よりよいお部屋探しや賃貸物件の検索に役立つ記事が満載のCHINTAI情報局

全国トップ > CHINTAI情報局 > 暮らしのギモン > 夕食は寝る何時間前が最適? 睡眠と食事の気になる関係性とは

夕食は寝る何時間前が最適? 睡眠と食事の気になる関係性とは

寝る前の飲食を見直そう!

「しっかり寝たのに。何だか寝た気がしない」。そんな経験はないだろうか。
「いつものことだから」と、そのまま気だるい身体を引きずり、会社や学校に行くこともあるはず。しかしその状態を放置しておくと、日中のパフォーマンスの低下に繋がり、日常生活に支障が出る可能性も。

ここで考えられる1つの原因は「寝る前の飲食」かもしれない。実は、睡眠と飲食は大きく関係しているのだ。

寝る直前に食事をすると睡眠の質が下がりやすい

睡眠前の飲食が、寝た気がしない原因の一つかも

思い当たる…!なんて方も多いのではないでしょうか

寝る直前に飲食をすると、睡眠の質が下がりやすくなる。そのメカニズムを簡単に説明しよう。

胃の中に食べ物を入れると、消化吸収が始めるのは身体の仕組みとして当たり前のこと。しかし、寝る直前に食事をすると、身体は消化吸収に集中することになり、睡眠時に脳や身体を休めることができなくなるのだ。その結果、睡眠の質が下がり「寝た気がしない状態」が生まれる。その他に気をつけたいのが、睡眠前の飲み物だ。「食事だけ気をつければいいんじゃないの?」と思いがちだが、どんな飲み物を飲むのかにも気を配っておきたい。

アルコールやカフェインが含まれている飲み物も、睡眠の質を下げることに繋がるのだ。お酒を飲むと眠くなるので睡眠に役立てられる気がするが、お酒の力を借りて眠っても、身体や脳は休まっておらず、実はただ単に脳を麻痺させているだけ。眠りが浅くなり、夜間に目覚めてしまうことも。また、カフェインには神経を高ぶらせる作用があるので、寝る前に摂取すると寝つきが悪くなるので注意しよう。

寝る前に水分をとりたい場合は、水・ノンカフェインのお茶(ほうじ茶、玄米茶、麦茶、ルイボスティー)・ホットミルクがおすすめ。明日もパワフルに、快適に過ごしたいと考えているなら、寝る前の飲食には十分気を配ろう。

夕食は寝る3時間前に摂るのがベスト

食事をしてから消化が落ち着くまで、最低でも3時間程度は必要。つまり、睡眠の質を下げないためには寝る3時間前までには夕食をとっておけば良いだろう。

しかし、寝る3時間前に夕食をすませるのがよいとはいえ、仕事や外出の時間が長引くと、どうしても夕食の時間が遅くなる日もあるだろう。夕食の時間が遅くなったときは何も食べないのではなく、消化の良いものを食べよう。夕食に消化に良いものを取り入れれば、胃の中に食べ物が滞留する時間が短くなるので、睡眠に悪影響を与えずにすむのだ。

どうしても夕食の時間が遅くなるときは、消化に良いものを取り入れて

睡眠前に食べたい食事

消化にいいものって一体、どんな食材!?


消化に良い、悪い食べ物には、それぞれ特徴がある。

<消化に良い食べ物>
吸収が早いもの、繊維質が少ない野菜、柔らかく煮えている野菜、脂質の少ないタンパク質、乳製品
<消化に悪い食べ物>
繊維質が多く固い野菜、脂質の多い肉類・魚類、エビ・イカ・タコ

消化に悪い食べ物を避けながら、なるべく消化に良いものを夕食に取り入れることで、消化にエネルギーを使わずにすみ、その分睡眠の質を高めることができる。ただし、腹8分目以下を目安にしよう。

睡眠の質を高めて、スッキリした朝を

夕食の時間、ノンアルコール・ノンカフェインの飲み物、夕食が遅くなった時は消化に良いものを食べて腹8分目以下にする。これらの点に気をつければ「何だか寝た気がしない」が防げるはず。

1日のはじまりをスッキリ快調にスタートしよう!

取材協力:seina (せいな)
Webライター·ブロガー。ベーシックアロマセラピスト/ダイエット検定1級・2級をもち、運営ブログ 【美しくなければ生きていけない】では、「美しくなること」をメインテーマに、美容整形、筋トレネタを中心に執筆している

一人暮らし向けの賃貸物件はこちら!

あなたにあったお部屋探し ネットでCHINTAIで見つけよう
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
みんなの流行ランキング
CHINTAIピックアップ!
カテゴリー
アーカイブ
チンタイガー公式twitterアカウント@CHINTiger