東松島市の角部屋の賃貸【CHINTAI】|角部屋の賃貸・部屋探し情報

東松島市の角部屋の賃貸物件

日当りがいい、風通しがいい、生活音が静かなどメリットいろいろ!角部屋の賃貸物件をご紹介致します。

東松島市の角部屋物件のポイント
角部屋物件とは廊下の両端にある部屋を指し、端部屋とも呼ばれます。通常、マンションやアパートでは角部屋と中部屋がありますが、1棟に対して4戸設置されているアパートなどでは全室が角部屋となるケースがかなり多いです。 角部屋物件の良いところは、室内が明るく隣室の生活音が少ない点です。角部屋物件では窓を2面に取り入れられるため採光と通気性を確保しやすく、玄関を開けなくても空気の入れ換えが可能です。隣室からの生活音は片側からしか響かないため、静かな空間を作るのにも適しているでしょう。明るく開放的なお部屋に住みたいという方やプライバシーが気になる方におすすめの特集ページです。

希望の街の角部屋の物件を探そう!

東松島市の角部屋物件
物件一覧へ

角部屋はこんなに魅力があります!

  • Point1
    二面以上に窓があります
    窓が二面以上にあるから光を取り込みやすく、通気性に優れています。日々清々しい気分になれるでしょう。
  • Point2
    お隣からの生活音が気になりにくいです
    片方にお部屋がないため、中部屋に比べお隣の生活音が気になりにくく、またこちら側もそれほど気にしなくて済むこともメリットのひとつです。
  • Point3
    お部屋の前の人通りが最小限になります
    基本的に自分のお部屋に用のある人以外は前を通らないので、とても気楽です。

角部屋物件についてプロに聞いてみた

オペレーター

角部屋物件を探すポイントは2つあります。1つ目は建物周辺の環境や騒音についてです。角部屋は窓が多い分、通行する人や車の騒音が室内に響いてしまう場合があります。道路に面していたり、近くに公園がある場合などは室内にどれほどの騒音が聞こえるか内覧時にチェックしてみましょう。また、寒暖が激しい地域では外気温の影響を受けやすくなります。騒音や冷気の影響が気になる方は、複層ガラスが使われている角部屋物件を探してみましょう。2つ目は家賃設定です。角部屋は中部屋よりも家賃が高く設定されやすいため、他の部屋と同額ならばお得な物件である可能性が高いです。コストを抑えて角部屋に入居するならば、敷金・礼金・仲介手数料が不要の物件もおすすめです。
角部屋物件での注意点は、窓が多いことによるデメリットの有無です。例えば、家具の設置スペースを確保したい方や外からの視線などが気になる方は物件選びに工夫が必要です。設置予定の家具はあらかじめサイズを測り、問題なく設置できるか確認しましょう。外からの視線をなくすには、2階以上の部屋を選ぶと良いでしょう。予算と希望の条件に応じて、安心して暮らしていける角部屋物件を探しましょう。

ページ上部へ戻る