公開日:
最終更新日:

住まい探しはいつから・何ヶ月前から始める?

リンクをコピー

住まい探しを始める時期。引越し日から逆算して考えよう

住まい探しのスケジュールの立て方とは?
住まい探しのスケジュールの立て方とは?

初めての一人暮らしや賃貸生活を予定している場合、「部屋探しをいつ・どうやって始めれば良いのか見当もつかない」という人が大半ではないだろうか。

どんな条件で部屋を探せばよいのか、不動産会社にいきなり行っても良いのかなど、次から次へと疑問が湧いて困っているという方も少なくはない。

今回はそんな部屋探し初心者にむけて、住まい探しの理想的な開始時期・スケジュールについて説明する。

住まい探しを始めるなら「2ヶ月前」から動き始めよう

時間がある場合「住まい探しを始めるのは早ければ早いほどいいのではないか」と思っている方もいるかもしれない。しかし、住まい探しは入居予定日の2ヶ月前からがおすすめだ。

賃貸物件には基本的に「仮押さえ」という制度はない。そのため、引越し予定日より早めに住まいを見つけたとしても、物件をキープしておくにはその時点で契約を結んでおく必要がある。悩んでいる最中に、ほかの人が先に契約してしまうということも考えられる。

また、現在賃貸物件に住んでいる場合、現在の住まいの「解約予告」についても確認しておく必要がある。

通常、賃貸契約を解除する場合には、たとえば「2ヵ月前までに管理会社へ申し出ること」などと契約で決められている場合が多い。申し出が遅れると、その分退去した後も余計に家賃を払い続けなければならない場合もあるので注意が必要だ。

2ヶ月前から始める住まい探しの具体的な段取りとしては次の通りだ。

引越し2ヶ月前から:住まいのエリアや家賃、条件を検討する

住み心地の良い部屋を探すために、まず最低限押さえておきたい条件は以下の通りだ。

  • 入居日
  • 家賃の上限
  • 住みたいエリア
  • 立地(駅までの距離、主要駅までの近さ)
  • 間取り、広さ、階数
  • 設備
  • 周辺の環境

入居2ヶ月前から、住まい探しの条件を検討し始めよう。まずは支払える家賃や初期費用などの予算と各エリアの家賃相場を照らし合わせ、住みたいエリアを絞っていく。家賃の上限を決めることで、おおよそのエリアを絞ることができる。

住む場所が決まった後は、不動産情報サイトで具体的な物件情報を検索しながら、間取りや広さ、設備などの希望条件を固めていこう。

住みたいエリアの候補が複数ある場合には、実際に周辺に足を運んでチェックするのが良い。スーパーやお店の充実度や夜の雰囲気なども、実際に確かめてみると住んだ後の具体的なイメージが湧くだろう。

商店街
住みたいエリアにどんなお店があるのか、雰囲気などもあらかじめチェックすることが大切

引越し1ヶ月半前から:部屋の内見

住みたいエリアや条件を固めたら、引越し1ヶ月半前を目安に候補物件を内見しよう。あらかじめ見たい物件が決まっている場合は、不動産会社に予約を入れる際に伝えておこう。また、同じ日に複数の物件を内見することも可能だ。希望する条件にあてはまる物件をいくつか見繕ってもらえるよう事前にお願いしておけばスムーズだ。

なお、春からの新生活シーズンにむけ、1月下旬~3月は不動産会社が大変混雑する時期。希望する日時に予約が取れない場合もあるので、早めに予約だけでも入れておくのがおすすめだ。

水まわり
水まわりや収納スペースなど、部屋のすみずみまでくまなくチェックしよう

引越し1ヶ月前から:入居申し込み~契約

住みたい物件が決まったら、入居の申し込みを行う。しかし、この申し込み手続きだけでは、賃貸契約は成立しない。

賃貸契約では、貸す側と借りる側、双方の同意がなされることが成立の条件となっている。借りる側が「住みたい!」というだけでは契約を結ぶことはできず、「入居審査」を通過しなければ、賃貸契約を結ぶことができないのだ。

