加古川市の新築・築浅の賃貸【CHINTAI】|新築・築浅の賃貸・部屋探し情報

加古川市の新築・築浅の賃貸物件

建築中または完成後1年未満で未入居・未使用の新築、完成後3年未満の築浅賃貸物件をご紹介します。

加古川市の新築・築浅賃貸物件のポイント
新築・築浅賃貸物件とは、一般的に築年数が浅い物件を指します。中でも新築賃貸物件は建築後1年未満で誰も入居したことがない物件を意味します。また、築浅賃貸物件はCHINTAIでは、建築後3年未満の新築以外の賃貸物件が該当します。<br> 新築・築浅賃貸物件の良いところは、外観・内装ともにきれいで最新の設計が施されているケースが多い点です。 床暖房やシステムキッチン、宅配ボックスなどの便利な設備が導入されているマンションも多く見られ、雑誌やSNSで目にするおしゃれな賃貸物件を探している方におすすめの特集ページです。

希望の街の新築・築浅の物件を探そう!

加古川市の新築・築浅賃貸物件
物件一覧へ

新築・築浅物件てどんな物件?

  • Point1
    新築物件とは
    築1年未満の未入居の物件のことです。建築中、完成前の物件も含まれます。
  • Point2
    築浅物件とは
    築3年未満の物件のことです。まだまだ綺麗で新しい物件が多いですが、新築よりもお得なこともあります。

新築・築浅賃貸物件についてプロに聞いてみた

オペレーター

新築・築浅賃貸物件の探すポイントは、必要な設備と間取り、家賃のバランスが取れているかをよく比較することです。
例えば、セキュリティ面を考慮してオートロックや防犯カメラの有無を確認しましょう。都市部ではオール電化や乾燥機完備などの賃貸物件が増えており、利便性を重視するならばチェックしておきたいです。しかし、当然ですが、立地条件や設備によって家賃相場も変動します。単純に設備だけ、あるいは家賃だけで判断しないようにしましょう。
新築賃貸物件と築浅賃貸物件で比較した場合は家賃に差がないケースもあるため、断熱性能や防音性能など構造面の特徴を考慮した物件探しをおすすめしています。新築・築浅賃貸物件での注意点は、時間が許す限り、内覧をして納得いく物件を探すことです。未完成の賃貸物件を内覧なしに契約すると、思ったよりも狭かった、生活導線が良くない、などで後悔する可能性があります。4月の新生活に向け、前年末から年明けごろにかけて新築賃貸物件の入居募集が開始される物件も見られるため 、引越し予定があれば可能なかぎり早い段階で内覧に出向いてみましょう。見た目のきれいさと実用性を考慮して、安心できる物件を探しましょう。

ページ上部へ戻る