バナー バナー
特集記事
最終更新日:2022/06/21

二人暮らしの引越しにかかる総額・相場はどのくらい?費用を節約するコツをご紹介

二人暮らしの引越し費用を節約するには?

続いて、引越し費用節約のポイント6つをまとめてご紹介します。

 

二人暮らしの引越し費用を節約するポイント①引越し料金の安い通常月を利用する

3月と4月の繁忙月には引越し料金が高くなってしまうことを、先ほどご紹介しました。もし引越しの時期を選べるのであれば、繁忙月を避けて料金の安い通常月にすると、それだけでも数万円の節約になります。
また、梅雨時期は引越し需要が少なく、比較的料金が安く設定されている場合があります。雨が降っていると引越し作業は少し大変にはなりますが、節約の面ではおすすめの時期です。

 

二人暮らしの引越し費用を節約するポイント②曜日に注意し、時間指定もないフリー便を利用する

引越し料金は、曜日や時間帯によっても安くなります。引越しの依頼は土日や祝日に多いので、平日に指定したほうが比較的安くなるのです。
また、通常は朝からの引越しを希望する人が多いので、「午前便」の料金は割高に設定されています。そのため、午後から作業する「午後便」、または時間を指定しない「フリー便」にすると、さらに費用が抑えられる可能性があります。

 

二人暮らしの引越し費用を節約するポイント③単身パックを利用する

単身パックは、サイズの決まったコンテナボックスに荷物を積んで輸送する単身者向けのサービスですが、荷物をコンパクトにすれば二人暮らしの引越しでも利用できます。通常の引越しと比べて料金が格安なので、費用を大幅に抑えることができます。
ただし、コンテナボックスのサイズが決まっているので、 荷物が多くて入りきらなかったり、家具が大きくて積み込めない場合には追加料金がかかるので、注意しましょう。

 

二人暮らしの引越し費用を節約するポイント④引越し業者の料金を相見積もりする

引越し料金は、業者によって大きく差があります。最も高い引越し料金と、最も安い引越し料金を比べると、倍以上の差があるケースも多々あります。引越しの一括見積もりサービスなどを利用し、複数の業者の見積もりを比較検討して、予算やオプションサービスなど自分の希望に合ったところを見つけましょう。

 

二人暮らしの引越し費用を節約するポイント⑤ネットから予約する

電話ではなく、インターネットからの申し込みで割引される引越し業者もあります。ホームページの申し込みフォームから、名前や住所などの必要事項を入力することで、業者側の手間が省けるので、その分割引されるという仕組みです。

 

二人暮らしの引越し費用を節約するポイント⑥いらない家具は先に処分しておく

引越しは荷物の多さによって料金が変わるので、不要なものをあらかじめ減らしておけば、その分節約できます。それぞれが持っている冷蔵庫などの家電や家具のどちらかを新居で使用する場合は、どちらを使うのかを先に決めておき、不要なものは引越しに処分しておきましょう。

ぺやさがしアプリのダウンロード

 
次ページでは、二人暮らしをするカップルに気をつけて欲しいことについてまとめました!

1 2 3