入居審査にかかる日数はケースによってまちまちだが、一般的には入居申し込みから3日~10日ほどと言われている。入居審査に通過すれば、晴れて契約締結となる。

賃貸借契約書
契約締結の前に入居審査期間が必要

引越し3週間前から:引越し業者手配・荷造り

入居する住まいが決まったら、引越し業者の手配をする。まずは自宅の住所と新居の住所、運ぶ荷物の量などを伝えて見積もりを取り、引越しの予約をしよう。

引越しの予約が完了すると、引越し業者から段ボールなどの梱包資材が送られてくる。引越し直前に一気にやろうとすると、荷造りや粗大ゴミの処分などが間に合わなくなってしまう。できれば3週間前から、遅くとも2週間前からコツコツ進めておけば、安心して引越し当日を迎えることができるだろう。

余裕をもって荷造りを
余裕をもって荷造りを

不動産会社を訪問する前に押さえておきたいポイント

不動産情報サイトで気になる物件を見つけたら、次はいよいよ不動産会社にコンタクトを取る段階となる。しかし、何の準備もせず突然訪問したのでは、希望する結果が得られない可能性が高い。

忙しい中せっかく時間を作って訪れたにもかかわらず、成果なしということもあり得るのだ。ここからは、不動産会社へ訪問する前に押さえておきたい4つのポイントを解説していく。

希望条件をまとめる

まずは間取りや広さ、設備などの希望条件をいくつか挙げてから部屋探しをする方も多いのではないだろうか。しかし、不動産情報サイトなどで実際に検索してみるとわかるが、あまりに希望が多すぎると家賃が予算を超えてしまうことになる。また、不動産会社を訪れても、すべての条件に見合う物件を紹介してもらえる確率は低いといえるだろう。

不動産会社を実際に訪問する前には、希望条件からどうしても譲れないもの、優先したいものを選ぶ必要がある。希望条件の優先順位を整理し、まとめておくことをおすすめする。

なるべく予約をしてから訪問する

特に部屋探しのハイシーズンとなる2月~4月は、不動産会社でも人手不足となりがち。アポイントなしで不動産会社に行ったとしても、待ち時間が増えるだけだ。引越し前の貴重な時間を無駄にしないためにも、電話やインターネットで予約をしてから訪問するようにしよう。

まとめておいた部屋の希望条件を事前に伝えておけば、それに見合う物件を複数ピックアップしておいてくれるので、部屋探しがスムーズになる。さらにタイミングが合えば、当日もしくは近い日程で内見できる可能性もある。

複数の不動産会社で検討をする

手間を考えれば、1社目の不動産会社で物件を決めてしまいたいところだが、長い間住む部屋を見つけるためには、できるだけ複数社を見て回りたい。各不動産会社によって抱えている物件はそれぞれ異なるため、ほかの不動産会社でより条件に合う物件に巡り合えることもあるのだ。

ある程度身なりや服装を整える

不動産会社としては、賃貸借契約を結ぶことになるかもしれない顧客がどんな人なのかチェックするのは当然のこと。
物件探しの段階とはいえ、不動産会社を訪れる際には、ある程度身なりや服装を整えておく必要がある。言葉遣いにも十分注意して、礼儀正しく接するように心がけよう。

賃貸物件について説明する不動産会社の人
4つのポイントを押さえておけば、物件探しがスムーズに進む

住まい探しは計画的に行うことが成功の秘訣

理想の部屋に出会うためには、時間に余裕を持って部屋探しを始めるのがポイントだ。引越しの2ヶ月前には住まいのエリアや家賃、条件などの検討を始めていき、最終的に引越しの3週間前には引越し業者の選定と荷造りが始められればベストだろう。

部屋探しで不動産会社を訪れる際は、今回ご紹介した4つのポイントを事前に確認してから行くようにしよう。時間の節約にもなり、効率よく部屋探しを進められる。時期も含めて計画的に行動し、理想の部屋をぜひ見つけてほしい。

急ぐ場合は便利なチャットサービスを活用
急ぐ場合はチャットサービスを活用しよう!

文=墨染みすず
2021年8月加筆=CHINTAI情報局編集部

不要な物、「捨てる」のではなく「売る」のが賢い手!

いざ引越ししよう、断捨離しようとなった時にモノを捨ててしまうのはもったいない!
もしかしたら自分の要らないものが売れるものかもしれない、、、かといってフリマアプリで家電製品や家具を送るのも一苦労。
そんなときにご紹介したいのが「おいくら」!
一度の依頼で最大20店舗の査定金額の比較が出来るため忙しいときでも、一番高いお店が簡単に見つかる! 幅広い取り扱いジャンル、全国で査定が可能なため一度査定してみては?

リンクをコピー
関連記事関連記事