静岡鉄道静岡清水線の定期借家の賃貸【CHINTAI】|定期借家の賃貸・部屋探し情報

静岡鉄道静岡清水線の定期借家賃貸物件

契約期間があらかじめ決まっている定期借家物件をご紹介します。

静岡鉄道静岡清水線の定期借家物件のポイント
定期借家の物件とは、契約期間が決められている賃貸物件をいいます。契約更新がなく短い期間に居住者が入れ替わる点が特徴ですが、貸主と借主の双方が希望するならば、契約期間終了後も再契約により契約を更新できる場合があります。 定期借家の物件の良いところは、1年未満の短期間入居ができる点です。通常の賃貸借契約では1年以上の入居が義務づけられているのに対し、定期借家契約には契約期間の定めがありません。そのため進学や転勤などで1年未満の期間のみ入居したいという場合も選ぶことができ、選択肢の幅を大きく広げられるでしょう。特定の期間でも快適な住まいで生活したいと考えている方におすすめの特集ページです。

希望の街の定期借家物件を探そう!

静岡鉄道静岡清水線の定期借家物件
物件一覧へ

定期借家物件のオススメ記事

賃貸物件の契約期間とは? 2年ごとに更新するのは何故? 2年未満の契約ができる定期借家物件を紹介

賃貸物件の契約期間とは? 2年ごとに更新するのは何故? 2年未満の契約ができる定期借家物件を紹介
賃貸物件に住んだことがある人なら「2年ごとの契約更新」はご存じのはず。そもそも2年ごとに契約更新するのはどういった理由があるのか?その背景を解説するとともに、2年未満の契約ができる定期借家物件の魅力に関して不動産のプロに聞いてみた。

もっと読む

定期借家物件とはどんな物件?

  • Point1
    定期借家物件とは
    あらかじめ契約期間が決められている物件。期間が来ると契約終了だが、貸主と借主の双方が望む場合は再契約が可能。
  • Point2
    定期借家物件のメリット
    期間が決まっているので家賃が安い傾向がある!また、定期借用契約は1年未満でもOKなので1年未満の滞在にも便利。
  • Point3
    定期借家物件のデメリット
    契約終了は貸主の都合で決まってしまう。短い期間で退去した場合は引越し費用や清掃費用が割高になることも…。

定期借家物件についてプロに聞いてみた

オペレーター

定期借家の物件の探すポイントは2つあります。
1つ目は原状回復義務があるかどうかです。ある程度築年数が経っている定期借家の物件などでは退去時の原状回復が必須でない場合があります。転勤などで短期間の引っ越しを繰り返す方の場合、原状回復義務がない定期借家の物件なら引っ越し費用を大幅に削減できるでしょう。
2つ目は家賃と契約期間の確認です。家賃相場が変動しやすい地域では、2年以上の契約が可能な定期借家の物件なら相場変動の影響を受けずに長く住み続けられる場合があります。一定の家賃で人気のエリアに長く住みたいという方は定期借家の物件も視野に入れてみるのがいいでしょう。
定期借家の物件での注意点は、違約金の有無です。定期借家契約では契約期間内の途中解約が原則不可となるため注意しましょう。転勤や療養などのやむを得ない理由が重なる場合を除き、契約期間内の解約では違約金が発生するケースがほとんどです。転勤や進学などの予定が確定しないうちは安易に賃貸契約を結ばないことが大切です。特定の用途から長期入居まで対応する定期借家の物件から、費用負担が少なく快適に暮らせる物件を探しましょう。

ページ上部へ戻る