バナー バナー
恋愛
最終更新日:2022/08/08

歳の差カップルは何歳差から?円満に付き合うポイントや魅力について徹底解説していきます


歳の差カップルの円満にいく付き合い方ポイント

歳の差カップルの円満にいく付き合い方ポイント

歳の差カップルや歳の差夫婦には、同世代カップルにはない魅力や楽しみ方がたくさんあります。しかし、年齢が離れている分、長く円満に続けるためには工夫が必要です。ここでは、歳の差カップルの交際が円満に進むための付き合い方のポイントをご紹介します。

自分の気持ちを伝える

歳の差カップルは、自分の気持ちを伝えることが特に重要になってきます。

年齢差があることに対して「恋人が歳の近い異性に奪われてしまわないか心配」「将来どうなるんだろう」などの不安を感じるカップルは少なくありません。お互いを大切に思っているからこそ歳の差に気後れや遠慮をしてしまい、かえって関係がうまくいかなくなってしまうリスクがあります。相手に変な気を遣う前に自分の気持ちを正直に伝えることで、ふたりの絆がより深まるきっかけになるでしょう。

他にも、相手に不安を感じさせないよう言葉や行動でしっかり愛情表現を行い、一緒にいて嫌だったところや気になるところは言い方を工夫しつつもすぐに伝えることが大切です。

また、恋人との歳の差があると同世代の相手と比べて許容できる範囲が広く、喧嘩に発展しづらい傾向があります。しかし、相手の優しさや気遣いは当たり前のことではありません。円満に付き合うために、交際期間が長くなっても恋人に対するお礼や謝罪を忘れないようにしましょう。

相手の価値観を受け入れる

歳の差カップルを円満に長続きさせるためには、相手の価値観を受け入れてあげることが必要不可欠です。

歳の差カップルは男女の価値観の違いに加え、世代の違いによる考え方の差が生じやすくなります。恋人の考え方や価値観に対し「理解できない」「話が合わない」と感じることも少なくないでしょう。

しかし自分とは違う価値観の中にも、新しい発見や参考になるポイントが存在することが多いです。完全に理解する必要はありませんが、相手の価値観や考え方を受け入れることで自分の成長にもつながります。

将来について話し合う

結婚を見据えて真剣に付き合っている歳の差カップルは、交際初期から将来についてしっかり話し合っておきましょう。将来の目標を立てて同じ未来を目指すことで、結婚に向かって足並みをそろえやすくなります。

結婚後の金銭面や家族計画、老後の介護など、歳の差があるからこそ起こりうる問題も少なくありません。もしもの際にどう対応すればいいのか事前にふたりで決めておくことで、実際に何か起きたときにも安心です。

また歳の差カップルには、年齢差に対する偏見や将来に対する心配から、親族や友人に交際や結婚を反対されやすいというデメリットがあります。周りからの意見に左右されることがないよう、将来のプランや対策を一緒に考えておくことが大切です。

歳の差カップルでも円満に過ごせる!

歳の差カップルの明確な定義はありませんが、男女の年齢が10歳以上離れているカップルを指すのが一般的です。歳上の彼氏は同世代と比べて人生経験が豊富で頼りがいがあることが多く、経済力にも期待できます。一方、歳下の彼氏とは「男女はこうすべき」という既成概念を忘れて気楽に交際でき、他には見せない可愛い一面を楽しめるでしょう。

しかし結婚時期やジェネレーションギャップなど、歳の差カップルならではのデメリットや悩みも多く存在します。同世代カップルよりも将来についてしっかり話し合うことや、自分の気持ちを恥ずかしがらずに相手に伝えることが重要です。

お互いの価値観を認め合い、思いやりを持って接することで、歳の差カップルでも円満に過ごせるようになります。

ぺやさがしアプリのダウンロード

1 2 3