よりよいお部屋探しや賃貸物件の検索に役立つ記事が満載のCHINTAI情報局

全国トップ > CHINTAI情報局 > 暮らしのギモン > 引越ししたら実印の印鑑登録はどうなる? 印鑑登録・抹消の方法を解説

引越ししたら実印の印鑑登録はどうなる? 印鑑登録・抹消の方法を解説

引越しの際、必要な「印鑑登録」の手続きとは?

引越しをする場合に必ず行わなければならない大切な手続きのひとつとして「印鑑登録の変更」がある。印鑑登録を行った実印は、大切な契約の締結など重要な場面で使用することとなるものなので、引越しの際にはすみやかに手続を行う必要がある。

今回は、元々住んでいた市町村で印鑑登録を抹消する方法、引越し先の市町村での印鑑登録方法について詳しく解説する。引越しを控えている人はぜひ参考にしてほしい。

引越しの際の印鑑登録の方法とは?

引越しの際の印鑑登録の方法とは?

そもそも印鑑登録とは何か

「印鑑登録」とは、自分が住んでいる自治体にある役所・役場に印鑑を登録することによって、その印鑑が本人のものであるということを証明することができる制度のこと。印鑑登録を行ったハンコのことを「実印」と呼ぶ。自動車など高額なものを売買する際や、大切な契約の締結など、重要な場面ではこの「実印」と「印鑑登録証明書」が必要になることがある。

印鑑登録が完了すると「印鑑登録証(印鑑登録カード)」が発行される。以降は、印鑑登録証を役所の窓口に提出することによって、「印鑑登録証明書」を発行できるようになる。印鑑登録証は大切に保管しておくようにしよう。

印鑑登録を行うことができる印鑑の条件

印鑑登録を行うことができる印鑑にはいくつか条件がある。一般的な登録条件としては下記の通り。ただし、印鑑登録条件は自治体によってやや異なる。これまで住んでいた自治体では登録できていた印鑑が、引越し先の自治体で登録できないというケースもあり得るので、事前に転入先の役所へ問い合わせて調べておくようにしよう。

大きさ 一辺8mm~25mmの正方形に収まるもの
特に制限なし
文字 住民基本台帳または外国人登録原票に記録されている、氏名、名、あるいは氏と名の一部を組み合わせたもの
※フルネームが望ましい。氏または名のみの印鑑は一部の地方自治体の条例によっては登録できない場合がある
登録できる数 1人1個に限る
大きさ 一辺8mm~25mmの正方形に収まるもの
特に制限なし
文字 住民基本台帳 または外国人登録原票に記録されている、氏名、名、あるいは氏と名の一部を組み合わせたもの
※フルネームが望ましい。氏または名のみの印鑑は一部の地方自治体の条例によっては登録できない場合がある
登録できる数 1人1個に限る


別の市区町村へ引越す場合の印鑑登録廃止・登録の方法

続いて、引越しをする場合の印鑑登録に関する手続き方法について解説する。現住所と別の市区町村へ転出する場合と、同じ市区町村内で引越しをする場合で必要な手続きが異なるので、順番に説明していく。

まず、別の市区町村へ転出する場合。今まで住んでいた自治体の役所で印鑑登録の廃止手続きを行い、引越し先の自治体で新に印鑑登録手続きを行うというのが通常の流れとなる。

