横浜市南区の楽器相談可の賃貸【CHINTAI】|楽器相談可の賃貸・部屋探し情報

横浜市南区の楽器可・楽器相談可の賃貸物件

自宅で楽器演奏が楽しめる環境をお探しの方に、楽器可・楽器相談可の賃貸物件をご紹介します。

横浜市南区の楽器相談可の物件のポイント
楽器相談可の物件とは、室内で楽器を演奏しても音が漏れにくい防音設計が取り入れられた物件をいいます。居室が複数ある間取りの場合は1室のみが防音設計となっているなど、建物全てが防音設計になっていない場合もあります。このような楽器相談可の物件では、楽器の種類によって審査の可否が分かれます。 楽器相談可の物件の良いところは、一般的な賃貸物件において演奏不可と言われる楽器も気兼ねなく練習しやすい点です。他の入居者も楽器演奏者である場合が多く、多少の音漏れは考慮される場合もあります。音楽大学に通う方やプロ・アマチュアとして演奏家活動を行う方におすすめの特集ページです。

希望の街の楽器相談可の物件を探そう!

横浜市南区の楽器相談可の物件
物件一覧へ

楽器相談可の物件のオススメ記事

防音室のメリットは? 日々金管楽器を練習する夫婦を取材してみた

防音室のメリットは? 日々金管楽器を練習する夫婦を取材してみた
いつでも自由に、とことん練習できる環境を探していたプロ金管楽器奏者のご夫婦。あきらめずに探し、ついに見つけた理想の物件で、さらなる夢を描く。トロンボーン奏者の永井嗣人さんと、トランペット奏者の綾子さんのご夫婦。結婚前、一緒に暮らす部屋を探していた時に一番重視したのは、「家の中で吹ける」ことだったという。

もっと読む

楽器相談可物件で抑えておきたい3つのポイント

  • Point1
    自分の楽器を事前確認
    楽器演奏可といっても楽器によっては、NGな場合があります。大家さんに自分の楽器が問題ないか聞いておきましょう。
  • Point2
    時間制限の確認をしよう
    楽器演奏可の物件でも演奏時間が決められていることがあります。後で後悔しないように大家さんに事前に聞いておきましょう。
  • Point3
    音大の近くが狙い目
    楽器演奏可の物件は、楽器演奏者の比率が高い音大近辺に多いです。よほど街にこだわりがなければ、音大近辺から探してみるのがポイントです。

楽器相談可の物件についてプロに聞いてみた

オペレーター

楽器相談可の物件を探すポイントは、演奏可能な楽器を事前に確認することです。アンプを使用するベースやエレキギター、打楽器などは重低音や振動が響きやすいため、楽器相談可の物件だとしても演奏不可と判断されてしまう場合があります。音楽大学沿線のエリアでは楽器演奏者である入居者が多い傾向があるため、楽器の演奏を認められやすいです。反対に一般の入居者が多い物件では演奏できる楽器や時間帯に細かな制限が設けられている可能性もあるため注意しましょう。
楽器相談可の物件での注意点は、楽器相談可の物件と記載されていても特別な防音構造となっていない物件もあるという点です。室内から出る音が漏れないよう防ぐには窓(サッシ)、壁、天井、床、ドアなどあらゆる場所へ防音・遮音の設計を取り入れる必要があります。このうち防音構造になっていないものがあれば、演奏する楽器によっては非常に大きな音が漏れてしまう可能性があります。隣室に迷惑をかけてしまわないためにも入居前に建物の防音性能について確認しておくと安心です。住みやすく夢に向かって頑張れるような楽器相談可の物件を探しましょう。

ページ上部へ戻る