トースト以外にも、マシュマロを加熱して食べるレシピもあるそう。こちらにも挑戦してみよう。

まずは食パンの上に4個程マシュマロをのせる。これを電子レンジで30秒ほど加熱すると……。

トーストしたときとは違い、マシュマロがいい具合に膨らんでいる。マシュマロがほどよく溶けており、うまい! ちなみにいちごジャムを付けて食べてみたところ、マシュマロの甘みといちごジャムの酸味が相まっておいしかった。

ちょっとアレンジを加えたものにもトライ。こちらにはとろけるチーズ、チョコレート、フルーツ、マシュマロをトッピングして加熱。見た目も味も、ちょっとおしゃれなカフェで出されるような仕上がりになった。

朝食や子どものおやつにも使えるマシュマロトースト。あなたも焼き加減に注意しつつ、挑戦してみてはどうだろうか。

(播磨谷拓巳/ノオト)

<オススメ記事>
▼おしゃれな朝食から一日を始めよう! 都内の人気店まとめ
https://www.chintai.net/news/201312/26-01/

リンクをコピー
関連記事関連記事