別の市区町村へ引越す場合は印鑑登録・廃止申請が必要

別の市区町村へ引越す場合は印鑑登録・廃止申請が必要

印鑑登録廃止の方法

まずは印鑑登録の廃止について。これまで住んでいた自治体に「転出届」を提出するタイミングで、印鑑登録の廃止も同時に行うと無駄がない。

届出場所 旧居住地の市区町村役場
必要なもの (1)印鑑登録廃止申請書
(2)登録しているハンコ
(3)印鑑登録証(カード)
(4)本人確認書類(運転免許証やパスポート、住民基本台帳カードなど写真付きのもの)
※代理申請の場合 上記に加え、
(5)代理人選任届(本人が記入したもの)
(6)代理人の認印
(7)代理人の本人確認書類
届出期限 特に期限はない
届出場所 旧居住地の市区町村役場
必要なもの (1)印鑑登録廃止申請書
(2)登録しているハンコ
(3)印鑑登録証(カード)
(4)本人確認書類(運転免許証やパスポート、住民基本台帳カードなど写真付きのもの)
※代理申請の場合 上記に加え、
(5)代理人選任届(本人が記入したもの)
(6)代理人の認印
(7)代理人の本人確認書類
届出期限 特に期限はない



「印鑑登録廃止申請書」は、ほとんどの場合申請書フォーマットが役所の窓口近くに用意されている。不明点は窓口の方に相談しながら記入をするとよいだろう。また、印鑑登録廃止は代理人による申請も可能となっている。ただし、本人が行うよりも手続きに手間と時間がかかるので注意が必要だ。

なお、印鑑登録廃止申請を行わなくとも、転出届を出した時点で自動で気に印鑑登録が無効となる自治体もある。その場合も、印鑑登録証は窓口へ返却するようにしよう。

印鑑登録の方法

続いて、引越し先の市区町村役所に新たな印鑑登録の手続きを行う。こちらも「転入届」の手続きとともに行うと無駄がない。

届出場所 転入先の市区町村役場
必要なもの (1)印鑑登録申請書
(2)登録したいハンコ
(3)本人確認書類(運転免許証やパスポート、住民基本台帳カードなど写真付きのもの)
※代理申請の場合 上記に加え、
(4)代理人選任届(本人が記入したもの)
(5)代理人の認印
(6)代理人の本人確認書類
届出期限 特に期限はない
届出場所 転入先の市区町村役場
必要なもの 1)印鑑登録申請書
(2)登録したいハンコ
(3)本人確認書類(運転免許証やパスポート、住民基本台帳カードなど写真付きのもの)
※代理申請の場合 上記に加え、
(4)代理人選任届(本人が記入したもの)
(5)代理人の認印
(6)代理人の本人確認書類
届出期限 特に期限はない



印鑑登録についても、特に届出の期限などは設けられていない。しかし、ローンなどの契約や自動車登録など実印を使用する機会がある人は特に早めの手続きを心がけよう。

同一市区町村内で引越しを行う場合の印鑑登録・登録抹消の方法

同じ市町村内で引越しをするのであれば、印鑑登録の手続きをし直す必要はない。市役所で転居届を提出した時点で、同時に印鑑登録の住所も新しい住所に変更処理されるからである。今まで所有していた印鑑登録証も、新しい住所でも引き続き使用することが可能だ。

ただし、政令指定都市に住んでいる場合は注意が必要。同じ政令指定都市内での転居であったとしても、区が異なるのであれば改めて手続きをしないといけないケースがある。後々困らないためにも、あらかじめお住まいの自治体のホームページなどで確認しておくと良いだろう。

また、引越し前の住所が記載されている印鑑登録証明書は無効となるので注意したい。引っ越し後に使用する印鑑朗徳証明書は、転居届を提出した後に取得し直すようにしよう。

別の市区町村への引越しを予定しているなら、印鑑登録の手続きを必ず行おう

引越し直前になると、荷造りや準備に追われるうち、印鑑登録の手続きにまで気が回らないかもしれない。あらかじめどんな手続きが必要か、どんなものを持参する必要があるのかなどを把握しておけば、慌てずに手続きができる。スムーズに引越し手続きを行うために、市区町村のホームページなども併せて確認しておくようにしよう。

文=ブロック

一人暮らし向け賃貸物件はこちら!

あなたにあったお部屋探し ネットでCHINTAIで見つけよう
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
みんなの流行ランキング
CHINTAIピックアップ!
カテゴリー
アーカイブ
チンタイガー公式twitterアカウント@CHINTiger